« ストック・キット (その1) | トップページ | ジャッキー・チェン »

ララ・クロフト

laracroft

コレは客注では無い。自分のん。っつーか厳密には「まだ」自分のでは無い。連れに譲って貰ったんだけど代金未納なのだ^^;(スマン、ハルヲ)。で、そんなキットを好き勝手にいじってる(笑)。いやぁ、コレもやりだしてから長いっすわ。通例通りなかなか手をつけられましぇん。今やコイツの後続キット「トゥーム2Ver.」が有るからね。ソレでさえケッコウ前の話やし。

このキットは「タイ」のオリジナル・キットで「トゥーム1Ver.」のララ。最初は「やるなタイ人!」なんて思ってたが、長く見てるとイカン部分がかなり有る(笑)。顔は良い線いってると思うんだケド、フランケン並に「デコっぱち」なんでカットして寸詰め(笑)。次に足と胴が長過ぎる為にココも寸詰め。寸詰めだけで恐らく3センチは低くなってる。(寸詰めしても40センチのデカキット) ソレで丁度、肩幅と腕の長さが合うってどう言うこった!

モールドが甘いばかりか肉のつき方もオカシイ。なので全面を削ってパテを盛る。以降は、更に盛った削ったでヌード状態を作った後に服を着せる。顔も更に弄る。特徴は捉えて表現してあるが、だからと言って不細工で良いワケは無い。このままじゃコエーよ(笑)。特徴のいくつかをオミットしてでも美人にするのが「模型」ってもんだ。

ところでこのキットは前述したようにタイ製・・・って事は「ポリストーン」なのね。ここまでするのが大変なのよ^^;。あ、銃も作らんとイカンな。コレはまぁそんなに難しい話じゃ無い。っつーか、上に書いた作業も難しくは無い。面倒臭いだけなのだ(笑)。

顔が上手くリファイン出来たら複製して「スカイ・キャプテン」の「フランキー・クック」にするのも良いな。その場合、既に「原型」の領域になっちまうんだけどね。それでもやる時間が有れば可能だが、実はソコが問題。時間を捻出するのが「難しい」のねん^^;。

しっかし、早いとこ塗ってみたいなぁ・・・。完成イメージに近い状態で仕上がれば、けっこう良さそう。デカいんで目立つと思う。・・・まぁ先の見えない話ですわ(笑)。

|

« ストック・キット (その1) | トップページ | ジャッキー・チェン »