« レナ隊員 | トップページ | ガメラとギャオス »

ロコモコ

やっと拳銃ができた^^;。思いの他・・・どころではなく、こんなに難しいモノだとは思っていなかったス。掛かり出す前は「ナンボなんでも3日あれば・・・」と思っていたのが、蓋を空けるとその5倍の日数が掛かってる^^;。小さいと言っても1/4.5サイズ、1/6を作ることを思えば全然手が入るハズなんだけどね。正直ココまで細かい造作はやった事がない。「一つをクリアする毎に次の壁の攻略法を考える」といった具合だ。引出し全開で考えても思いつかない時は寝るしかない。自分の場合ウンウンうなされている時に 「!」 となる事もシバシバなので。で、今回は2回くらいコレに助けられた。・・・とは言え、今の腕の無さをカバーする程度。こーゆーモンはやはり慣れが必要と実感する。精度に手が追っつくまでは、まぁ暫く時間が掛かりそうですわ(笑)。

あ、そうそう書いて無かったけど自分が今やってる原型は1/4.5サイズです。唐詩郎さんとこ程ではないけど、デカい部類やと思う。判りやすく言うと組み立て時の大きさが36センチくらい(無難に直立っス^^;)。値段はリーズナブル・・・と思うよ^^;。

キャラクターの名前は「SELEN」って言います。その「SELEN」が持っている銃、「CME M5」ってのを延々と作ってた。キャラクター、銃それぞれに設定が有るけど詳細はもちっと待っといて。WFのガイドが販売される頃から当日にかけてのサイト更新(もしくはこのブログ上)で、画像と共に紹介していく予定。

loco-moco

今日の画像は久々のお料理。ハワイの食いモンで「ロコモコ」・・・のつもり^^;。実際にハワイに言った事が無いので本場の味はわからない。近所の「UK CAFE」ってトコで食った事があるくらいだが、メシの上にハンバーグと目玉焼きが乗ってるだけって事だからコンナンかと。言えばタダのハンバーグプレートやんね?(笑) ビックリドンキーで「目玉焼きハンバーグプレート」って有るやん?それを全部いっしょくたに食うのが「ロコモコ」だと自分は認識している。

本場では「グレービーソース」ってのをどっぷりかけるらしいが、そんなハイカラなもんは近所のスーパーには無い。なので、自分で作る。・・・しかしグレービーソースってなんだ?状態なので「勝手にオリジナルソース」ね(笑)。食い終わった後に「あ、そうそう」って事で調べると、どのみち家の材料では作れなかった事が判明。

焼いた肉汁(ハンバーグ汁でも良いみたい)を水で希釈し、ホワイトワイン、バター、塩胡椒で味を整える。最後に片栗粉か小麦粉でとろみをつけたのがそうらしい。マーガリンはあるけどバターは無いし、日本酒はあってもワインは無い。で、最も無いのが、グレービーソースとやらを作る為に材料を購入する気持ち。つまり「やる気」が無いって事だ(笑)。

自分が作ったソースは次の通り。ハンバーグ汁は使う、次にホールトマト、ホワイトソース、塩胡椒を順次ブチ込む。(こない書いてるケド、毎回ちゃんと味見してるからね)。最後にハンバーグについてたハンバーグソースを適量入れたら完成。コレは程々にしとく。入れ過ぎるとホワイトソースとトマトの風味を消しちゃいそうだったんで。なぜ家にホワイトソースとかホールトマトが有るかってーと、たまにスパゲッティも作るから。

で、お味は「めっちゃ旨い!」・・・ワケで無し^^;。まぁ普通だ(笑)。味は想像つくよね?特別にかくし味をしているワケでも無いし、メシ、ハンバーグ、目玉焼きにソレっぽいソースをかけてるだけなんやから(笑)。正直書くほどのモンでもないな・・・と思いつつも「自炊生活」の人にはお手軽なので紹介してみた。安くあがるしねぇ。一食あたり¥300も掛からんのちゃうかな。え?ソレってかけ過ぎ?

|

« レナ隊員 | トップページ | ガメラとギャオス »