« サムライ・エッジ 改 | トップページ | 原型その1(2005WF冬) »

南部14式

nanbu-forbidden

「長い、ながいよ・・・」とミッチーに言われ、ウッチーも同意してたそうなので今日から短かめに行きます(自分でもそうじゃないかと・・・^^;。) 画像は「フォビドゥン・ゾーン」から販売されてる「南部14式自動拳銃」、1/6のミニチュアガンだ。(詳細はフォビドゥンさんのHPで確認してくらっさい。)

原型の拳銃作りの参考に・・・って事で司さんに教えて頂いた。サイズは原型用に作っているものよりちっこいが、クォリティはご覧の通り凄まじい^^;。こんなん無理っすー!ってのは「言わずもがな」だけど、今後の目標にするにはもってこい。外見だけでもこのレベルの造作が出きれば「鬼金」です。

ピューター製で、なんとスライド内部にスプリングが仕込んである!なのでハンマーをコッキングできる仕組み(さすがにガッチャンとは行かないが)。マガジンも外せるし、弾までモールドしているという拘りぶりで、特徴の有るトリガーガードの再現やバレルの微妙な傾斜なども秀逸。(トリガーのピンのモールドまでついとるがな!)うーん、正に匠の技っス。現行ラインナップはかなり減ってるみたいで、昔はベレッタやグロックなんてのもあったそうだ。

話は変わって、明日くらいから原型がらみの画像をチマチマ載せて行こうかと。考えたらWF前ってやる事多いんで更新できへんかもしれんしね。って事でまた明日!

|

« サムライ・エッジ 改 | トップページ | 原型その1(2005WF冬) »