« 「完成品の依頼」について | トップページ | The Bride of Frankenstein »

ローレライ

lorelei

久しぶりに劇場に足を運んでみた。「行こう!と思って20分後には席に着いてる」・・・というド近所に「布施ラインシネマ」と言う映画館が有る(一応シネコン^^;)。そんなに近いのに全然行ってなかったのねん(笑)。

この劇場は「ガメラ3」以来なのでなんと6年ブリ!奇しくも当時感じた「日本でもこんな特撮ができるんや!」と思ったガメ3の特技監督が作った映画だってのも感慨深い。

今回もその海戦シーンに圧倒され、今後の日本映画特撮の先行きを明るく感じる事ができた。舞台は史実に基づいててもストーリーはフィクション。「リアル感」と言う点での「ズレ感」があるような気はするものの、単純に面白かったので自分的にはマル。リアルな戦争映画を好む向きには楽しめないだろうけど、突っ込みはじめたら映画なんて見れないからねぇ(笑)。

で、なんしか艦長役の役所広司が良かった!それとピエール瀧がケッコウ光ってましたよ(笑)。妻夫木君はまぁあんな感じか?パウラ役の香椎由宇ちゃんはエキゾチックな顔立ちがグッド、綾波状態の包帯姿がジュルルです。その他のキャストもナイスで、東宝さんの伝統なんだろうか?見れば判るけど豪華ですなぁ。

画像はセブンイレブンのドリンクオマケ。造形は海洋堂さんです。しっかし良くコレだけのオマケを用意するなぁと感心するクォリティー、しかもデカイ。伊507の長さで11センチだもんねぇ・・・。

|

« 「完成品の依頼」について | トップページ | The Bride of Frankenstein »