« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

ワールドホビーフェスティバル

神戸と有明に参加しまーす。5月の1日と5日。卓番は以下の通り。

WHF神戸・・・二03
WHF有明・・・イ08

ディーラー名・・・「アクセル」 (怪物屋じゃないのでお間違いなく)

セレンの再版で~す。ほんで当日、夏のニューアイテムの告知有り。広告を作って頂いたんでバラ巻きます。キットを購入してくれた人はその中に入ってるんで持って行かんといてね(笑)。では、宜しくお願いしま~す!

|

仮面ライダー

rider-billiken

本館の方、完成品を久しぶりにアップしときました~。また見たってください。

|

MODELOID

modeloid

「MODELOID」創刊号に「セレン」を載せてもらいましたヨー、大写しで2ページも! いやぁ嬉しいもんっすネ、こうやって取り上げて頂けると。ごっつ綺麗に撮影して貰ってるんでモチベーションも上がりますー。この勢いで次回作に・・・と行きたいところだけど、そうも行かない^^;。マズは完成品を進めないと原型には取りかかれませんな。なんか凄く焦るっス^^;。

ところでその「セレン」の再版だけど、神戸と有明(5月1日・5日)のWHFに参加申し込みしてます。調子に乗ってそれなりな数を抜いてるんで宜しくネ。しっかし単身で東京に乗り込むのはケッコウ冒険だなぁ・・・。ま、それも今後のデータ収集って事で意味が有ると思っとります(惨敗でもね^^;)。

因みにキット販売の方は今回から怪物屋を離れて「アクセル」と言うディーラーでやって行きます。なので、モデロイドに記載して頂いているのも「アクセル」ですよ。コレは自分がこの仕事をやり始める前からの屋号なんでそのまま使っちゃいました。新しく考えるのも面倒臭いし、周囲の極一部ではあるけど自分にとって重要な人達の間では浸透しているので。

これは、お客さんの混乱を防ぐ為にそうした。例えば不良パーツのクレームがあったとして、怪物屋に連絡があっても対応するのは自分になる。ワンクッションおいてしまうとレスポンスが悪くなるからねぇ。その他、怪物屋では即座に返答できない問い合わせもあるだろうし。ともあれ、判りやすく直通にしとこう・・・って思ったんでそうしました。あー、ただ完成品の方は今までと同じですー。

|

クリアー(アクリル塗料)

gloss

今日は久しぶりに塗料の話でも。材料の買出しには日本橋に行くんだケド、行くところは大概決まっている。小物のアクセサリーパーツとかは松屋町筋の「東宝商事」、電飾関係は「デジット」。その他のパーツやケミカル品は「ボークス」「スーパーキッズランド」。その4つと「怪物屋」「ギルギル」を経由すれば入手出来ないモノは無いって感じ。

このルート以外からは殆ど逸脱しないし、移動時間を込みでも二時間有れば充分。しかし、各店舗でウダウダしてしまうのでそんなに素早く帰る事はマズ無い^^;。

画像はおととい購入したグロス・バー二ッシュとクリア・グロス。品名は違うが双方とも成分はアクリルで用途は同じ。例えば目などの最終の光沢入れにチョンと使う類の塗料だ。その他にもピンポイントで光沢が欲しい部分には重宝する。

ところでコレ、二つとも海外製。両方とも使った事があるのでその性能の良さは判っているが、さてどっちが上か?となると同時期に比べない事にはねぇ・・・。なので購入したんだけど、実はこれだけあったら自分でも一生持ちそうな量(笑)。テストするのが面倒くさいので実践で試して行く事になるが、どっちを使っても国内のモノよりは断然良いのでオススメですよー。

・「Vallejo」のMODEL COLOR<グロス・バーニッシュ>・・・スーパーキッズランド
・「BADGER」のMODEL FLEX<クリア・グロス>・・・怪物屋

因みにモデルフレックスの方は怪物屋にこないだ入荷したばっかなんだけど、既にほぼ完売みたいです。また6月に入荷するみたいなんで電話で聞いてみてちょ。モデルカラーの方は日本橋に行けばあります。

値段は塗料としては結構しますヨ。モデルカラー(Vallejo)で¥300ちょい、モデルフレックス(BADGER)で¥500くらい。コレは量の差で、質の差では無いと思います。

|

成田 亨

naritamanseven怪物屋に面白いキットが入ってた。見た事の無い、存在すら 「うそ~ん!」 的なモノ(笑)なので紹介しておく。因みにコレは既に売れていて完成品としてお客さんに渡す事になってるみたい。

「成田亨」と言えば巨匠、この業界では崇拝している人も少なからずいるだろう。そんな氏の手による造形物がこのマンとセブンだ。「思うがまま造形するとこうなる」というアプローチで、その作風はデザイン画のテイストがふんだんに盛りこまれている。

インストを読めば、ご本人は彫刻家と言う認識。で、その彫刻家が創作したモノなので「芸術品」という事になる(らしい)。言われれば確かに模型の「売る為のモノ」と言う根幹部分を排除した作例である。マンや特にセブンのデザインに至ってはプロモーターとの意見相違に氏が譲歩した形での実現となったようで、本意では無かったのだろう。

そんな思いから作られたモノではあるが、如何せん売れなかったようだ^^;。ウルトラマンのコアなファンと自称する向きならば「メモリアル&原点」として必携アイテムだったのかもしれないね。今思えば・・・だけど(笑)。インストには氏の思いが込められていて、読み物として面白いので別ページに用意した。興味のある人は見てみよう→ココ

「成田亨」と言う人は、かなり芸術を意識した人のようだ。玩具メーカーの言いなり的デザインが殆どの昨今、この頃よりその影響が出ていた事が見うけられる。返して、この頃の特撮スタッフには芸術家肌の人が多いのも事実。その双方の折り合いがつかず、トラブルが起こる事もまま有っただろうと想像する。まぁ作り手としてはやり難かったろうねぇ。

ところで自分としてはこの辺の感覚はまったく無い。まず「芸術」とか「アート」、「クリエイティブ」・・・といった類の言葉に違和感を憶える。作っているモノはあくまでも「商品」だし、人が欲しいと思うモノを出していく事に必死になる。その範囲内でちょこっと自分のやりたい事をおり込んで行くにすぎない。第一「芸術」ってモノが全く判らないし^^;。・・・なのでやり易い。

「独自性」は生き残る為に必要だと思う程度で、ソレを前面に押し出してアピールする事でプラスになるならさせて頂きますって感じ。

人が感動するのは凄くチープな部分だと思う。自分もそうだからね。作られた話に感動して、有りもしない造形物を見て影響される。「孤高の芸術」でせまられても理解できないし、魅力も感じない。ウルトラマン、あのデザインを考え出した成田亨という人は素晴らしいと思う。でもオリジンのものでは無く、あくまでもブラウン管の中で活躍した方。だから、GK買うならビリケンか海洋堂(笑)。

ただ、こう言うとんがった人は絶対必要だと思う。でないと、ステップアップしていかない。強烈な個性と作風で周囲を意せずして引っ張って行くんだよねぇ。

誉めてるんだかこき下ろしてるんだか判らない文章になってしまいました^^;。単純に言えば「凄い人」って事になる(理解できる出来ないに関わらずにね)。自分には到底望み得ない領域に居る人だって事は確かです。

|

ビリケン・ライダー

billliken-rider

一見たいした事がないように見えてエラク時間が懸ってます^^;。LEDは輝度も高いし、メンテフリーなので非常に組みこみやすい。しかし光が直進的なのが難点。・・・なので今回の作例には使用できず豆球をチョイス。

豆は全向性なので「ぼや~っ」と光るのがエエ感じなんだけど、球が切れる。誰でも交換できるような細工しないとイカンのが結構厄介。

また、Cアイを一体型にしてエポキシレジンで作り直している為にインナーユニットも一部しか使用できない。既存のインナーユニットと組み合わせて使用するんだけど、その場合は位置決めにてこずります。

・全方向に放たれる光を隠蔽する。
・ピンホール的な塗り残しも許されない。
・メット脱着時の剥離を防止。
・輝度を低下させない。
・無発光状態でもCアイの発色が良い。

などなど考えるべき部分が多く、その為にテストを繰り返した結果にやっとたどりつきました~。もう同じ仕様のはやらないつもり。今回でやり方が判ったんだけど手数が多すぎるので^^;。以降、同品の依頼は来ていないし受注も止めているので問題は無いかと(笑)。

さーて、ココからは塗装です。簡単に出来るわけではないけど、どう言う仕上がりになるのか?というビジョンが見えているので気は楽。ベースもほぼ出来ているので今月中にはなんとかなるんじゃないかな?出来たら久しぶりの本館HP更新って事で^^;。

|

バイオハザード

bio0gc

はーい、ゲームキューブの「バイオ」に「0」、これでやっておきたい分が揃いました!しかしやり狂うつもりはありません。・・・と言うか出来ない。ご承知のとおり自分はハードを持ってませんので^^;。

それにサイレントヒル4とサイレン、ICOにデビルメイクライも未プレイなのでそっちが先です。・・・と言うか仕事が先だね(笑)。何気なしにオークションをサーチしてたら新品が安く出てたんで買っておいただけなのねん。この二本は新品なんだけど合わせて¥3,500ってのが嬉しいよなぁ。

ところでサイレントヒル3、終りました。コレって1の続編なんだよねぇ。しっかし遥か昔にやったゲームなんで覚えて無いって^^;。で、久しぶりに1を引っ張り出してきたんだけど・・・もうPSクオリティではシンドイっすー(笑)。

バイオみたくコレもリメイクしてくれ!って感じ。ゲーム自体の面白さは文句無しなので、今のビジュアルでやり直すだけで「超優良作品」間違い無しやと思うんだけど。

|

McFARLANE's DRAGONS

mc-dragons1

相変わらずワンテンポ遅いですが^^;マクファーレン・ドラゴンズより「Berserker Clan Dragon vs Human Attacker」。ブリスターでなく箱入りのヤツです。

「現物を見ないとよー買わんわぁ・・・」なんて思ってたんですが、モノを見たら一発でやられました^^;。めっちゃエエですよコレ!キャラクターで無いのが残念ではあるけれど、それを差っ引いても買いです。

どれがオススメって感じで無く、言えば全部良いっス。PVCの完成品じゃなくってGKで欲しいよなぁ。

|

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »