« AFM #33 | トップページ | AFM#16 »

<AFM>俺的特選号!

afm26-31-a

クリーチャーを塗りたいヤツに特にオススメなのがこの「#26」と「#31」。26号はクリーチャー・ファンにど真ん中、カルノサウルスが表紙の31号は<恐竜特集>だけど、そのペイント技はめっちゃ使える。とにかく「何を置いても買っとけ!」って2冊だ。

エイプレ特集号(#29)やフューチャー特集号(#18)は確かに良く売れるし、自分も買ってはいるけど殆ど見ない^^;。っつーか、見るべきところがあんまり無いと思うが・・・。

エイプレやフューチャーのキットを塗るのに、まんま作例が載ってる号を見るのは如何なものか?と思いますヨ。ソレを参考にするよりは恐竜や爬虫類っぽいペイントを見た方が得るものは大きいかと。

afm26-31-b

そんな意味で31号<恐竜特集>は特に見るところが多い。正直言うと私的に恐竜には興味が無い(恐竜ファンの人ごめんなさい^^;)。更には爬虫類や両生類、魚、動物・・・なども同様。とにかく生体には興味ゼロなのねん。そんな自分がめっちゃ見るってんだから持ってて損は無いと思う(笑)。

因みにこの際言っちゃうが、クリーチャー自体も「好きか?」と聞かれると「別に・・・」だ(エイリアンも同じく)。でも、それらの塗装はめっちゃ面白い。人肌とは違った難しさと面白さがある。なので「クリーチャーを塗る」のは好き。「塗る」と言う事を前提にすれば、逆にみんな好きになってしまうかな?

|

« AFM #33 | トップページ | AFM#16 »