« 本<その2> | トップページ | 本<その4> »

本<その3>

book-verotik1

削り粉で油分がもって行かれ、顔がバシバシで痛いやん!・・・な今日この頃です。この後に及んで原型の進み具合が今一つ、シワってムツカし~!

では本題。アメコミと言えば「DC」とか「マーベル」を連想するけど今回のご紹介は「ベロティック」。前者に比べて日本人には馴染むんではないでしょうか?バタ臭いのには変わりないケドね(笑)。この2冊をとって見ればかなりファンタジー色が強い。他がどーなのか知りたいところ。

book-verotik2

サイモン・ビズレ-のイラストは独特の彩色を伴う筋肉描写が凄い。ファンも多く、GKもけっこうリリースされているので怪物屋的にはちっとは見とった方がよかろうって感じ。ところでこのイラスト集、まるまる「洋物デビルマン」^^;。どっちがパクってるのかは判らないケド、そんな感じで見てると楽しめます。(デシメーターとサタニカが確か在庫として店にあったはず、好きな人&探している人はお早めに。)

book-verotik3

もう1冊は「BIZO」って人、良く知らないが雰囲気あって良い感じ。カラーじゃないのが残念だけど妙に感じる部分があって好きカモ。立体化したい!とは思わないが、オリジナルをやる時に参考になりそうなんで購入。

自分は現在、司さんのイラストが好きで立体化してるがいずれオリジナルもやってみたいと思ってる。その場合、絵からやらないとイケナイんでそろそろそっちのカンも戻しとかないとなぁ・・・なんてボンヤリ思ってたり。そんなこんなで「コレは!」と思った画集なんかもストックしてってます。やるやらんは別にしても、なにかしら感じる部分があるんでイラストを見るのは好き。

|

« 本<その2> | トップページ | 本<その4> »