« 司弾 ロゴプレート | トップページ | うむむ・・・。 »

デビルマンPFC

devilman-pack1

阪神優勝しちゃったねぇ~♪ファンの皆様おめでとうございまする!さーて今度は日本一になれるかな?因みに怪物屋&アトラゴンGKのご両人は「Gファン」今年は不信なんでかなり盛り下がってるかと(笑)。しかも伝統の一戦で決められちゃってるもんなぁ・・・。

では本題「デビルマン」、海洋堂さんから発売になりました~♪ 前回の北斗同様、ケッコウなレベルで仕上げてくれてます。製品でここまでやってくるのはサスガと言わざるを得ない。恐るべし中国・・・なんだけど、結局はソレを管理している会社の努力なんだよねぇ。

ところで最初、ディプリケーション(複製ね)を見せて貰った時はマジでビビリましたヨ。コレを自分が塗って良いのか?って感じで。「香川雅彦って天才だな・・・」と言うのが第一印象。コレにどんな彩色を施したら原型の持つクォリティを引き出せるのか?って部分で「悩んだ」なんてもんじゃないくらいに悩んだねぇ^^;。

実は最初に香川さんからの「コレを塗装する方へ」と言う手紙をキットと同時に渡されました。手紙にはこのキットに対する思いが込められてて文章の端々からその思いを感じる事が出来た。なのでそのプレッシャーたるや今まで経験した事の無いもんだったス。

配色についての大筋は「お任せします」なんだけど、あるていど考え方のベクトルを合わせないとそぐわないモノになってしまうと感じた。なので熟読、何度も読み返してそこに自分なりのイメージを重ねて行くのが最初の作業。大体のイメージが出来たところで塗り出すんだけど実作業は別。思った通りに塗れるなんてまだまだ先の話だなァ・・・と^^;。とにかく色を重ねる事で当初のイメージに近づけていく。

「生の崖」なんて組み順を間違えれば組みあがらない位にパズル状態。組んでしまうと塗れない部分があるので塗ってはめて、はずして塗っての繰り返し。組めないモノなんて無いし欠損したところで問題無いんだけど・・・サスガに時間かかりました(笑)。

自分なりに精一杯塗ってみたのが本品。香川さんの造形クオリティーをどこまで引き出せたのかは判らないケド、造形のみを取ってみれば絶対良い。見かけたら買って眺めてみてくださ~い!

※「PAINT MASTER」コンテンツを更新。

|

« 司弾 ロゴプレート | トップページ | うむむ・・・。 »