« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

もう明後日か

・・・と思ってたら今日は金曜日、両替しとかなアカンやん!って事で銀行へGO。そして残高を見てビックリ、なんか少なくなってる~!って月末やねんから当然やん^^;。その事が頭に無かったアホな俺。

ところで現在セレンの新色を塗装中、前に使ってたヤツがアメリカに行ってるんで展示用が無いんだよねぇ。コレは明日にでも仕上がる予定。ホンマはあざみの新色も用意したかったけど無理だわ。出来れば12月の有明にも行きたいんでそん時までにって事で。最悪でもWF冬には飾ります。

そのWF、出展料の払込票が届いたので参加は確定。だけど、いよいよ原型に取りかからないとヤバそうな気配満開^^;。今回はケッコウなボリュームになりそうなんで怖いわぁ・・・。一番怖いのは型代だけど(笑)。

|

村田蓮爾「UJ14」

vice-uj14

集金できたと思ったらイキナリ買ってます^^;。作りもしないのに何故買う?・・・まぁエエやん(笑)。画像のキットは前回WFで先行販売されてたみたいなんだけど、ずっと己のブースに居たので見にも行けなかった。すっかり忘れてたのに新刊のホビージャパンを見て思い出す・・・思い出したらめっちゃ欲しくなった^^;。

バイスのページで確認すると「残数僅か」。本当は組み上げたモノを見て決めるべきところなんだけど迷ってるうちに後悔しそうな気配。なんで行っとけ!ってな感じ。画像を見ての決め手は「村田さん的なメカ部分」と「内腿の筋が造形されていたところ」(なんぢゃソリャ。笑)

その他は塗りでオリジナル絵にもっと寄せれそうな気がしたし、なんなら手を加えても良い・・・っつーかそんな手間な事はしないし寝かすのがオチだけど^^;。

ao6-kino

村田さんの絵は司さんと並んで好きだが、如何せん造形物にした時の敷居が高そうだ。いままでコレは!って思った造形物は一点だけ。コトブキヤ 稲垣洋 氏制作の「紀之真弓」がソレ(画像を載せておく)。その外、ヘビーゲイジの作例で絶品なのが有るけどキット化されていないのでどうしようもない。

恐らくはあの特徴の無いように見えて特徴的な顔の作画が難関なのだろうと思う。「いずれ俺も・・・」とは思わないんで、次回に良いのが出てくるのを期待しよう(笑)。

|

財布には60円。

先月末から今月中旬にかけて、予定がずれ込むは当てがハズレるわその他モロモロでかなりヤバイ状態に陥ってた。ま、予定がズレ込んだのは自分の所為なんで仕方ないとしても、続けざまに他の要素が付加されるとモロに影響を受けてしまう。

コレがフリーの怖さ&自転車操業の厳しさだんねぇ^^;。結果どうなったかと言うと所持金が¥100を切ってる有様、100円ショップに行っても何も買えない人間がココに居る(笑)。2日後には払いこまなければ止められる携帯電話の支払い納期を控え(つまりは一ヶ月は延滞してるって事^^;)、寸でのところで救助されました~♪良かったよぉ~。

そうなる事は一週間前に予想がついてたので急遽 予定を変更、即金仕事を確実に納品いたしました。「やれば出きるぢゃン!」とか思いつつも、そんなだからウダツが上がらねーんだ俺は・・・なんて激反省^^;。

ともあれこれでなんとか今月末の支払い分は確保(家賃除く)出来、材料も買えて一安心。まぁ家賃は来月なったら考えよう(大家さんゴメン!)。今年の目標は「キャッシングローンには手を出さない事」なので最悪の事態は免れたワケ。去年なら確実にATMに走ってた・・・そう考えると多少は進歩しているような気もするなぁ。

で、入金と同時に材料を買いにハンズへGO!久しぶりのハンズは良いねぇ。高いのが難点だけど、アレだけの道具や材料を目の前にすると士気も上がるってもんだ。別嬪さんもうろついてるんで目の保養に良し。購入ブツはWHF神戸の展示用備品、気合い入って来ました!

|

絶版GK復刻企画

satuki-cobura

ギルギルでおもろい事やってるんでご紹介。「絶版になったGKを再販してくれ~」と頼む企画なんだけど、今回コブラ会さんの「皐月」がラインナップされた。実際の生産に入るか否かは欲しい人の数によって決定される。

知らない人も要ると思うのでちょっと説明を挟もう。GKが絶版になるっていうのは型が壊れるからなんだけど、その後に「買えなかったから再販を!」ってもこれはキビシイ。型を作るにはケッコウなお金が懸るのネン。10個に満たない生産量の為に型を起こすってのは最初から赤字が確定しているみたいなモノなので余程の酔狂で無い限りは出来ません。要は買うって人の数がまとまれば再版の可能性は出てくるワケで、なら集めてみましょう!ってのがこの企画。

gmkking-shinzen

前回アイテムは「SHINZEN造形研究所」のGMK版キングギドラ。コレは「再販されれば絶対に買う!」って人が予定数を上回った為に再版された模様。あと数体は残っているみたいなので買い逃してた人は買っておいた方が良いだろう。・・・っつーのもこの機会を逃せばオークションに出るのを待つしかないからね。

さてコブラ会さんの皐月、現在はまだ予定数に達していない。買い逃した人はこの機会にどうだろう?かなりロープライスでの価格になってます。興味がでたらギルギルのサイトへGO!(本館「LINK」ページから飛べます)

|

WHF神戸 #22

通知が来ました~卓番は「ヒ13・14」で~す。「あざみ」「セレン」の再版と「あざみポスター」を同時に販売します。ポスターはキットの「彩色用資料」としてもってこいなので、司さんに頼みこんで用意して頂きましたヨ。かっちょ良いしねぇ。

そう言う意図での販売なので、できるだけキット購入者に同時に購入して頂きたい・・・んだけどポスター単体でも販売します(どやネン!笑) 数量に限りがあるのでお早めに!

ポスターはA2サイズで2種セット、キットのパッケージに使用している立ち姿バージョンと紋々バージョン、価格は司さんがコミックイベントで売っている価格と同じく¥1,000です。

|

機動世界

hk-modelbook

香港の模型誌を貰いました。内容を見ると彩色レベルがイマイチながら造形レベルはかなり高そう・・・ってもガンダム物ばっかだけど^^。海賊臭がすれど作例の中には「オッ!」てのも有る。スゴイ・・・んじゃないかな?全く範疇外の分野なので正直わからないんだけどネ(笑)。まぁソレは国内のガンダム寄りな雑誌を見てても同様。

ガンダムはHKでも人気有るんだなぁと実感、韓国でも人気あるって話だし国内では言わずもがなだ。日本発のモノが受けると言うのは単純に嬉しくもあるが、反面 街角の模型店ではガンダムを置かないとキビシイって現状や模型誌が毎月割いてるページ数を見る度に萎えるのも事実。ソレを考えるとSMHなんて雑誌は面白かったなぁと。HJ別冊の怪獣大進撃なんかは自分らの必携誌だったしねぇ。

希望としてはAFMやKIT‐BUILDERSの日本版みたいなの。その系で言えばタイのHOBBY‐MODELもケッコウ面白い号が有る。ただ掲載キットの素性を考えると日本で同様の本を作るのは不可能かな^^;。

話は戻って「機動世界」、前回のWFの紹介ページに「あざみ」をちょこっと載せてくれてます。あと、ドコゾのお店の広告ページにも。広告に掲載しているって事は売るって事だと思うんだけどソレってオリジナル?それとも・・・(笑)。

|

うむむ・・・。

やべぇ全然更新してないぢゃん・・・と言う前に全く管理して(見て)なかったっす^^;。相変わらず塗装ばっかやってますよ~、原型はほったらかしです。後になってまた詰まってきそうな予感がプンプンします。

深夜に「24/3シーズン」やってるじゃない?面白いんで毎晩みてるんだけど、合わせて取り溜めしてもらってた1シーズンを平行で見てる。今ごろだけど^^;。同時期に見ると話が進むにつれてワケわかんなくなってくるわぁコレ・・・けどヤメラレナイ(笑)。

弊害は他にもある。ネタバレしてしまうんだなぁ。「二ーナはヒール」って目で見るもんだから恐らく本来の面白さが半減しているハズ。他にもイロイロあるけどソレを引いても面白いね。「そらおかしいやろ!」って部分が有るには有る。けど、アレだけ複雑な要素を凝縮してるんだからしゃーないわな(笑)。

|

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »