« 同じアイテムばっか・・・ | トップページ | 忘年会 »

デビルマンPFC<第二期>

devilman-top2

海洋堂から「デビルマン・コレクション」の第二期が発売されましたよん。これで全四種が揃いましたな。デビルマンは「デビルマンとシレーヌだけで良い!」と言う潔いラインナップなワケだけど、それには自分も同感です(笑)。

全ラインナップを通してデビルマンは4体、シレーヌを2体塗った計算になる。シレーヌは同じ色調でやったけどデビルマンは違うんですヨ~。原作やイラストでは赤い色のデビルマンも描かれているんだけど、サスガにソレは冒険に過ぎるので止めといた^^;。グリーン、アルビノ風、褐色、人肌の4パターンで塗ったつもりなんで全種揃えたツワモノは見比べて頂きたい。

「生の崖」と「死の間」はシレーヌとの戦闘シーン、ほっといてもシレーヌが映えるのは塗る前から判ってた。問題は対峙するデビルマンの色。想定した4色のうちアルビノと人肌ではシレーヌとバッティングしてしまう為に却下。背景との配色や造形の雰囲気を考えて「生の崖」をグリーン、「死の間」を褐色とした。

「真実の目」はアキラの肉体を追いやって這い出すアモン的イメージ、またそのような指示もあった為アルビノ風で塗装。「人か獣か」は正に人間なのかデビルマンなのか?って事なので人肌。上空を仰ぐデビルマンの顔は人間では無いが、相貌は人のソレだしね。・・・なんだけど、単純に全部人肌で塗ってしまうとイメージを損なうので、デビルマン的要素であるデビルウィング周辺から下半身にかけてややグリーンを入れている。

この辺のイメージの把握は香川さんよりの指示書にも書かれていたので意図が理解できた。・・・と言うか、造形ブツ自体がソレを物語っているので指示書に目を通すのは確認って感じで。

塗り出すまでのイメージ固めだけでなく作業に入っても大変な仕事だったけど凄く面白かった。今ならこう塗ったなぁ・・・ってのは有るけどソレ言い出すと仕事にならないからねぇ^^;。

ペイントマスターだけどHPの「Paint master」のコンテンツに追加しといたんでまた見たってください。海洋堂のHPでも見れますし。

|

« 同じアイテムばっか・・・ | トップページ | 忘年会 »