« コミック・トレジャー7 | トップページ | ケツが痛い・・・。 »

草薙素子

sega-motoko1

今更だけどやっと入手。プライズなのでいつでも入手出来るだろうと思ってたんだけど、いざ買おうと思うとなかなか無かったり。こーゆーのがドコに売ってるのかあんまり知らなくて、知人に案内を頼んで引っ張りまわしてしまいました、その節はありがとうでした!・・・しかし見つからず^^;。

日本橋のめぼしいところは回ったんだけど一店で見かけたのみ、しかも高い。なのでオークションに切り替えたんだけど、ソレでもいまだ値段が通ってるねぇ。特に「光学迷彩Ver.」。これは市場でも¥1,000くらい違ってたな。希少なのか?ノーマル彩色の方が良いと思うんだけども。

原型はゲイジの戸部さん、やっぱ上手いス。だから欲しかったんだけど、プライズでこのレベルって最近は凄いなぁ。・・・と言うか、GKとかでもこのレベルの素子って無いんじゃないかな?

ところで自分は2個買いました。一個はそのまま見る用、一個はバラしてる。パーツ毎に見ればどんなかな?って事で解体したんだけどコレがむっちゃ大変、ベースのタチコマ割れました~^^;。で、その甲斐があったか?と言うと微妙。パーツ毎に見るって事は「流れ」を無視して見るって事だから、ソレだけを参考にするのはヤバイ。だからそのままの状態のも要る。

解体して判ったところも有る、各パーツのボリューム付けだ。一見スリムに見えるんだけど、パーツ毎にみればちゃんとボリュームが備わってる。特に髪の毛と顔のバランスは「なるほど!」って感じで、如何に自分が「流れ」より「個パーツの作りこみ」に気が行ってるか判ったス。「分割は最後の最後」、コレが再認識できました。

・・・だからと言ってこのレベルのモノが作れるか?ってーとソレは別の話なんだよねぇ(笑)。かなり果てしない道のりかと。

|

« コミック・トレジャー7 | トップページ | ケツが痛い・・・。 »