« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

不死のゾッド

えー久しぶりですが本館にゾッドの画像をアップしときました。ヘッドさんのHPで既出なので新鮮味に欠けると思うし、アッチで見るほうが良い感じなんだけども一応(笑)。

因みにヘッドさんは年2回のWFと有明・神戸・名古屋のWHFを巡回してるので、GETするチャンスは結構ありますよ。気に入った人は買ってあげてくださ~い。

で、多分作例のも持って回ってくれると思うので実物を見たってください。

|

モンテクリスト伯爵

monte-christ

ヘビーゲイジさんの「モンテクリスト伯爵」を仮組みしてみた。当日に実物を見て一目ボレ、凄い存在感れす!買って良かったと思える逸品。塗ってみたい衝動に駆られるが、そんなバヤイでは無いので眺めておくだけにしときますが・・・。 う~んいいなぁ、「これが造形ってもんだ」って言われてるみたいでヘコんだりもするけど^^;。

そのほか最近になってここぞとばかりに集めちゃったキットがあります。えれえ奮発しちゃったんだけど、「やっちゃった~!」って感覚がない。今度まとめてアップしときますね~(え、イランって?)

|

イベントレポート

久々にイベントレポートのページを作ってみました。言うてあんまボリュウム無いんだけど。右のコンテンツから専用ページに飛べますのでまた見たってください。

WF冬が終ってそろそろ一週間が経とうかって感じなんだけど、なんか集中して仕事がこなせない。まぁそんなモンなんだろう。

ところで連れやお客さんにも聞かれたんだけどネン押しでもう一回^^;。「シウ」は間に合わなかったので今回は影も形も無い状態です。今回の新作は「丑蜜」で胸像のヤツね。

で、その「シウ」ってのは何時できるのか?・・・判らんです。まぁ次に新作になるんだろうって位で。更に司さんのは最初っから時間をかけるつもりなので、ソレこそ何時になるか判らない状態です。

でも絶対やるし、きっちりしたのを作るので気長に行こう・・・とか言ってる間に誰かと被ったりして^^;。

「丑蜜」の完成品は現在塗り足し中、細かい部分の修正や色入れネ。それが終ってから本館にはアップしまっす。

|

ドシ~ッ!

wf06win-1

今回は写真が少し撮れたので、久々にレポでもしようとページを作ってたらPCロックしやがった!・・・もうヤメ^^;。いよいよこのPCもヤバス。画像はあるので気が向いたらって事で(笑)。

画像はイベント前日、けっきょく朝まで筆もってました。まぁ寝てる場合じゃないって割りきってやるだけやっとこって感じっス。

おかげさまで完売、ありがとうございました!展示中、完成品を倒すというトラブルがありましたが受けとめてくれた撮影者の方やパーツを拾い集めてくれた方に「超」感謝です!

もうテンパっててお礼もソコソコ、顔も覚えていない情けない状態でしたがホントありがとうございました!・・・と心より言いたいです。全く無傷、全パーツが揃った状態で以降も展示できましたのでご報告を。・・・ココ見てないと思いますが^^;。

さて「丑蜜」「エル」の再版ですが既に発注しました。次回はWHF神戸の予定です。有明は微妙スけど出来るだけ出展できるよう今からスケジュールを組んで行きますので、また見に来てやってください。

|

タイムリミット^^;。

ushi-finish1

もうアカ~ン、限界やぁ・・・時間的にも体力的にも^^;。一日でここまでならまぁいいっしょ?(笑) しっかしなんかイメージが違うんだよなぁ、作った本人がそう思うってのも問題・・・。

どのみち仕上げは帰ってからっつー事で取り急ぎコイツで。もうホテルではやらんとこ~っと。さあ行くでワンバル!気合入ってきた~っ!(ナチュラル・ハイ?)

|

ゾッド

zoddo-headlong2

ヘッドロングさんの新作「ゾッド/ヒューマンフォーム」を塗りました~。当日ヘッドさんのブースにて展示です。すんごく出来が良いキットなのでオススメ!

で、丑蜜の方は「ホテル仕上げ」かと^^;・・・取り敢えず明日の朝まで出来るところまで進めて出発です。出発前に途中でも画像が載せれたら載せます。

しっかし今から積みこみなんだよなぁ、ちゃちゃっと済ませて速攻帰って朝まで塗装→そして東京。まいどの事ながらなんとかならんのか俺?ま、兎に角がんばります~ん(笑)

|

MODEL MANIA 【DVD】

model-mania

今回の怪物屋の目玉!・・・と言ったら怒られそうだが、私的にオススメなのがコレ。まぁワンバルでなくてもコレは手に入る。(怪物屋に問い合わせてネ)

モデルマニア(by AFM)1~4はビデオだったが、その「4」と新規の「5」を合わせてDVDにしたのがコレ。全部揃えるのがオススメだが、特に今回のは必携と言って良い。特に良かった「4」も収録されてるってんだから、コレはプロ・アマ問わずって話だ。

英語なんで初心者にはなんのこっちゃ判らんって感じかもだが、画像で何やってるか判るくらいにはなってくれ。さすれば道は開かれん(笑)。

海外のフィニッシュワーク&ペイントなので材料は違う。水性アクリル塗料をメインに使ってるのでラッカーメインの人とは工程が変わってくると言う事と、顔料系塗料のみで仕上げてしまうってところが大きな違いかな?

内容はクリーチャー、モンスター、メイル、フィメールの肌、目、髪の毛やその他の塗り方なんかが収録。この辺がフィギュア塗装のキモなんでオススメなのね。

まぁ、日本ではナカナカない「How toモノ」だし、ソレをやってるのがデビット・フィッシャー大先生って事なんで買っておくべし。

|

CHLOE - aviator girl -

chloe

画像はシフレット・ブラザーズの「クロエ」。数年前にAFMで見かけて以来スンゲー欲しかったキットれす。入荷がままならず諦めかけてたところ、こないだの渡米で話をつけてきたみたい(怪物屋の店長がネ)。

恐らくこの手のアイテムが好きな人はけっこう居るだろうって事でアップしてみました。で、ワンバルにて怪物屋ブースに並びます。当日に用意した数量はそんなに無いみたいだケド、以降も取り扱いするんだと思う。

さてこのキット、雰囲気がめっちゃ良いもののソコは海外製。日本のGKに慣れた人には「うそ~ん」なくらいに作りが粗い(笑)。パーツをもうちょっと整形しろや!とか、顔が歪んでるし・・・なんて事が頭をよぎるシロモノです。

そこを「味」と見るか「雑」ととるかはあーた次第、因みに自分は前者だから買った。塗れば気にならんと思ったし。・・・でも顔だけは修正するな(笑)。

|

梱包完了!

ushi-package

段取り悪くてけっこう時間かかっちゃいました^^;。ともあれコレで塗装に専念できます。・・・しっかしキツキツやなぁ、予定では当日までに三体やるつもり。うち一体はまぁ塗らんでも良いか?って感じなんだけど、2体は普通に仕上げなアカンので。

アカンっちゅうかやっとかないと気持ち悪すぎ、コレは気のモンですなぁ(笑)。ところで丑蜜の価格、ずっと保留にしてたけど決まりました。¥8,000也、ヨロシクです。

「バストの分際で高けぇなオイ!」って?・・・まぁーね(笑)。

|

オフィシャルガイドブック

wf06win-guide

広告の前に提出したアピールカード(5センチ四方のヤツ)、司さんのキャラをやるって書いてるし^^;。この時の予定は新刊「DRAW」の表紙の女の子でした。いろいろあってソレは先送りにする事に。

んで広告を書いたんだけど、さらに時間が無いと判断。で、現状に落ちついたって寸法。コレが当日版権モノなら確実にアウトですがな!うーん甘い、甘いぞ! 前もって「何々を作る・・・」って公言するとアカンねぇ^^;。

これからはリリースできる算段がついてからアクションを起こそうと思いました。今年は昨年以上に忙しいスケジュールっぽい、なので慎重に且つ確実に行かないと下手を打ちそうですなぁ・・・。

ところで本館の方にリンクを一件追加しときました、今回WSCに選出された岡崎さんとこのHPです。同じくリンクを貼らせて貰ってる「植物少女園」さんの紹介で。岡崎さんとは歳が近いからか非常に話しやすい。いきなりガツーンと来たんでビックリしましたよ(笑)。

ともあれ今後の活躍に注目なところだと思います~。

|

テストショット

ushimitsu-work1

テストショットを組んでみた。原型ではベースに組みつけて無かったので、大きさのバランスとかが気になったけど案外良い大きさだったなぁと(笑)。あわてて仕上げた為に前髪の合いが悪い、スンマセン^^;。その他はソコソコです。

胸像にしては多いパーツ数だけど、せいぜい10パーツソコソコなので組むのは簡単。ベースと支持棒の取り合いもベースのど真ん中に穴を開けて瞬接で固定すればOK、難しくは無い。問題は本体に差し込む角度を自身で調整して貰わないとイケナイってところ。その辺の位置決めはドコに合わせたら良いのかインストに書いておいたのでなんとかなる・・・と思う^^;。真鍮の支持棒は同梱しときます~。

パッケージ及びインスト、箱や梱包資材の準備は完了。あとは量産分が何時届くか・・・だな。梱包が終らないと気になって仕方が無い、ギリまで塗装に集中したいなぁ。

ところで「テストショット」ってなんだ?って人の為にウンチクを(笑)。型が取れて量産に入る前に「試し打ち」というのをします。ソコでレジンの流れ具合やマズイ部分が無いのかを見るワケですな。離型剤を使わないので洗浄不要、時間の無いサンプル制作にはもってこい・・・なんだけど自分は洗います(笑)。

だいたいこのテストショットが展示用サンプルになったり提出用になったりする。三個目くらいが最も綺麗な成型品と聞いたが、正直みんな同じに見えますよ^^;。この辺は実際に抜いた人間にしか判らないと思われる(笑)。

|

卓番

本日WF実行委員会からマニュアルが届きました。卓番は「B04-04」です・・・って4階!そ、そこは僻地なのでわ!前に西館開催の時はけっこうな過疎状態だったと聞いていただけにガックシ^^;。

「飛ばされた・・・」と思いきや、怪物屋もB区画って事なんで「死なばもろとも」だな、と(笑)。まぁ決定は決定なんで仕方が無い、参加できるだけめっけもの。ソコでお客さんを待つしかない・・・と割りきった。

「割りきった」とは言え、ホンマにソコが僻地なのかも気になったんで各サイトを巡ってみると・・・なんやミッチーもウッチーも4階やん!って事で自分の早とちりだったみたいス^^;。

4階のあの卓数でGKディーラーが収容できるとも思えないんで、恐らくは上と下に分散させたのではないかと想像する。つまりお客さんを循環させる方針かと。これは自分みたいな弱小ディーラーにとっては有りがたし。新規のお客さんにも見て貰える可能性が大だね。

しかし買い漁る意気込みのお客さんにとっては大変ではないかと。4階は入り口から遠い、恒例のスタートダッシュも移動距離が長くなるって寸法だ。買いたいものが上下階にあると上に登って下に降りての移動が必要、大運動会になりそうだねぇ・・・くれぐれもケガには注意してください^^;。

ところでウチの卓番って覚えやすいヨ!「4階B区画の04-04」、<4>ばっかだね。ソレって不吉?うそ~ん(笑)。

|

doll-head

前々ログ「手」の続き、詳細は判らないけどスンゲー出来です。依頼主曰く、コレと「手」を組みこんでとある映画のキャラに仕立てるんだって。組みこんだ画像はまた送ってくれるそうなのでめっちゃ楽しみ~。

しっかし上手いなぁこの原型師。彫りの深さや手癖から判断するに、どうも出ところは海外っぽいんだよねぇ・・・「見た感じ」だけど^^;。日本でこんな顔を作れる人ってビリケンのハマさんか故ホライゾン(笑)の面子くらいではなかろうか? もし日本人がやってたとしたらコレまた驚き(笑)。海外モノでもあんまり見かけないくらいのレベルかと(クンツ級?)。

やっぱリアル系は塗ってて面白いね、この範囲の中に「コレでもか!」ってくらい手を入れてもまだ足んないってのがタマランです。

|

「丑蜜」

ushimitsu-master

「あざみ」の通販終了しました、ご購入の方には感謝です!受注分は全て発送しましたので到着がまだの人はもう暫くおまちください。

さていよいよWFモードですなぁ、気合い入ります。画像のんが新作の胸像、本館にアップしているので見てやってください。

抜き屋さんにほりこんだのが超ギリだったので、まだテストショットはあがってきてません。値段も聞いてないので請求書がチト怖い^^;。

胸像ってのは「塗装」側から見れば最も凝れるアイテム、全身を1体塗る手間を局部に集中するわけだからねぇ。なので塗るのが楽しみ・・・なんだけど、毎度の如くに時間が・・・^^;。

バストだからウォッシングだけでもOK、出来ればそんな展示用サンプルもやりたいネ。

|

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »