« WBC | トップページ | 冷製パスタ »

村田蓮爾 - Formcode -

Formcode

気付けば月末、月末と言えば支払い。いくら計算しなおしても預金残高は変わらず、客観的に見れば「支払えない」って状態になっている事に気付く。どこか1箇所滞納しないと厳しいって状況だ。そしてソレはいつも「家賃」になってしまってるのが大家さんに申し訳けない^^;。

滞納っても「免除」じゃないんで数日中になんとか捻出しないとイケナイ。で、あれこれ考えている時に画像のモノが届いた。しかも代引きで。「うそ~ん!こんなん注文してたっけ!?」・・・うん、してたな^^;。どうやら発売日が延期になってたらしく、そんでやっと出来たって事らしい。もうちょっと遅くても良かったのに・・・(笑)。

さてこの画集、ほぼ1万円と言うウチに有る画集の中でもダントツに高額です。しかし内容はソレに足るものになってますよん。同人誌でちょっと「肩スカシ」っぽく感じてただけにどうかと思ってたが、別次元のモノに仕上ってます。

「本」と「ギミック」という一見そぐわないワードがこの画集では表現されている感じ。バインダー形式なのがそれを可能にしています。「画集」というより「ワーク・ファイル」ですね、コレは。

装丁が豪華で内容も充実、そして色んな紙質を使い分けサイズさえ変えたりしてるのに1冊にまとまってるのは凄いと思う。大判なので美麗な絵も見やすく、またバインダーなので個々に取りだし鑑賞できるのは秀逸かと。

ただゴツイ、ゴツすぎる^^;。常時見るなら中身を抜き出して別フォルダーにまとめた方が良さそうだ。そしてソレが可能なのもこの画集の特徴。・・・もしかして最初っからその辺の事を考えてたとか?

因みに前2冊の画集を持ってないので比べられない。既に持ってる人が「買い」なのかどうなのかは判りません。

|

« WBC | トップページ | 冷製パスタ »