« AFM#35 | トップページ | 村田蓮爾 - Formcode - »

WBC

昼夜逆転生活が自分の日常、それはイカンと思ってたが今となってはどうでも良い。一番作業に集中出来る時間帯がその辺ならソコをメインに持って来るってのは当然と割り切っている(笑)

イベント直近や納期直前になると全くの無音空間にて作業にのみ没頭するんだけど、ソレ以外はテレビを流してる場合が多い。昼までは日テレ・関テレの10チャンネル固定。テレビ番組で興味を持って見るのはニュースのみなんだけど、ココ最近はWBCを流している事が多かった。

「昼夜逆転」が基本なので見逃してる場合も有り、一番勿体無かったのが「対韓国戦」。ぶっちゃけ決勝戦以上に重要な試合だと思ってたんだけど爆睡こいてたんだよね~^^;。後でこの試合の瞬間最大視聴率が50%以上だったと知りコレマタ驚き。

そらそうかも、だって大して野球に興味の無い自分が見たいと思う位だからねぇ(笑)。さて昨日の決勝、コレはもう見逃したらアカンやろって事でキッチリ見てましたヨ。テレビはBGM替わりなんでそっちに気が行っちゃイカンのだけど流石に無理、作業になりませんワ^^;。

一球一球がアレほど緊迫するもんだとは・・・って感じ。多分「世界一」が懸っているからなんだろう。いろいろと名場面があったんだけど、9回裏の大塚の顔が一番目に焼きついた試合だった。私的にはもうヤバイくらいに緊張のピーク、見てて疲れる(笑)。

凄くミーハーな見方だとは思うが、やっぱイチローが居るか居ないかで今回の結果は違ったモノなっていたのでは?と思った。どう見てもモチベーションを引き上げてたのはイチローかと。言動、行動、雰囲気、どれを取っても彼は「スーパースター」だよねぇ。

しっかしアレ見てるとロッテ、ダイエーが強いってのは頷けるました(笑)。

|

« AFM#35 | トップページ | 村田蓮爾 - Formcode - »