« リンク。 | トップページ | イノセンス »

猿と機関車

Flyingmonkey

久々のキット購入。トニーマクベイ原型の再販キットだが、コレがまた出来が良い!猿の表情やポーズにモールド、羽の造作にベースの岩場とのバランス・・・最高です。やっぱマクベイは一味違いますねぇ。

氏の造型ブツとしては恐竜に人気が集まるが、こういったモンスターやクリーチャーっぽいのを作らせると非常に上手い。生体を判ってる人が作ると架空のモノでもリアリティが有るんだなァと。

恐竜や動物の制作で培った細かくメリハリの有るモールドや動きをベースに、自分のイメージを乗っけて3D化してる。そらもう隙が無いって感じです。氏の独自解釈で造型された「イドの怪物」や「イーマ」は傑作。しっかしこの人、猿とかゴリラとか上手いです。日本で言えば作ってるモノが「松村しのぶ」さんとかと被るイメージがありますね。

Steamlocomotive

次の画像は今から20年以上前にリリースされたインジェクションのスナップキット(モノグラム)・・・って書いてる本人も何のことやら(笑)。まぁプラモデルで良いんじゃないかと。そんな時代にこのモールドを再現してるとは恐るべし!今見てもエッジのシャープさや作りの良さが伺えます。

「機関車」自体に興味はないけど、細かいパーツの作りこみに惹かれて思わず買っちゃいましたヨ^^;。昔の、特に海外の機関車のデザインって無骨で凄く括弧良いと思う。

怪物屋では今、この辺の時代以前にリリースされたプラモデルとかにかなり力を入れてやってるみたい。船とか飛行機とかだけでなく、標本的なものや動物・昆虫などなど。見てると味が有ったり「え!コレってそんな昔に作られてたの!」って凄いのまでイロイロ。

その辺になるとスンゲェ価格になっちゃうのでとても手が出ないんだけど、見てるだけも非常に面白い。その頃の日本のプラモデルがどんなのだったかを聞いたりするとやっぱ向こうが本場だなァとつくづく思っちゃいます。

店長曰く「洋GKのベース付属はオーロラの影響だと思うよ・・・」。それらを見てると確かにそんな気がしますねぇ。いやぁなんかイイなぁプラモデル・・・でもやっぱGKが好きだケド(笑)。

|

« リンク。 | トップページ | イノセンス »