« IRIAを作る(その4) | トップページ | ガーンジー花子さん »

IRIAを作る(その5)

Iriaremodel5
マントを羽織らせた全体イメージはこんな感じ。マントは熱湯でグニャグニャにしておいて、新造した首とボディに沿わせて挟みこむ感じで馴染ませる。加工していないモノと比べたら少々ズングリしたシルエットになったかな?
でも加工の仕方としては間違っていないハズで、リアルにやるとこうなるのではないかと。私見だけどシックリ収まった感が有って、やって良かったと思う。うーん、しっかし括弧良いなぁイリアは。

この後カット面にはパテを盛ってちょこっとモールドを入れてあげます。切りっぱなしでも塗れば違和感なくなると思うケド、良く見りゃ判る。そう言うのが気持ち悪いんで大差無い部分でもキッチリ仕事をしてあげる。

余談だけど、ソフビとエポパテの相性は悪いと思ってた方が無難ですヨ。なのでパテをした部分には必ず瞬接を塗布してやります。塗装後にパテごと剥離なんてなったら修正が面倒だから。因みにソフビと瞬間接着剤との相性は抜群に良い。

さて、毎週火曜日に更新してたこの記事もいよいよネタ切れ。最後までたたみ掛けたいところなんスが、ココからは弄れてません。以降の加工作業はガンの延長造作とベースを作って塗装って感じ。 う~ん、いつ再開できるかねぇ?
【つづ・・・けるつもり】

|

« IRIAを作る(その4) | トップページ | ガーンジー花子さん »