« COBRA MAIKING<後編前> | トップページ | COBRA MAIKING<後編> »

トレフェスin神戸1

それではコブラの製作記事を継続・・・の前に、折角のイベント参加なのでイベントレポなんぞを久しぶりにやってみようと思います。

昨日29日開催のトレフェス、神戸開催はお初って事らしい。会場が同じって事も有るだろうけど、その参加ディーラー数やお客さんの数などから雰囲気的にWHF同様ってのはみんなが思う事だろう。
参加ディーラーの動向やお客さんの懐具合など、社会情勢によるところが多いだろう変化についてはイロイロ感じる事ができたが、ソコを書き出すとキリが無いのでその辺はスルー。

通例の如くダントツの集客力を持っていたのは「リキッドストーン」で、ここの参加が今や地方イベントには不可欠になっている感じ。
各ディーラーは総じて造型レベルが上がっている。でも横一線の印象を受けるのはその手のに興味が無いからなんだろう。いや、上手いなァとは思いますヨ普通に(笑)。あと個人的には中古屋に魅力的な商品が無いのが残念!前はもっと何かしらあったと思うんだけども、年を追うごとに中古屋さんの品揃えの希薄さに拍車が懸っているような気が・・・模型ファンとしてはがんばって欲しいですヨ。

美少女フィギュアがメインなのはコレまでもコレからも変わらないだろうとは思うけど、そんな中にあって赤尾クンは善戦してたと思う。岐阜から出て来た甲斐があったネ。ホビコン有明にもHEADLONGは出展するので関東方面の人は是非立ち寄ってあげてください。

近年のイベントでは「モンクリ&リアル系」のディーラーも僅かではあるケド出展してきています。その総数の少なさ故、美少女フィギュアほどのクオリティーに達しているところは非常に少ない。しかし赤尾くんのように高いレベルのディーラーも有るので、今回は内2件をピックアップです。

Trefeskobe0101
<東工房>
以前よりその造作の繊細さと上手さは認識していたけど、夏フェス用の原型展示を見て驚いた。それまでのアイテムと比べてレベルアップどころか別物になっていると感じたそのアイテムはオリジナルのフランケン。もともと某ゲームメーカーの絵描きさんだったので絵が上手い。しかしこのフランケンのイメージ画は上手いとかのレベルでは無く、アートの範疇のモンだと思った。そのイメージ固めがあったからなのか、そこから出てきた造型物がとにかく良い。
Trefeskobe0102
フランケンの海外人気は非常に高く、また傑作と言われるオリジナル造型も多い。怪物屋のスタッフでも有る自分はそれらを多く見ているので一見「何かに似ている」とその時思ったが・・・オリジナルってのとはチト違うが「バーニーライトソン」のフランケンぽいかも。店長に聞けばティム・ブラックナーやエリック・ソーサのオリジナルも髣髴させるって事だった。
しかしソコはソレ、このフランケンは東くんのオリジナルだろうしソレらの名造型物と比肩するモノになりつつ有る。ホント衝撃的ですよ、このノリを日本人が表現できるとは!って感じです。

コレを見れただけでココに来た甲斐があったってもんで、凄く嬉しいと同時に自己嫌悪にも陥る始末。あくまでもペインター目線で評価すると世界レベルのしかも上位ランクかと。コレが夏にはキットとなってリリースされるってんだから興奮しますよね~。しかもジャパンクォリティーでのリリースですよ、絶対に買いです。(因みにマントはつけなくても良いんぢゃない?)

Trefeskobe0103
<AIMAT!>内「脩壱
自身のアイテムを持ってきてたんで自分より全然マシなんだけど、同じくAIMAT!さんに間借りの脩壱クン。飛蝗男のたたずまいは往年のフューチャーそのもので、そのレベルも匹敵していると思った。そのモールドやフォルムなどがフューチャーラインなのが残念なんだけど、副業としてやっていてコレってのがビビルところ。
現状でも海外でイケルと思うが、この技術力とセンスで独自路線を切り開けば別次元にイケそうな予感が有るので是非がんばってほしい。

以上2件だけだけど、双方ともに造形力の高さには目を見張る。こういう人達が少ないながらも出てくるってのは嬉しい限りだし、ここまでで無くても総体としての充実を願うところです。

Trefeskobe0104
最後にギルギル、ココはショップなんで別枠での紹介と思って貰いたい。ココで輸入販売しているエリック・ソーサの「KAME-BUSHI」の展示品がまたビビル上手さ。WAX原型の潜在能力をマザマザと見せつけられた感じですな。基礎力ありきの造型には間違いないんだけど、そのモールドが・・・こんな事ができるのか?とWAX導入を検討するに充分な説得力がありました。ホビコン東京でもキットは展示されると思うので生で是非見て頂戴。

Trefeskobe0105
で、今回この会場で唯一自分が買ったGKが「サンダーロード・スタイル」の「新田陸太郎」。めっちゃ可愛いです。赤ん坊の塗装はめっちゃ面白いだろうと思い、海外トイザラスでも赤ちゃん人形を買ったが如何せん材質がソフビでサイズがでか過ぎる。簡単には塗れないって事で二の足を踏んでいた。
しかしコレなら単純に塗りを楽しめる事請け合い。造型もめっちゃ良いんでオススメですよ~(安いし!)。

以上が会場レポ、そしてコブラの塗装再開です。塗装品の評判は良かったので安心したけど、個人的見解でいえばロケーションを加味すると色が弱いと感じた。なのでこの後オーバーコートでどぎつい色に持って行くつもり。ホビコン東京に間に合わせるつもりなんで来場する人は見てやってください。

ほんではまた!

|

« COBRA MAIKING<後編前> | トップページ | COBRA MAIKING<後編> »