« 造型素材模索の道 02 | トップページ | 09ワンフェス夏での販売ブツ »

造型素材模索の道 03

ココまで国内で一般流通していない素材について書いてきました。現状コレらの素材は個人輸入か恐らく特撮関係の製作プロダクション経由でしか入手できないのではないかと思われマス。しかし前記事で触れたように怪物屋が仕入れ準備をしてるんで試用のインプレッションをしてみた次第。いざ入荷したは良いが前知識が無い状態では購入の検討もできないだろうと思ったので。

さてそんなWAX&クレイですが興味出ました?導入以後にともすれば各段のレベル上昇が「見こめる場合が有るよ」ってところを重視して頂ければと。現在 米国での造型素材の主流はWAXやクレイらしく、NY在住の原型師の人からメールを頂く機会も有りました。その内容を読む程に日本がその辺で立ち遅れているなぁと(それはWAX&クレイに限った事ではないけども)。

確かに素材だけで出来の良し悪しは判断できないかもしれない。素材がなんで有れ上手いヤツは上手いし、そうで無いのはそうでない。コレは海外も同じ事だけど、ただその製作スピードは明らかに違う。スカルピーを使って各段にスピードアップしたと感じる人は少なく無いだろうし、その中には造型幅が広がったと思う人も居るだろう。

WAX&クレイでソコが更に促進される可能性も有ると自分は思ったワケ。形が早く決まればその分出来る事も増えるワケで、製作期間の短縮はイコール造型レベルの底上げにもなるって感じ。併せて上手い人間とそうでない人間の格差が広がる可能性も有るんだけど、逆にそのマッチング如何によっては下克上も頻繁化するのではないだろうか?と、面白くもなってくる(笑)。

そのハンドリング具合から想像して、スカ~WAXもしくはクレイって道筋が順当だと思っていたので自分は最初は興味がなかった。しかしFUSE-WAXを試用した事でファンド~WAXという道筋も有りそうだと実感した事はとても大きい。面研を考えた場合は切削しやすい素材に振りかえる手間が出てくるのはあきらかだけど、その手間をかけても素早く一次原型のカタチ出しが出来るのは有用だと思うんだな。

ともあれ怪物屋には早期導入を検討して頂きたいと切に願うばかりで有る・・・ってケッキョク他力本願なんスけど^^;。

えー「造型素材模索の道」は一先ず休止します、WFに向けての準備をしないと真剣マズイので^^;。

|

« 造型素材模索の道 02 | トップページ | 09ワンフェス夏での販売ブツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 造型素材模索の道 02 | トップページ | 09ワンフェス夏での販売ブツ »