« ジェリーさんのインストア・イベント | トップページ | 吉沢襲来(笑)。 »

ASSEMBLEBORG

「リボルテック」は知ってるよね?言えば「海洋堂式アクションフィギュア」なんだけど、その「決まるポージング」が特徴的で他と一線を画してる。昔からココのアクションフィギュア(以下AF)はその独特のカットラインやジョイント方法を採用していて、設計者(原型師)の名前を取って「山口式」なんて呼ばれてました。

漫画家の内藤泰弘さんのキャラであるトライガンのAFを海洋堂がリリースするにあたって、無類のトイ好きの氏が立ち上げたブランドが「トイトライブ」。ソコとタッグを組んで開発したのが「リボルバージョイント」というリボルテックには欠かせないジョイント。カチカチと可動してピタッと止る・・・だからポーズが決まるって寸法。

前述の山口式可動とこのリボルバージョイントが合わさった同社のAFが一気に市場を駆け巡ったのは周知の事だと思う。現状のAFのクオリティアップはココが基点だったろうと思うし、しかしてソレを超える特徴的なアプローチをするメーカーは今もって他には無い。
・・・と自分は思ってるけどどんなもんすか?

で、このリボジョイント。実は内藤さんが夢想するAF用に開発されたと言って過言でないらしい。それがリリースされる前に始まった「リボルテック・シリーズ」は今後も継続されるだろうが、今年に入っていよいよその企画が現実のモノになりましたヨ。

今までのリボ・シリーズで培ったノウハウをふんだんに織り込んで「遊べるトイ」として新たにラインナップされたのが「アッセンブルボーグ」。世界観の構築から企画・デザイン・製造までを全て自社で賄う完全なオリジナルですな。
既存のモノに頼るだけではなくそういった市場を切り開こうとするスピリッツは海洋堂らしく、今までもそうして業界をリードして来たってのはアンチ派にしても納得せざるを得ないだろう。いわば中小クラスの企業なのにホント頑張るよねアソコは。

Jarknoid_xo画像はアッセンブルボーグの第二章と詠われる「敵鬼襲来!!:meteoraiders!!(メテオレイダース!!)」から新製品の「ジャークノイド・エグゾ」。なんとなく女性ラインを感じたのでギロチーナ風にポージングしてみた。腰のヒネリを再現する為に左腰のジョイントを二球のものに変更・・・ってそういう事ができるのがこのアイテムの強み。
いろんなボーナスパーツと共に予備のリボジョイントが封入されてるのでいろんな組換えができます。つまり名前の由来である「アッセンブル」可能な素体って事ですな。

コレは言わばレゴかと。無数のパーツをリボジョイントを介して組換えできるんで、自分のオリジナル・ボーグを構築できる。相当想像力が鍛えられるし子供にはエエと思うんです。オッサンでもやってて楽しいし(笑)。撮影するまでにイロイロとジョイントしてみたんだけど、結局おとなしいトコに落着いちゃったけども^^;。

その肝心なリボ・ジョイントも単品売りが開始されてるので「ヒーローとヒールの混合体」なんてのも可能だし、同ラインナップに有る「バレルズスピーダー」って乗り物との融合も可能、広がるねぇ~。

ところで、弄ってて思ったんだけど「メス」が欲しいな。リボジョイントは基本「オス」なのでメスジョイント的に使えるのは本体パーツしかない。本体から派生するモールドならそれで良いかもだけど、アームズ同士を立体的に組むにはメスジョイントが必要だと感じた。もしかして有るのかな?

ともあれ従来のリボは言うても鑑賞用、対してコレは正に「TOY」。まさに遊んで楽しむって感覚なのが良いと思った。ハマる人なら一日中イジりたおしそうなので注意が必要だが、頭の体操にエエと思うんでオススメだ。

ほんでサイトでは「俺(私)ボーグ」を投稿して盛りあがってるんで「ん?」と思った人は一度覗いてみたらどうだろう?サイト自体も相当気合い入ってて面白いヨ~。

ASSEMBLEBORG.COM

|

« ジェリーさんのインストア・イベント | トップページ | 吉沢襲来(笑)。 »