« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

フランケンシュタインの怪物

Frankenshigashi01東クンのフランケン、以前にこのブログでも紹介したこのアイテムは今回のWFが初売りだった。自分的にWF前のバタバタと当日のそれどころでは無い心境の中、しかしこのキットだけは気になってました。

ソロソロ閉会ってギリのところで展示を見に行くも、手前の支払の事が頭をよぎって購入には至らず。通販もするって事だったので後日改めてと言い残しその日はスルー。帰ってからスグに自分とこの通販を始めて、その売上でこのフランケンを買う。「エフ」を売って「フランケン」を買うと言うなんだか変な構図だが(笑)ともあれ届きました。

キットを手に取ってみると・・・やはり良い!めっちゃ良い! モウ久しぶりに余裕が有ればもう一体持っておきたいってアイテムになってるっス。その良心的な価格も魅力的だし。

原型を初見した印象は前記事を参照頂くとして、キットになった時の感想をば。

この造型ブツがジャパンクォリティで抜きあがって来たワケで、いくらソコはまぁまぁ抜けてればエエんちゃう?と思っててもやっぱテンション上がる。抜きの良し悪しってGK的にやっぱ必須なのかも?なんて。とはいえ日本国内で抜いてる限り、何処に出してもこれくらいの抜きにはなるだろうケド。

Frankenshigashi02要はこのフランケンがそんな製品状態だってのがキモ。こんなテイストのものは国内には殆ど無く、ソコは海外に頼るしかない。しかしてその場合の抜きには相当バラつきが有り、ぶっちゃけ「塗れねーよこんなの!」ってのもあったりします(油が滲み出るレジンとか^^;)。

かつ原型は日本人、繊細な造作をする東クンが作ってるって事で製品としてのこのクォリティーは世界的にも類をみないってモンになってると思う。ともあれ超オススメなので簡単に入手できる今のうちにGETしといた方が良い。

東工房通販係

個人的にも応援したい気持ちが凄く有るんだよねぇ。こんな良いGKが国内から出てくるってのはとても嬉しい事だし、今後も是非続いて欲しい。美少女系に関しては他国の追随を許さないほど高次元なのは実感してるが、この系になると全く逆なのがファンとしたら悲しいところ。そのレベルの違いが需要に基づいているのは間違い無く、だから瞬殺とまでは行かないまでも国内でガンガン売れて欲しいと思ってる。

自分はかなり浮気性なのでモンクリ・リアル系専従とは行かないが、それでも機を見ながらコッチ方面もやっていきたい。ほんで「きっとこの方面でも日本は戦える」って信じてます。だって海外GK業界に多大な影響を与えたフューチャーモデルズは日本発だものね。

|

ビリケンのバットマン

Batmanbilliken相当更新してなくてスンマセン。とにかくやる事が多いワリに困窮してて、にっちもさっちもです・・・ってそうじゃない時って無いですが^^;。画像はビリケンのバットマンAタイプ、今見てもやっぱ相当イケてるキットですなぁ。

ちょうど夏のWFで吉沢さんのウェスカーをやってたんで肌塗装がええ感じに決まったと思う。ほんでその後に1/24のフィギュアとかもやってたんで目の描きこみが相当イケました。1/24のフィギュアの目を描きこむ事を思ったら1/6の目なんてめっちゃ広いキャンバスだと感じます。描きこみたかったんで、キットのモールドをパテで埋めちゃったんだけど、正解だったネ。スーツの質感とかがイマイチ短調なんで、ココから更に手を加えます。

Batmanbase併せて久しぶりの意匠ベースを自作、コレが大変。もうやりたくねぇって感じだけど、飾るとボリュームが出て良い感じ。まぁ作って良かったかな?案外ココから先が悩みどころなんだけど、手を入れるほどに良くなるキットなんでもうひと踏ん張りデス。

しっかしコレ、20年前のキットなんスが未だにコレを超えるのが無いとわ・・・恐るべしハマさん。

|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »