« 最近のお仕事 | トップページ | 今日から原型始めます。 »

クリーチャーヘッド

Creaturehead01最近、ゆえ有って古い知人と会う事が多くなった・・・ってか、前職の上司なんス。10数年ブリに自分の方からコンタクトを取った理由は頼みごとだったんだけど快く引き受けてくれ、ソレを機に自身が作ってるモンとかを見せて貰うようになりました。

会社に居てる時はついぞ知らなかったこの手の趣味、好きなんやったら言うてくれたらエエのに。しかしソレをしちゃうと業務に響くからと言われればソレも納得。実際に自分もリーマンの時はひた隠してたからねぇ。

Creaturehead02オリジナルのクリーチャーヘッドはLION油土原型をシリコンで型取りFRPに振替えたモノ。クリーチャー版フランケンズモンスターってイメージなのはご覧の通りだけど、ソコに狼男も入ってるような。それらをフューチャーテイストでまとめた感じでバランス良いなぁと。

しっかし達者! こまか過ぎないモールドには余裕が有るし基礎力も感じる。裏面の仕舞いや自作のドールアイなど片手間でやってるとは思えないレベルですねぇ(忙しい人のハズなのに)。ソレもその筈、自分が今やってる事の基礎的な部分をたたきこんでくれた人のひとりなので。

因みにサラリーマンって言っても造型畑だから出来るんだろう?てのはチト違います。同じ境遇にあってもココまで作れるのは僅かですよ。やっぱ好きでないとってのが最初にあります。だから事務や営業職の人でも思いが有れば作れます。問題はスキルレベルによって懸る時間がまるで変わってくるって部分のみ。出来ないなんて事は絶対に無いですね。

言えば自分がやってる事も同じ、専従してるから仕事として出来るスピードにかろうじてなっているってだけの事。作る(もしくは塗る)際に必要な才能があるとしたら「どれだけ好きでいられるか?」って事だと思います。指先の器用さは継続してやってるうちに身につくし、どうしても不器用だったとしても迂回路は必ず有る。拘り続ける事でセンスも磨かれるし、どうしてもソコがウィークポイントだと感じる人はパクれば良い。結局はやはり「継続」なんだよねぇ。

さてこのクリーチャーヘッド、反面顔なんだけど凄いボリュームです。現物は怪物屋、次回作も鋭意製作中って事なんで楽しみ♪

|

« 最近のお仕事 | トップページ | 今日から原型始めます。 »