« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

BRIDGESTONE RADAC

ワンフェスまであと一週間って瀬戸際な時期だけど、その事とは関係無い話を。

ウチのチャリンコは貰ったモノだと前に記事を書いたけど、それからおよそ一年と3ヶ月が経ちました。そんな前かぁ・・・とか思いながらも、 しかしメタボを解消するほど乗れてないという不甲斐ない事実^^;。

どうにも自分からすれば本格的すぎるソノ仕様に気後れしている部分も有り、また根がズボラなだけにスグ車に乗ってしまうってーある種「負のスパイラル状態」でした。今回ソレを脱するべく良い機会(と言えるのかどうかだけど)が、訪れたので仕様変更をしてもらうことに。

Roadbike2格好はヨロシイが、ビギナーの街乗り者には手に余るドロップハンドルをバーハンドルに変えて貰う。結局終始ドロップの上しか持たないもんで下半分は不要だって判断。んでもブレーキをかけるにはドロップ部を持つ必要が有り、しょっちゅう持ちかえないとイケナイわけ。慣れたけど意外に危ないっスこれは。危ないと言えばそのスピードもそう。

ドロップ部を持つと前傾になるんで凄くスピードは上がります。チンタラ走っても普通のチャリならブチ抜ける速さが有るこの自転車で、必死で漕げば原チャリの巡行速度並のスピードに自分でも持っていけるんですよ。技術が伴わない人間にコレは危険。

併せて不調のシフターも変更です。コレが実は今まで最も難儀だった。最初のは良いシフターのようだけど、内部のギアが劣化してるのか、なかなかチェンジが切り替わってくれなかった。貰った人に調整はして貰ったものの、その工程や内部構造がかなりややこしい。
よって自分にはその部分にはノータッチ、でも「さぁチェンジを変えるゾー」と気合を入れてリトライの繰り返しってのは段階変速の意味無いしねぇ。シフターの変更はランク下の、しかもトライアル用のものだけどおかげで凄く快適になりました。

シートもクッション性の高いモノに変更し、見た目はロードと言うよりクロスバイクですな。全体的に当初のモノよりランク下げなパーツへの付け替えなので、勿体無いとか言われそうだけど乗らない方が勿体無いと思うんで。なにより私的満足度は高いしねぇ。まぁ格好悪くはなったかもだけど「さぁコレでメタボ解消だぁ!」てのが希望(笑)。

因みに今回自転車を弄って頂いたのは大阪松屋町の「カタヤマ・サイクル」さん。実はこの自転車の生みの親です。オーナーが自分に変わってるワケだし、10数年前に携わったモノなのに自分が気付かなかったフレームの凹みまで覚えてらした。職人肌な感じの正に「おやっさん」です。

同店の主力はトライアルバイク。しかし片山さん自身も同じレイダックのクロモリ・フレームにバーハン装備で今もご愛用との事。なんかそんな話しも聞けてエエ感じのお店でした。ママチャリの事から専門バイクまで幅広く販売・修理を行ってるようなので、近隣の人はお世話になってはどうでしょう?

Roadbike3ところで店内に鎮座するGAINTやその他メーカーのバイク、値段がリーズナブル!今やこんなのが10万あったら買えるのか?と思うと欲しくなっちゃいます。置き場所が無いし、今回リファインしたのを長く乗りたいとか思ってるんで買わないだろうけど、ハマりそうな匂いがプンプンする世界ですなぁコレも(・・・まぁお金も無いケドも)。

|

WF用原型<その2>

かなりほったらかしですが、新作原型は上がってます。何個用意出来るのかは判らないスけど、ともあれ久しぶりに新作を売る事が出来るんでめっちゃ嬉しいです~♪

「WFで新作を出す」という当たり前の事が出来ていなかったココ数年は反省と後悔の連続でした。売れるかどうかは甚だ疑問ではあるけれど、そんな意味で今回は合格! 作業的にはまだまだコレからなんスが、ホッと一息ついてるところです。後やる事と言ったら塗装数点とWF準備のみ・・・ってソコがシンドイんで余裕かましてる場合じゃ無いんだけども^^。

コレマタ遅くなりましたが、既に卓番も出てますね。さらに気付けばガイドブックも届いており出遅れ感バリバリですやん。ま、当日に間に合えばエエだろうって事で今更ですが「A37-01」です。今回もエログロ特区でお待ちしてま~す。

で、本題の新作。とにかく時間勝負やったので仕上げは粗いわ写真は撮ってへんわで申し訳け無い。量産から戻ってきたら本館にアップするつもりなので、取り急ぎのワンショットのみで勘弁。仕上げはもうどうしょうも無いケド、画像は数方向からのショットを用意するつもりなのでしばしお時間ください。

Devie名前は「デビィ」。良くある悪魔っ子なんスが(名前もネ^^;。)洋テイストをできるだけ織り込んだつもり(パクリ含む^^;。)。ココから更に深化したものが目標だっただけに、力足らずな部分があるかと。ただとっかかりみたいなものは見え出したので「やった感」は有ります。

今回ので自分が思ったモノになっていれば、逆に総スカンをくらいそうな気配有り(笑)。だったらまだまだ探求の余地が有るとも思えるんでコレはコレでOK・・・って事で新作としてリリースするわけです。

当日の販売はこの他に「エフ」と「ポチ」も持って行きます。「デヴィ」と併せてよろしくどうぞ!

|

Invisible Woman

Invisiblewomanjacketリリースされたようですヨ♪永らくお待ち頂いたかと思いますが、ソレも良い商品にせんが為・・・とご了承ください。いやぁぶっちゃけ豆魚雷の原田さん(担当者)の目が厳しく、相当ダメ出しをしてたようです。因みに自分は丸投げ。彩色サンプルを提出したら「お後ヨロシク!」って感じ(ダメぢゃん)

その拘りで購入者が許容できる仕上がりにはなってるんじゃないかな?ともあれなんとか漕ぎ着けましたネ。しっかしジャケットがイイ!やっぱジェリーさんのセンスは最高やなぁ。モノグラムを模した豆魚雷のロゴと相俟って、このテイストが好きな人には溜まらんちん。このジャケットだけでも価値有りやと思いますが如何でしょう?

って事で以降の「SUPER MIXTURE MODEL」もヨロシクです。

【追記】
上の記事、特に意識しないで書いたんだけど「パッケージは良いけど中身は・・・みたいな文章になってるけど大丈夫なん?」てな意見があったのでフォローしときます(汗)。

自分は嫌になるほど長期に渡ってコレに懸ってきました。ソレが初めて見たすんばらしいパッケージに包まれて届いたもんだからどうしてもソッチに目が行ってしまい上のような記事に・・・。

問題の中身は自分が思っていた以上の出来になってると思ったス。でも自分が作って塗ったのが参考なワケで、ソレを褒め称えるなんて・・・ねぇ^^;。だから「許容できる仕上がりにはなってるんじゃないかな?」と控えめにしといたって感じ。

塗装サンプルの画像を見て購入を決め、予約を入れてくれたお客さんの期待を背負ってるから原田さんも妥協しなかったんだと思う。で、そういう出来になってると思いました。エエもんにはなってると思うので、お手元に届いた方はじっくり眺めてやってください。

あ、そうそうフィギュアは箱から出して鑑賞するもんですよ。空間に置いた時にどう見えるのか?を考えて作ってるから。フィギュアは箱から出して、ジャケットは箱本体から切り離して・・・ってすれば省スペースで立体&平面双方の良い部分を実感できると思います。

|

WF用原型<その1>

作業を始めてからだいたい二週間になる。そろそろ形に・・・なって無いんだコレが^^;。ココに来て二転三転してるって~迷走ブリ、まじでヤバいです!

Skull01そんな最中、髑髏の資料が欲しいなァって事で怪物屋へゴー。画像みたいのも売ってるんですよねぇ。ジオメトリックのサイズだからおよそ1/8のスカル、例えばそのサイズのプレデターを組んでジオラマ仕立てにする場合なんかは重宝するアイテムかと・・・って別にプレのジオラマを作るわけじゃないけども。

因みに四個で¥1,000と言う値段は妥当。しかし例えば20個くらい欲しいとなったら¥5,000と、そのボリュームに反してちょっと躊躇する値段。ただコレを使おうって人なら複製する筈なんで四個で充分ですネ。それなら四個も要らないって?イヤイヤ要るんですよコレが。

一個を20回転する労力と四個を5回転する労力を考えたら数百円の差なんて無きに等しいス。それとこのスカル、実は全13種類なんだよね。基本は同じようなんだけど、クラックの入り方が違うんですな。それで微妙に表情に違いが有るような気もする・・・ツカ、ようこんな事考えて量産したもんだ(笑)

Skull02ところで撮影中にカメラ目線のヤツが一人まじってます・・・コイツね。

居るんだよね~こーゆーヤツ。並べ方は種類ごとに分けて有るんだけど、つまり長い列のほど売れてないって寸法。オマエ一番人気の無いグループやん?しかも良く見りゃなんともマヌケ面。ま、愛嬌があって良いけどね。誰か買ったってください(笑)。

・・・ってまたどうでも良い事書いてるなぁ^^;。

|

あけましておめでとうございます。

2010年ですなぁ・・・ってもやっぱシックリ来ないスが。それよかWFまであと1ヶ月って方がしっくり来る・・・ってか焦る。WF用原型をやり始めてから10日以上経つけども、コレと言った形が出ず迷走しとります。軽く「イケるんじゃない?」と踏んでた割に苦戦してる原因はイメージが固まらないから。

ほぼ確定的なモチーフは有るものの自分なりに落しこむってアレンジ部分で難渋、今までと違う等身バランスとアクセント付けって部分にチャレンジしています。て事で画像はもうちょいお待ちください。

Ryutoolbagしかし年始早々の書き込みで画像無しってのも寒いんで、全く関係無いけど竜クンのツールバッグでも(笑)。怪物屋でも修羅場の前哨線が始まってマス。一番キュウキュウなのは店長、次いで竜クンてな感じ。「それに比べたら自分はマシやなぁ」と安心する為に年始挨拶も兼ねて昨日寄ってきました。

画像のバッグは元々軍装品、ソレをツールバッグにしてるって話。使いこんだ風合いがエエ感じになってるけど、本人曰くタッパーとかのが使いやすくって良いとの事。せやろなぁとか思いながらも、無理してでもコイツを使いつづけて欲しいところ。なんかその方が括弧エエやん?まぁ人事なんで好き勝手言うてますが(笑)。

Toolbox因みに自分のツールボックスはこんな感じ。持ち出し用なんスが内容物が竜クンのと明らかに違う。刷毛類に関しては被ってるけど用途が違うんだよねぇ。自分の方はモロ彩色の為だけど、彼のはスカルピー均し用。こう見ると原型と彩色、どちらに比重を置いているのか良く判りますねぇ。

・・・とまぁどうでも良い話題で引っ張ってますが、そんなこんなで年賀状を用意している時間がありません。頂いた方には申し訳けないですが今回は(も?)メール程度で勘弁してくだされ^^;。

そりでは本年もACCELを宜しくお願い申し上げます♪

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »