« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

MRC HORUS

出来の良い洋GKメーカーと言えば「ホライゾン」。同社商品の中でも屈指の出来と呼び声が高いのが「スターゲイト」の三体。ラーは言うに及ばずだが、付き従う格好のアヌビス・ホルスを含めた三位一体的な造型は神々しいと形容しても良いだろう。

スターゲイト・ファンの心理は判らないケド、少なくとも洋GKファン垂涎のレアキットです。この3体を今揃えるとなると結構な散財になると思うケド、実はリリース当時でも敷居が高かった(ホライゾンにしてはまぁまぁ珍しいレジン製ゆえ)。

Horizonstargateところで画像はその完成品で製作者はサイドショウの現クリエイティブ・ディレクター「トム・ギリランド」。氏は業界屈指の元ペインターでホライゾン製品のパッケージ用ペイントサンプルを多く手がけていた。この三体も同じくパッケージに使用された作例らしく、しかもディプリケーション素体という激レア品(中空の硬質レジン)。しかして怪物屋的には「そんなの関係無いもんネ」的な投売り価格だったワケです(笑)。その価格はざっと見積もっても自分が値付けする恐らく半額以下って太っ腹ぶり、しかし果たしてソレがお客さんに通じたかどうかは不明^^;。

因みに破損や塗装の劣化が有ったので、店長自ら補修&オーバーコートを施して更にレベルアップ。そしてガラスアクリル&天然木の無垢台セットと言う豪華しつらえ・・・って怪物屋でもココまでの完成品は記憶に無い。その場に有って周囲を圧するようなオーラを放つ完成品でしたヨ。

で、本題。

発売時期的にかぶっていた・・・かどうかは判らないケド、当時怪物屋(10年ほど前)の店頭にはこのホライゾン製キットと並んでMRC製の安価なモノも売っており、懐具合を鑑みて泣く泣くコッチで諌めた人も居た事と思う。

MRCの・・・ってったらプラモですな。しかもラーとアヌビスの二種のみと、なんとも片手落ちなラインナップ。その横に三つ揃いの傑作キットが置いてあるんで、価格差が天地だとしても誰が買うネン?と当時は思ったもんです。

その数年後、そんな事を思ってたなんてのもどこ吹く風、すっかりプラモ好きに変貌しちゃった自分はホライゾンよりもMRCを捜し求めてネットを徘徊・・・・ってのが二年ほど前の話。ホライゾンの三体が良いって認識は変わらないものの、プラモの醸し出すロートルチックな雰囲気もエエなぁ♪と気付いたワケです(笑)。「ホルスが無いなら作れば良い」って事でアヌビス二体をゲットして何時か三つ揃えにしてやろうと画策してました。

Hols1そしてソレを「実際に実行した人」と出会いましたヨ、ついこないだ。自分は夢想してるだけ、しかしこの人はソレをやっちゃったワケですよ。「ビバ!クラフトマン・シップ」です! なんつーか、エエですわぁコレ。ご本人はmixi内で活躍しているご様子なのでアカウントを持っている方は訪れてみては如何でしょう?「ポーラライツ通信」ってコミュではフィギュア系プラモ好きの方達が集っているそうなんで、周囲に「ソノ手の趣味人が居ないんス~」とお嘆きの貴兄にはもってこいかと。

因みにGKファンにはプラモ好きが多く潜んでます。特に海外は顕著で、著名なスカルプターやモデラーの中にはオーロラをリスペクト、彼らの創作熱の根源はソコに有るんだろうと思う事がシバシバです。例えば凄腕ペインターの「デビッド・フィッシャー」なんかは今や「プラモデルを作る人」って認識に自分の中では変わってます(笑)。

フィッシャーのプラモデルの作例は良いですよ~。なんか「愛」が有ると思うんだよね。GKを塗ってる時は「上手ぇなぁこの人」って感じだったんだけど、対象物がプラモだと情感がこもってる気がする・・・ってか作例が活き活きしてる風に見えるんだわ。「おもしれーなぁ」って思いながら作ってるんじゃないかと。

Hols2ともあれ、超絶モールドを目の当たりにしてもソレはソレと思えるようになりました。プラモはいろんな面でユルイと感じる分、作り手によって非常に差が出る素材でも有る。特にフィギュア系はソレが顕著だから面白いと思うんです。MRCアヌビス改造のホルスもそんな一品、マズは「好き」ってのが伝わって来る良い作例だと思いました。 グッジョブ!!

|

Devie & Pooch are available now!

DeviepoochPreparations of a mail order for overseas were regulated.
When you use a mail order, please access a mail order page of ACCEL HP.

ブログではまだ書いてませんでしたが、デヴィとポチの国内通販は先行して行ってます(本館で)。宜しければご利用ください。
尚、海外通販と国内通販ではお支払いの方法が違います。しかし例えば国内の方でも「ペイパル」をご利用希望の方は対応しますのでお気軽にお申しつけください。

ところで「国内でペイパル?」・・・あんまり馴染みが無いと思いますが、「クレジット決済」が可能って利点があります。自分みたいに個人の商取引で簡単かつオールマイティに使えるクレジット決済はこれくらいだと思うので、海外通販を期に導入しました。ペイパルについての詳細は当該ページを参照してくださいネ。

|

Information about a mail order for overseas.

I prepare a mail order for overseas of ModelKit " DEVIE&POOCH".
I wait for Paypal and the access certification of my main bank currently.
I think that the certification is over after a few days. In addition, I use EMS for dispatch.
Because I consider a mail order to be able to start after a few days, please look forward to it for a while.

Thank you.
Y.YATAKE / ACCEL

|

FOMA D902i

Fomad902i修理に出そうかどうしようか迷ってる最中、「コレやる」的に携帯を譲り受ける事数軒。真っ先に頂いた画像のを当面のメイン携帯にするとして、在庫があと2台もあったりします。「携帯なんて話せりゃエエねん」くらいにしか思ってないんでコレは凄く有り難いですヨ。こんだけ有れば10年は軽く持つかな?なんて(笑)。

以後ホンマにそれらを使うのかどうかはその時考えるとして、取り急ぎデータの移植をしてもらおうとDOCOMOショップへGO。ホント携帯音痴なんでFOMAカードやSDカードに電話帳登録するって頭が無かったんですな^^;。

「データ吸出し~変更機種への書込み」の待ち時間の間、実際の現行新機種でも見て時間をやり過ごす。「HPの画像で見るより実物はエエ感じやん?」・・・って完成品を確認してもらう時にあっしが毎度口にする台詞だ。

しっかし高い!みんな5万前後って、何時からこんなに高くなったんだ! 時代に取り残されてるオッサンは軽く眩暈を覚えましたヨ。「ナンでもカンでも機能をつけるからじゃ!」・・・そんな使いもしない機能に払う金など無いワケで、絶対新機種なんて買わねーぞ!と改めて思ったり。

因みにお亡くなりになったナイスな前携帯、実は一度もカメラを使いませんでした(チャンチャン♪笑)。

|

FOMA N702iD

一回ちょこっとだけ話すだけでバッテリーが切れる状態だったんで、外出中も在宅中も常に外部電源への有線だったウチの携帯。エエ加減にバッテリーを交換しようと思ってた矢先、充電ケーブルに足を引っ掻けてドンガラガッシャ~ン!・・・脊椎損傷です。

Foman702idと言うより中のケーブルが切れているので脊椎断裂か? まぁお亡くなりになったといって過言ではない状態で、現在は携帯を携帯していません。ご用の方は固定電話へのコール、もしくはPCへのメールをよろしくお願いします。

しっかし気に入ってたんだよなぁコレ。修理できないのか?そしてその場合は幾ら懸るのかを聞いて許容範囲なら直したいところ。機能的にはかなり不評だったようだけど、自分には充分・・・というか、余りある機能なんで^^;。逆に現行新機種の携帯はどれを見ても良いと思えない。過剰な機能に小洒落たデザイン、凄く嫌だ。(DOCOMOに限ればって話しだけど。)

ともあれちょっと間、携帯は不通なんで宜しくです。

追伸:携帯ってそんなに使ってないと思ってたんだけど、やっぱ無いと”非常に”不便ですなぁ^^;。

|

ヘブンズ・ドアを目指して!【2010WF冬・その4】

WF当日はメーカーさんや顧客さんとの打ち合わせが数軒あった。しかし正直ちょっと覚えきれてない^^;。最初から覚えられないだろうと予想はしてたので、その時が来たら電話してくれだのメールをよこせだのと言って逃げてます。
直近の仕事は覚えてるけど、「数週間~数ヶ月後から」とか「原型アップ後の塗装」って話はその時すれば良いと思ってたので。それらはどのみちゴーサインが出ないと動けない。また「いつか宜しく!」に至ってはいわゆる「面通し・顔つなぎ」だと割りきってマス。

しかしてソコは重要。仕事と言っても人との絡み無しには成り立たず、依頼する方も人となりが判った方が安心する。メールや電話だけでも仕事は出来るけど、その相手の顔を知って直接会話した事が有るか無いかってのは以降の引き合いにも繋がると。
実際その相手自身だけじゃなく、そこから派生するコネクションで仕事を振って貰っている場合も有るし、数年後に突発的な依頼が来ることも有る。だから自分はかなりその辺を重要視してマス。勿論クオリティ有りきだけど、人とのコミュニケーションの方がともすれば重要かもしれないなんて。

Wf2010win06・・・とか思ってると今回も寄ってくれました姫が!前回は「エル」のコス、そのクオリティとかカワユさに度肝を抜かれたんスが今回は更にキュート!か・かわゆすぎるやろ~夏目ちゃん! しっかしチョコレート工場長ってまたなんともキワモノを・・・って言ったら軽音堂さんに怒られるか? まぁとにかく可愛いし、びっちしハマってるそのクオリティは今回も健在。次はどんなコスで来てくれるのか今から相当楽しみです~♪ ってか人のキャラであろうと後ろについて回りたいよ俺は(←それだとタダの変態やん!まぁ基本そうやけども^^;。)
夏目ちゃんの美麗画像をもっと見たい人はコチラ

さて今回は、というか今回も、なんだけど思いのほか売れてくれたのが「エフ」。唯一完売御礼です。以前のネット通販でも真っ先に無くなってたし。エフの在庫は今回ので最後でした。私的にも売りやすく、またダーク系アイテムとして気に入ってるんで補充はしときたい。けど、コレだけの為に型を起こすにはボリュームが無さ過ぎる。またそれでは価格が合わないし。何より型を作っても、ソレで抜き切る量を用意すればコレ単品だけだと大量の在庫を抱えるのが明白だしねぇ。

分析するに、価格と大きさのお手頃感が今のご時世にマッチしてるんだろうと。「ならば当初から予定してた続編を早急に用意すれば全て解決ぢゃん!」ってな短絡思考で挑むつもり。実はパッケージのヘッダーまで既に出来ちゃってマス(しかも去年の夏あたりには。)

だったらサッサと作らんかい!てな話ではありますが、自分的にはバストモデルって単なるオマケ的な位置付けなんス。片手間でやるようなモノであって腰を据えて作るようなもんではないと。ソレが一番売れたってのには理由が有るんだろうけど、しかしやっぱフィギュアはフルスタイルでこそ!と思ってマス。
とはいえ5月には「米ワンダーフェスト」もあるんで「コンテスト作品&セル・キット」としても丁度良いかも知れない。チャッチャとやりたいとこですネ。

・・・てな感じでイロイロ大変だった、しかしやっぱ楽しいワンフェスが終了しました。今だ疲れを引きずっては居るけども、支払は済ませたし通常の作業にも戻ってます。この記事を書いてる間にも完成品を発送したし、お抱え仕事も今週から来週に掛けて終らせたい。とにかく前倒しで仕事をこなして行かないとあっと言う間に夏になっちゃうからねぇ。

やっぱ次回も7月ですか?む~ん、次こそ「新作完売しました!」を目指したい。しかも俺テイストで(無理ちゃう?笑) いやいや、「何時か開くさヘブンズ・ドア」の意気で頑張ろうと思ってマス。

(おしまい)

|

ヘルズゲート?【2010WF冬・その3】

「寝ずの作業でイベントを迎えるなんてのは軽い」と言ってもしんどいのはしんどい(笑)。しかしあと数時間後にはイベントが始まるし、なにより折角捻出してくれた「三時間」は有意義に使わないとネ・・・って事で部屋に入るなり早速デヴィを引っ張り出して彩色準備。

Wf2010win04「気持ちを切り替えてしきり直しだ!」と気合を入れ・・・って実はコレ、そんなに難しい事でも無かったり。と言うのも、「毎回恒例のイベント前夜のホテル仕上げ」に慣れちゃってるから^^;。なんなら最終仕上げに関してはホテルでの作業の方が効率良く、しかも気持ち良く出来るって~良いんだか悪いんだか判らない事になってる。

勿論コレは悪い。だって返せばスケジュール管理がグダグダだって事だから。それを繰り返す事で体得しちゃった事なんで、そうならなくて済むようにするのが正解。またソレが「頭を使う」って事だとも思うから。つまり怪物屋の店長も自分もアホって事ですな(笑)。

自分達はイベント前の修羅場をくぐり過ぎてる感が有る。「今回はアカンかも?」って状況を今までもなんとかしてきたもんだからキャパが広くなりすぎてるんじゃないかと。つまり鈍感になってるって話。ソコに生まれる「余裕」「自信」は結局「妄想」でしか無く、鈍いが故に「察知」が遅れるもんだからドン詰まる。

自分が数回に渡って新作を用意出来なかったのもこの鈍感さゆえ。こんな事をやってたらいつまで経っても同じところを回ってるだけだと思ったんで、今回はどうしても新作を出したかったんだよねぇ。

Wf2010win05思いのほか前日の塗装進行具合が良く、直感のみで色を置いたにしてはまぁまぁなところまでは来ています(家での作業で組み付けてのカラーバランスを確認していなかったのに)。後はいつもみたいに細部にエナメルを入れてエッジを立たせて行けば展示に耐えうるクォリティーにはなるわけで、所用時間としては1時間~1時間半って見積もり。

・・・のハズが相当キてました。手先がおぼつかない感じでなかなか筆が走りません。こりゃかなり疲れが溜まってるなぁとか思いつつもなんとか完成させました。結局「2時間半」懸りましたが^^;。

時間は朝の7:15、会場入りして設営準備をしなくてはイケナイ時間・・・なんだけど、実はあともう一仕事あったり。あまりにも時間が無かったから一切塗装が出来なかったんだけど、せめてグルーガンで組みたててあげないといけなかったのが怪物屋から預かってた「ヴァンピレラ」。ほんとならせめて目入れまでは済ませたかったなぁ。

ともあれマズ会場に入り荷物を受けてディーラー登録、自ブースに運び込んだ後に一旦ホテルに戻って、ヴァンピの組み立て。因みにこのヴァンピ、久々の良質洋GKで原型段階から見てました。かなり遅くなったけどキットがやっと届いたワケで、「怪物屋洋GK部門」での「今回の看板娘」的な立場でもあったワケです。

Wf2010winvampiまぁコレ、自分が塗る事になってるんでいずれブログで紹介する事になるでしょう。キットが欲しいって人は怪物屋で受注中との事なので問い合わせてみてください。二ードフルシングスのヴァンピで通じますヨ・・・てか、最近リリースのヴァンピレラと言えば洋GKではコレしか無いので。因みに当日持ちこんだキットは早々に売りきれたって話です。(画像は原型)

話は戻ります。簡単に組んだヴァンピを怪物屋に預け、自ブースに戻ったのが朝の9時。会場まで1時間で設営しないと間に合わない!・・・って言うほど実はテンパってるワケでなく、その時間が有れば急がなくても設営できる。実際に10分以上残して準備完了、「かかってこんかい!」てな具合ですヨ。

かかってきて欲しかったのに、いきなりマッタリしてたので「こりゃヤベェ」状態。ほんとディーラーダッシュに縁無いなぁウチ^^;。当日は終始そんな感じで「その1」に書いたような成果だったわけです。

しかし今回はかなり人と話が出来た印象有り。暇だからと言われればそれまでだけど、時間が経つにつれ焦燥感も無くなった。お客さんや取引先と対話をするうちに、イベントって売るのがメインなんだけど実はコミュニケーションの場でも有ると再確認。

なにかと差し入れを頂いたり、その人の趣味趣向の話しで盛りあがったりってのはやっぱとっても楽しいねぇ。折角の機会なんでお互いキットを買って「ハイ、サイナラ!」では無く、ついでにでも会話したほうが面白いぢゃん?「買わなくっても話だけでも良いっすよ」状態で、持ってきたキットの残数が頭から外れてた気配有りです(笑)。

今回の展示ではつい先ごろリリースになったRJB版インビジブル・ウーマンの塗装サンプルを置いてました。RJBさんのボックスアートと相俟って、かなり人を呼びこんでくれた感じ。合わせて豆魚雷さんにも訪れて頂き次回の話しをしてました。内容は・・・勿論まだ言えません(笑)。

あ、そうそうココでリンクを二軒ほど貼っておきます。当日豆魚雷さんの紹介でお会いする事が出来たのはブロガーの「りゅうさく」さん。デヴィは氏の「シンフル・レディー」の紹介記事を見た事から始まってマス。めっちゃエエライン出てますよ~コレ。

R★BOWENフェチ

それと氏のWF記事のコメント欄を見て驚いた。

痛んだ物体

この人、そのセレクトしているアイテムセンスが抜群です。映画評も独自の判断基準が有るようで、その上手い語り口調と相俟ってそうとう頭が良いなぁって印象。寄って頂いてたのなら話を聞ける良い機会だったのにと凄く残念・・・ってか、もしかして話しかけて頂いてたのかも^^;。

(つづく)

|

ヘルズゲート?【2010WF冬・その2】

自宅に迎えに来てくれたのが夜の7時、その待つ間に色んな人から交通情報が舞いこんで来ます。当日の天候による例えば新幹線のダイヤの遅れ、仕事で西宮方面に向かってる友人からの高速情報などなど。自身でもJARTICで一時間置きに近況をチェックするも、どうも北関東とか日本海側の交通規制が目立つ感じ。時間を追うごとにヤバそうな気配に焦りつつ、かといってコッチの状況も有り如何ともし難い的な^^;。

Wf2010win01出発後は祈りつつ、中でも最善と思える道程を選択するも・・・滋賀にハードルが有りましたヨ。原因は路面凍結によるものだろう事故で、その処理の為の「道路封鎖」。渋滞じゃ無くって「封鎖」ってのが最悪です。大津あたりで下に下りざるを得なかったワケだけど降りたら相当雪ですやん!

なんとチェーンを積んでなかった為にコリャ走れん!状態を打開すべく、既に閉店した近隣のオートバックスを開けさせて急遽襲撃、あまつさえ店員にチェーンを装着させるという暴挙を敢行したけど、そうじゃないと着けられへんでこんなん!というドライバーにあるまじき失態でした(男三人、雁首揃えての能無しブリ^^;。)

Wf2010win02タイヤハウスのクリアランスが狭い今どきの車に装着するチェーンって相当タイトですねぇ。しかもその構造が理解できないってな具合。店員さん曰く、「始めての人なら装着に軽く一時間はかかるかと・・・」ってマジ? それでも比較的簡単なものらしかった。

あの雪でぬかるんだ、しかも激寒で手がかじかんだ状態の自分達では一時間でも無理だったろうとの後日談。しかし店員さんは流石!10分も懸らず装着完了でした。いやぁその店員さんはホント有り難かったですよ。帰宅しようとしてたのにネぇ。オートバックス最高です!

雪道対策は完了したものの、しかし地道で高速に戻るまでにどれくらい時間が懸るのか?ってのが次の課題。取り急ぎナビの指示に従うも、更なる積雪地帯へといざなわれ挙句にその先も通行止め。進退極まりました。
その後Uターンするも同じ場所からは高速には乗れないのでさまよう事1時間強。そこで行き先を「幕張メッセ」から「ここからなら高速に復帰できるであろう」竜王I.Cへとナビへの指示を切りかえる事に。到着地点を幕張メッセにしてると、その通行止めになってる道を行けと指示が出ちゃうので^^;。

「ナビが到着しました」と言った場所は山奥の何にもないところでした。なんじゃココ?て事でナビを確認すると「竜王C.C」・・・インターチェンジは「I.C」、「C.C」はカントリークラブ・・・着きましたよゴルフ場に。「打ち間違えたネ」って事でソレをした怪物屋スタッフ「にーやん」こと藤井君は気の毒なほど落ちこむが、ソコに至る道程に有った竜王I.Cの看板をドライバーの店長も見過ごしてる。更にソレを判っていながら何も言わなかった自分もミスしてるわけですな。

何故自分が何も言わなかったかと言うと、勝手に「更に別の目的地に変更してるんだ」と勘違いしたから。問題はその事を確認しなかった事。みんな本来ミスらないであろう部分でことごとく失敗してしまうのは連日の過労と精神的な余裕の無さの何物でも無いけど、といってこのままでは幕張にはつかないので引き返します。

とはいえ引き返せば竜王I.Cが有るのは判っているので、ソコから高速に乗れればリカバリー出来ますな。問題は高速に復帰できるかどうか?って部分。インターチェンジが近づくにつれ、対向車の列が増えていく。どう言う事だろう?って思うケド、最悪の事態をみんな考えないようにしてたのは言うまでも無い。

さてインターチェンジに到着。高速に乗れる車とそうでない車とを係員が選り分けてます。色んな想像をしてしまいますなぁこんな時って。自分らの番が来たときに係員が言ったのは「向かう先は東京ですか?大阪ですか?」だった。「東京です」と答えると「どうぞ」って返答。

思わず「ヤッター!」って叫んじゃいましたヨ自分(笑)。

高速に乗れれば必ず到着するだろうって事です。それまで着かないんじゃないか?って皆思ってたハズなんで。後は何時に着くかって事だけど、最悪でも開場までに着けばなんとかなるって寸法。ナビに寄ると朝の6時過ぎには到着すると有るので、この後何も無ければ問題無しです。この時自分は既にホテルでの作業は諦めてたんだけど、店長はそうじゃ無かった様子。

因みに大阪に向かう車は自分たちが下ろされた原因の「通行止め」のおかげで大渋滞、ピクリとも動かない列が10数キロ連なってました。ともあれコッチは関ヶ原付近までは気が抜けず、その辺でチェーンを外したあとはペースアップで関東に向かいます。

Wf2010win03・・・おかげで静岡と神奈川の県境あたりで捕まる事に^^;。ほんと踏んだり蹴ったりなんだけど、ココまでの事を冷静に考えると実はそう悪く無いんじゃないか?って結論。
例えば一時間早く出発していたら事故による通行止めで下に下りる事も叶わなかったかもしれない、大阪方面行きの渋滞のように。チェーンを前もって用意していたら装着に一時間以上懸ってたかもしれない。買って試着してみるなんて時間的な余裕は無かったから。警察に捕まったんだけど、手続きが素早くモノの5分程で事を済ませてくれた。これが神奈川県警だったらどうだったか?・・・と言うより、警官によってはどうだったか?などなど。

店長曰く「負のスパイラル続き・・・」だとは同感なんだけど、その中にあっても最善の道筋で進行してると考えれば気は楽だ。総じて言えるのは「人が助けてくれる」って事。この日のこの出来事のことだけを言っているのでは無く、ウチや怪物屋の仕事の部分にしても、人の協力・助力でなんとかなってるなぁと。

まぁイロイロあったけどホテルには朝の4:15に到着、三時間の作業時間が捻出できたのはホント助かる。終始頑張って運転し続け、尚作業をしなくてはイケナイ店長は相当しんどかったと思う。しかしそこを乗り切る精神力とタフさは相当なもんですよ。また当日持ち込むキットの支払いが物量を考えれば如何に多額かは想像できると思う。今回は売れなきゃ屋台骨を揺るがす的にマズイ状況に追いやられるってほどの大勝負、だから気を張ってたのかもしれないね。

それを思えば自分なんて楽なモノ、寝ずの作業でイベントを迎えるなんてのは軽いです。

(つづく)

|

ヘルズゲート?【2010WF冬・その1】

Wf2010windevie皆さんお疲れ様でした!当方のキットを購入頂いたお客様にはホント感謝です~。この不況の折ですがお蔭様で支障なく支払いが出来る、なんとも有り難い事です~♪

で、なんでタイトルがそんなだ?って事ですね^^;。

「Devie」お買い上げのお客様には判ると思いますが、インストにちょっとした記述をしておきました。その前提でココでちょいフォローさせて頂きますネ。まずインストの記述ミスから。かなりテンパリ状態でのインスト作成だったのでチェックする事も無くプリントアウト、封入しました。
わけのわからん文面だと思いますが、その最後の方でヘブンズドアか「デモンズゲート」ってくだりがあると思います。天国に対して地獄ってんなら「デモンズ」でなく「ヘル」だろうと遅れ馳せながら気付き、ココでは修正したタイトルで始めてます。

上述のくだりはつまり売上に対しての意図があり書きました。で、今回は思ったように行かなかったと言う事でこんなタイトルです。

が、しかし!そう見えて内心では「今回も良かったなぁ♪」って思ってマス(いや、ホントに強がりでは無く。笑)
少なくとも支払いに対して赤字になる事が無いだけの購入者が居てくれたわけだし、その中には遠方から駆け付けてくれたお客さんも少なからず居たワケです。それをして「地獄」だとは思わないですよ。今回の新作のテイストや造型に対しても自分的には満足しており、限られた時間内で全力を尽くしたもんなので悔いも無いです。

実はデヴィ製作中に「今回のはイケルぞ!行列ができて瞬殺かも♪」なんて事も思ってました(笑)。検討が外れたってのは自分の感覚がズレてるからだと分析できるし、その結果が出た今でも相変わらずイケてると思ってる自分が居ます。デヴィは単純に自分の実力以上の造型が成されていると思うんだよね。

それではその他モロモロの当日界隈の話をば。

去年末に商業原型を上げた後に今回WF用の原型に取りかかったワケだけど、最初はデヴィじゃなかったんですヨ。同サイズのまるで別のモノを作るつもりでした。ソレを弄り出して2週間たったくらいに完成形が見えてきて、「あと一ヶ月は懸るぞコリャ・・・」てな事で「保留」としました。

Wf2010windevie01そこから方向変換して出来たのが今回の新作。イメージを固めるのにこれまた二週間懸り、同じく完成形が見えてくるとコレマタ時間が懸りそうな気配。しかしこの期に及んでの変更はもう利かないので圧し進めます。抜きに回す1週間前の状態が画像のモノ。
作業的には半分まで来てるか否か?のように見えて、心的な進行具合はこの段階で70~80%終了なんス。それ程この段階に至るまでの比重が重いと自分は考えてる。

Wf2010windevie02そして次の画像が抜きに回す2日前の状態。ココで喜久屋の大将に見て頂き、分割について聞いてみた。やはり大将も「出来るのかコレ?」てな具合だったけど、以降の作業はそれほど重要な部分では無いと思ってたんで「勿論!」と自信満々で答える。

結果、約束の時間に三時間ほど遅れたけど完成させました。・・・まぁだから「粗いんだ」と言われればそうだけども^^;。でもね、ココから1週間掛けたところでそんなに印象は変わらないハズなんだよね。限られた時間なんだったらソコに時間を掛けるより、イメージを固める作業に時間を割く方が良いと思うし。

ところでそんな詰まってる時期にややこしい事が・・・。喜久屋になんとか納品日の遅延を交渉しに行った日(納品一週間前)に車と接触。で、「前のこの記事」って顛末でした(笑)。

自転車はいわば病院送りなんだけど、自身は右肘と右膝のズル剥け程度。レントゲンで骨にも異常は無くって事だったんで作業続行です。しかし右肘をかばいながらの作業はケッコウしんどかったですヨ。

さてそんなこんなで抜きあがったデヴィ、配送に間に合わせる為に直接「喜久屋」で箱詰めです。大将にも手伝わせるハメとなったけど無事送りだしに間に合ったというドタバタぶり。しっかしナンボほど人に迷惑掛けてるんでしょうか自分は^^;。それでも嫌がらずに応援してくれる喜久屋には毎度の事ながらめっちゃ感謝!

それと直接の配送にあたっては尽力頂いた友人にも感謝せねばなりませぬ。彼が居なかったら後の塗装作業の時間が捻出できなかったかもしれません。もうこの際って事で考えつく限りのコネクションを利用してますネ、しかも無償で^^;。

WF前日あたりの事は前の記事を参照頂くとして、問題は自身の「千葉入り」に関して。コレは自分だけの問題では無く「怪物屋」も同じくなんス。

毎回ワンフェスには怪物屋との乗り合いで行きます。怪物屋の惨状は向こうのブログで見て頂くとして、自分以上に修羅場なもんだから予定の出発時刻は遅れて行きます。出発時間は完成品の進行具合によって決定されるわけで、怪物屋の店長の塗装がある程度のところまで来ないと出られないんですよねぇ。

ホテルで作業するにしても、せめてラッカー塗装のパートは終っていないと無理なんです。自分がそのパートを何とか終らせたのは正午、店長は夕方の6時ごろかな? 怪物屋はモノがデカイ上にその日にもって行く販売物の積みこみ作業も有るのでどうしても時間が懸ってしまいます。しかしその量たるや相当なもので、普通なら絶対不可能ってスケジュール進行で行ってますヨ。さながらその光景は「阿鼻叫喚の地獄絵図」ってとこでしょう^^;。

まぁそんな時間に出発したとして、深夜の3時くらいまでにホテルに入る事ができたらなんとかなります・・・てか、余裕ぢゃン?てな具合。でも今回ばかりは「そうは問屋が卸さない」って事態が立て続きます。

(つづく)

|

WF用原型<その5>

Deviepaint01昨晩から塗りに入ったデヴィ、お昼12時現在の状態でっす。なんとかハンドピースでの工程は終らせました~。後は今晩のホテル内作業を経てあす会場入りって段取り。はぁ~ココまで来たら自分的には完成したも同然、凄く気が楽になりましたヨ^^;。

さーて自分はこれから荷物をまとめてイザ東京・・・じゃなくて千葉か(笑)。ってその前に怪物屋の方は大丈夫なんかな?ココ最近では究極の修羅場っぽかったからなぁ。

ともあれ7日は会場でお待ちしてます。よろしく~♪


|

WF用原型<その4>

Devtsassembleやっとこさ組みあがる。そしてこれから塗装・・・って出発明日やし!もう毎度の事ながらシンドイっす~^^;。コレに関しちゃなんとかなると思うけども、しかし出来れば三日・・・いやせめて二日は欲しかった。

出発前にあと一回更新!・・・できたら良いんだけどねぇ。頑張ります!

|

ブログの見え方

知らんうちに変わっていた見え方を元に戻しました。「概要表示+続きを読む」形式は自分で見ててもうっとおしかったんで。同じくココログを使ってる人で、「前の方が良かったのに・・・」って人は設定を変えましょう。変更方法はコチラ

うーん、やっぱこの見え方の方がしっくり来るねぇ。

|

WF用原型<その3>

Devietestshotテストショットです~・・・が、しかし組んでる時間が無い^^;。

いま何をやってるかと言えばモチロン塗装です。この時期に頂く依頼ってのは、やはり「WFに合わせて」。原型でも商業ならばソレはお仕事ですが、塗装に関してはほぼ全てがお仕事になる。自分が趣味で作ってるようなオリジナルの原型と比べるならば、塗装依頼の仕事の方が優先順位が高いのは言うまでもありません。

って事でかなり詰まって来ましたよ~、なんかドキドキしてきた^^;。塗装依頼分は何がなんでも間に合わせるんスが、自分の方の準備がどうなるのか?と。

そんなドキドキから逃避するかのように本館を更新しておきました(笑)。以降の本館更新はまぁ無いですが、できるだけブログの方は時間を見て・・・出来るだろうか?

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »