« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

SCI-FI REVOLTECH #001 ALIEN

Revoltechalien01いよいよ発売になる「特撮リボルテック」、明日ですねぇ。今後を占うしょっぱな、「切り込み隊長の一翼」として抜擢されたアイテムの原型をやらせて頂きましたヨ~。

原型っても去年・一昨年あたりの「リボ・エキスポ」で展示されてた27センチくらいの無可動モデルが自分の仕事。ソレを元に縮小、そこからリボ化&リファインしたのが「松本栄一郎」氏で海洋堂の社員さんです。正味 現状の製品レベルまでに引き上げたのは彼の手腕に寄るところが大きい。製品については他でイロイロ書いてくれてるようなので、ココでは製作サイドの話と彼について書いておこうと思います。

原型の話が来たのはかなり前で、納品したのも同じく。どれくらい前かってーとRAHやメディコムのアナウンスも無かった頃と言えば判るかな? 海洋堂と言えばその年から色んな難事が有ったのは周知だと思うけど、その辺を乗り越えての今回のリリースなんで「感慨ひとしお」ってところです。ぶっちゃけ「お蔵入り」だと思ってたし^^;。

このたび晴れて日の目を見る事になったんだけど、その間の数年を寝かせてただけじゃなかったようです。すんばらしいエイリアンに変化してて正直驚きました。見比べた事が有る人がどう思うか判らないんスけど、作った人間には一目瞭然「・・・まるで新造に近い」て感想。しかも自分が作ったモノより数段良い。凹むってーの(笑)。

箱には有り難くも自分の名前が明記されてるものの、「協力ってトコだな・・・」と思ってるので心置きなく誉めますよ♪

エイリアン(ビッグチャップ)は人によって好きなフォルムってのが案外違うアイテムです。とにかく鋭利でシャープなシルエットを好む人、着ぐるみ感を重視する人、とにかくギーガー信者など。なので誰もが認める決定版というのが無く、ソレは以降も変わらないんだろうと思います。そうなると作り手としては何処に照準を置いて作るか?ってのを定められないんですな。なので己の好きなフォルムを追求する事にしました。

Revoltechalien03「自分がやるならコレを目指します」とクライアント(海洋堂)に提示したのが「MPCエイリアン」(笑)。そのパッケージをコレから作るエイリアンのイメージフォルムとして捉えますって方針。コレには担当者ならびにセンムも快諾、さすが往年のモデラー出身者だけあって意図が伝わるのが早いです。

言葉で表現するなら「頭でっかく、短足気味、肩幅狭めでヌボーっとたってる風」です。小頭のスラッと系は自分の選択肢には無く、塗装の邪魔になる雑多なモールドも極力排除、プラモデルでも出せるくらいな「シンプル・イズ・ザ・ベスト」なのが自分の理想なんですよ。ソレがリボに向いてるかどうかを考えるのではなく「GKでこんなん有ったら嬉しいな」ってのを作って行きます。当然ココでも塗装で見せる為の原型製作ってのが基本。

Revoltechalien02画像はそんな感じで作ったモノ。ここまで来たらあとはソッチで好きにしてって感じで放り投げます(笑)。そこで登場するのがアレンジャーの「松本栄一郎」氏。彼も恐らく自分なりのエイリアン像を持っているんだと思う。でないとこの原型から製品に至るまでのリファインは出来ないと思うので。

そのリファインっぷりは「見事!」の一言、神経が隅々にまで行き届いてるし徹底している。その可動用分割も秀逸だと思うケド、出来れば30センチクラスの無可動モデルで見たかったって~のが本心。エイリアンのフィギュアは今までも多く出てるし、近年のクォリティーの高さは皆さんご存知だと思う。でも造形的には当モデルが屈指だと自分は思うんだけどどうだろう?

「アクションフィギュアで安くって、そのワリに造形もまぁまぁイケてる」・・・と評されそうなリボ・エイリアンだけど、実はコレを超えるエイリアン・フィギュアなんてGKも含めて今のところは出ていないって思ってる。全てのバランスに均整が取れ、ライン出しもフィギュア的には完璧。

自分が作った原型のままではこうはいかなかったろうって部分で嫉妬に近いものを感じるけど、おかげで見えた部分も有る。良くも悪くもリボルテック・・・その部分においてやはり造形というよりはトイなんだね。次に自分が作ることが有れば更にイケるな、とニンマリしながらもアレンジャーって紹介の松本氏の次回作にも期待している。

というのも、氏は海洋堂の造形を専従してやってる原型師(社内外問わず)の中でもトップクラスの人達と肩を並べられる造形センスを持っていると思うから。ここで言う自分が思うトップクラスの原型師ってのは松村・香川・大嶋の三名で、この三人は国内原型師の中でもひときわ上手い。つまりソレほど自分は彼を買っているって事ですネ。

海洋堂が彼をどんな使い方をするのかにも寄るけれど、いずれ名前が出てくる人だろうと思います。ともあれそんなリボ・エイリアン、買っといて損は無いと思うので是非!

|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »