« SCI-FI REVOLTECH #001 ALIEN | トップページ | ROMMEL's ROD & EYE GONE WILD »

エドロスのキャラクター

Edrothp_model再版ラッシュの影響か、はたまたデフレが原因か・・・ともあれプラモの相場が崩れてきている昨今だけど、とはいえトータルだと安く見積もっても万超えの散財を覚悟しないと入手できないアイテム。ちょっとした仕事の報酬って事で、焼肉をご馳走になりつつ頂いちゃいましたヨ。なんか海老で鯛を釣ってしまった感バリバリ^^;、ラッキーです♪おかげでくすぶり程度だったプラモ熱が再燃しつつある今日この頃。

しっかし洋プラはホンマにエエですねぇ。因みに画像のプラモはタカラから発売されてたわけだけど中身はレベルの再版です。ガンプラが流行ってた時代、こんなのを出してたって~タカラはナイス!さらにそれを当時買ってたって~元所有者もええセンスしてますねぇ。だって年代を考えたらその友人は中学生だったハズなので。自分はと言えばガンプラを買い漁る側、センスの欠片もありません^^;。

ご存知の方なら判ると思うんだけど、ご覧の通り一個足りません。折角なんで何処ぞで入手しようと考えたんスが・・・見つからないわ、有っても高いわで思考を切りかえる事に。取り急ぎは静観しとくつもりだけど、足りない「ガガ」では無く本家の「DRAGNUT」でイイやて感じ。作ったら同じだし、そっちの方が安かったりするので。

ツカ最近の再版ラッシュの流れでこの辺も再版されてくれんやろか?特にこれらの後続のラインナップのが、とてもじゃないけど手が出る金額じゃないから。

・・・ってーのも最近になってメビウスがオーロラのワンダーウーマンやコンフェデレート・ライダーなんつーレア・アイテムを再版、気分的に盛りあがります。またモノグラムからもロンメルズ・ロッドなんつー指を咥えて見てるしかなかったもんが再版されたりと良い流れになってきた。このノリで往年の入手困難アイテムが続々と出てくれると財布の紐も緩んじゃうよね?
Edrothzuzuさてそれでは各キットのショットと共に駄文をば。

「おとぼけモンスター」ってシリーズ名もどうかと思うが、なんで名称がこうなったのか?ってのを聞いてみたい(笑)。取り敢えずインパクトは強いし日本に置いてはニッチな商品と言えるのではないか?そんなアイテムが今になって結構な価値になってるってのはプラモに限った事ではないが、当時のダダ余りっぷりを聞くにつけ見逃してる事の多さに辟易してしまう。

とはいえソレを言い出すとキリが無く、数十年も保持し続ける事を考えるのならばプレミア価格でも「欲しい時に買う」ってのは正解なのかもしれない。ただその価格があまりにも高額だと作ってナンボのものがコレクターズ・アイテム化してしまう。そういうつもりで収集する人ならイザ知らず、作る人間にしてみれば腰が引けてしまうもんでも有る。

作る作らないは置いとくとしても、自分の購入動機は「作りたい」なのでそんな理由からプラモに万を出すつもりは無い。せいぜいが上限で4~5千円までと決めている。それ以上となると余程のアイテムだが、そう思うアイテムってのは相場で2~4万以上・・・はなっから入手不可能なわけです^^;。

Edrothgege例えばこの「おとぼけモンスター」の場合、自分が出せる金額は4つ揃いでも¥16,000前後まで。レベルの再版分ならそれくらいで収まるハズだから(このパッケージで無いとアカンって人には論外な話だろうけども)。

「タカラ」のこれらが「レベル・オリジナル」の何に当たるのかは下記の通り。初版はRevell社より半世紀も前にリリースされたものなんだけど、借りてる手元の資料本には14年前の海外相場なんてのも掲載しているので併せて紹介していこう。

No.1 ガガ・・・Drag Nut(150USD)
No.2 ズズ・・・Mother's Worry(65USD)
No.3 ゲゲ・・・MR.GASSER(140USD)
No.4 ギギ・・・Brother RatFink(65USD)

※なお価格は14年前の初版BOXの場合の海外相場。タカラ再版分の相場ではありません。

プレミア値ってのは「希少性」が根本に有るワケで、だから海外相場と国内相場は全く違いますね。流通量とソレに対する人気度が反比例している程に価格が高く、更に社会情勢も絡んで来る。尚これまでにどれだけ再版が懸ったかってのも関係してくるだろうし、国民性なんてのも関係有るだろう。なので上記した価格ってのは参考にならない(全くではないが・・・)。

Edrothgigi社会情勢がどう関係あるのか?というと、皆が金を持ってれば財布の紐は緩むでしょ?欲しいもんに注ぎ込める時期なら相場は高くなり、今みたいに市場が冷え込んでる時期には下落する。つまり円高も相俟って資金の有る人なら「今こそ買時」では?と。ただし日本国内からではなく米国からね。しかしその場合は「1箇所からまとめて」って買い方でないと送料がバカにならない。中途半端なアイテムだと却って割高になってしまうのは言うまでも無い(言ってるけど)。

国民性って部分で言えば、例えば米国と日本では趣味趣向が異なるって話。日本人とアメリカ人ではその文化の違いから欲しいモノに違いが出てくるってのは想像できると思う。
先に述べたようにプレミア値の相場は供給量に対する需要がどれだけあるのかによって変わってくるので、よって海外相場と国内相場に違いが出てくるのは当然。つまり国内垂涎のアイテムが海外では安いってのがまま有り、その逆も然り。

そんな事を考えて、日本国内で買うにしても提示されている金額が妥当かどうかを考えて購入すれば損はないかと。

しかしコレはあくまでもコレクターズアイテムとして考えた場合の買い方って事で、そのモノが欲しいと思ったのなら少々高くても出せる金額を出すってのは間違いではない。だって自分の欲求に見合った金額を支払うって話しなんだから。

コレってレアGKでも同じ事。いま下落した価格のモノを昔に高額で買ってたからといって損をした気分になってる人もいると思う。でもその時はその金額で買ってOKだと思ったんだろうし何よりGETできて嬉しかったハズ、だったらエエんでない?って事なんだよね。昔の散財を数年経って嘆くなんて精神衛生上 良くないと思うし(笑)。

自分にもそんなアイテムが有って、どちらかって~とそのバカっぷりをネタにして笑い話にしています。そういうのを何度も経験してるから欲しいと思ったモノにスグ飛びつくって事はなくなりました。
数年経っても欲しいものってのはホンマに欲しいものなんで買って良し。で、そう思ってれば意外とリーズナブルな価格で入手できるって実感してます。
・・・と自分の主観で相場とか語ってみたけど間違ってる?まぁ間違っててもそんな見方でしか今は買い物をするつもりは無いんだけど(笑)。

Edrothgk01最後にエドロス本人のGKを紹介しときます。ジミーフリントストーンって洋GKディーラーがあんだけど、ここのGKはとにかく安い!出来はそれなりでザックリとイキオイ任せでつくる感じのディーラーさんです。毎回米ワンダーフェストに卓を出してて、その展示の仕方が「産廃?」てな雰囲気で楽しい(宝探しみたいなんだよね)。

中にはその価格にしてはエエのんが有って見逃せなかったりするんスが、このエド・ロス本人のGKもそんな一つ。怪物屋で¥2,000で売ってますヨ(残数僅か)。1/6のレジンキットがこの価格!有り得ないスねぇ。

Edrothgk02同じくエドロス本人のGKでは「ジジイバージョン」のも有ったらしいが、ソッチはなぜか人気が高く早々に売りきれたとか?
因みにこのGK、ちゃんと版権を取ってる「正規品」らしいです。洋GKでは珍しいですねぇ。

なんかハイモールドで出来の良いGKに飽きちゃってるのか、作る楽さを考えたらプラモとかGKでもユルめの造型物に魅力を感じてしまいます。この辺は行ったり来たりするんだけど、その時のバイオリズムが自分の原型製作にも影響する。プラモを好きで買ってるのは間違いないが、自分の場合は案外そういった面の比重が大きいのかもしれないですね。

ところで自分が買ったこのエドロスGKは「B品」です。本来はベースに目玉のクリーチャーが這っているんだけどそのパーツが有りません。無ければ作れば良いって事も有るケド、スタッフ的な人間がまともな商品を抑えちゃアカンやろーと(・・・って実は更にお安かったってのは秘密です。笑)

|

« SCI-FI REVOLTECH #001 ALIEN | トップページ | ROMMEL's ROD & EYE GONE WILD »