« AMAZING VEHICULAR MODELER #02 | トップページ | 怪物屋が帰ってきたヨ。 »

AFM #46

Afm4601前記事で「おしまい」と書いたけど、あんまりにもスンバラシイ同系の作例が有ったんでオマケでもう一冊。AFM#46は「ウェアウルフ」の特集号、それらの作例中で私的ピカイチな作例がビークル系でした。やっぱデビット・フィッシャーはちゃいますわぁ♪

・・・と、ソノ前にこの号の宣伝をちょっと(笑)。マジックスカルプやマジックスムースの日本の代理店で有るホライジング(販売は大プラ)の代表Tさんはゴジラやネイチャー系・コング系造型物の大ファンです。それが高じてGKリリースもしてるんですが、その辺でも怪物屋とタッグを組んでます。そんな同社リリースの「ダイア・ウルフ」の作例が巻頭に掲載されてるので是非見たってください。1/6サイズの「三頭だて」が驚きの2万とちょっと(・・・だったと思う。値段忘れた^^;。) 怪物屋に在庫が有るハズなんで琴線に触れる人は問い合わせたってくださいネ。店長監修で妥協無し、めっちゃエエ出来ですよ~。

Afm4602では本題。

オーロラ/ポーラライツのモンスタービークルのラインナップ中、屈指の「うそ~ん」な出来の一つがウルフマンズ・ワゴン。比肩するのがフランケンシュタインズ・フリバーで、どっこいって感じなのがマミーズ・チャリオット。対してドラキュラズ・ドラッグスターとキングコングズ・スローンスターって出来の良いのが有り、最高峰がゴジラズ・ゴーカート・・・ってのが自分の評価です。

そんなウルフマンズ・ワゴン、同じモチーフなのにこの人がアプローチするとこうなるか!メチャクチャええやんかいさ! ノスフェラトゥ・コーチ(前記事参照)もGKで有ったらなぁって思ったけど、このウルフマンズ・ワゴンは輪をかけてイイ。こんなん見せられたら次も期待しちゃうよねぇ?なんならこの流れでもっとイロイロ見たいですよ・・・って単純にファン化してるな自分^^;。

Afm4603さて使用キットは・・・入ってますねポーラライツのスナップ・ドラッギン(Boss Austin)。ガフさんのフー・フィンクで使ったのと種類は違うようだけど、タイヤ&ホイールは共通? 「ここのパーツ取り」目的ならこのシリーズの何を使ってもOKなのか?因みにAVM#02でのフィッシャー作例「ノスフェラトゥ・コーチ」でもタイヤ・ホイールはコレ、つまりこの系やるならこのキットって必須っぽそう。
あとはアーテル再販のリル・ジプシーワゴンに狼男がサイドショウのディフォルメ・・・って選択がやはり良い! てか、一連のリル系ショーロッドがこういったもんにぴったり来るってんならイロイロ買っとくべきかな?なんて思っちゃいますね(ジョージ・バリスやトム・ダニエルのソノ手のやつとかも)。そのキット自体にはそんなに魅力を感じないのでスルーしてるんだけど、そんな意味でのストックって発想は無かったなぁ。

しっかしこーゆーの見てると自分の今やってる事が「こんな事でエエのか?」って気になってきます。ま、とにかく凄く良い作例なんで是非見てみて~。

Snapdragginsbadboy01追記:
・・・って事で結局GETしましたスナップ・ドラッギン。しかしコレ、タイヤ取る為だけにキットを潰すのは勿体無い気が^^;。なのでこのタイヤを使う時はレジンに振りかえるな、きっと。「俺って貧乏性だなぁ・・・」と思う反面、しかし複製するならもう一台買えるくらいの出費だなぁとか。ただ何回も使うなら買うより安いんだけどね。

ところでこのキット名はBAD BOY、’55CHEVYアレンジのホットロッドなんだけどかっちょ良いですねぇ55シェビーって。 気になったんで検索してみたんですが、コレのピックアップとか相当イイ。プラモでも車とかには興味無いし、作る気もサラサラって感じなんだけど、コレを弄るなら参考に買っといた方が良いような気も・・・。
ってのもこのスナップドラッギンのシリーズ、車内が全く無いんです。何かしらのキャラを組み合わせるのならオープンにする必要が有るんだけどそうすると車内が丸見え、誤魔化すにしても元が判ってないとヤリ様が無いって感じ(まぁソレはいずれって事で)。

Snapdragginsbadboy02問題のタイヤ&ホイールもご覧の通り、きっちりヒシャげてます(笑)。しかも前後輪ともにってのが嬉しい限り、コレらをアンバランスに配置すれば相当バタバタ感が出せるんじゃないかと。なーんかコレ見てると趣味的に作りたくなってきます(残念!)。

|

« AMAZING VEHICULAR MODELER #02 | トップページ | 怪物屋が帰ってきたヨ。 »