« AMAZING VEHICULAR MODELER #01 | トップページ | AFM #46 »

AMAZING VEHICULAR MODELER #02

Avm0201アメージング・フィギュア・モデラーでは無くアメージング・ビークラー・モデラー・・・もう判ったって? 2号の紹介でーす。1号が2004年、この2号の発行が2006年と相当なローペースです。しかもその後が出ていない。「もうヤランのちゃう?」と言う悲しい噂もチラホラしてますが、テリーさんには気張ってほしいなぁと遠方から想いを込めて(笑)。

表紙はGKの作例、リンカーン・フーツラ改のTV版バットモービルです。作例を見るに元々シンドそうな出来のGK(ジミーフリントストーン製)にケッコウ手を入れてる感じ。アフターパーツになるのかな?などを流用してリファインしています。

Avm0202さて中身。マズは前記事で書いてたガフさんの作例から。タイトルは「フー・フィンク」。グッドアイデア&ハイスキル&ハラショーセンスな逸品です。エドロス的フーマンチューがバリスデザインの車に乗ってます(笑)。使用キットはキャラをレベルの「マザーズ・ウォリー」、乗り物をアーテルの「リックシャ」。
いくらショーカーだっつってもこんな車のプラモは買わね~って思ってたんスが、このキャラ設定で行くならコレほどハマル車もなかろうと。組み合わせの妙とスキルレベルの高さから、まるで最初からこんなキットだったかのように見えますね。ガフさんの料理の腕が如何に良いかが判ると共に、そのキット選択のセンスの良さも伺えます。

Avm0203ところで前記事で書いた「どうやってんのコレ?」な加工について。本記事を見て氷解しましたヨ。実はもう一個キットをつぶしてます。ポーラライツのスナップ・ドラッギン「マングリア」・・・のリアタイア&ホイールのみ使用なんスが、このセレクトがもうGOOD! コミカルにホットロッドを演出するには必須と思える湾曲タイヤ、そんな表現がされてるキットってあんま無いと思うんです。仮に作るにしてもホイールは相当シンドイんで流用出来るんなら超時短になりますネ。

自分が疑問に思ってた加工部分ってココだったんス。画像の「6」を見てください、無加工で既にエエ感じになってますやん!こりゃホイールとタイヤの為だけにこのキットを購入するのも有りですよね? こんな流用っぷりは自分なりの完成イメージがきっちり無いとなかなか出きるもんじゃ無い。あとケッコウ色んなキットも見てないとねぇ。
ソノ他にもツボを抑えた加工法などが載ってて、この記事だけでもこの本買う価値有ると思いますヨ・・・ってか、ソノ他にもこの号には見所が満載ですが。

Avm0204次はやっぱ上手いぜデビット・フィッシャー! なんつーか加工・塗装・配色は言うに及ばずソレらを巧みにまとめあげるセンスなど、どれをとっても一級品。この手の作例をやらせたら最強ぢゃね?て感じです。ソコかしこに品が漂う作例は、好みが分かれるのかもだけど自分は凄く好き。完成品屋ってんならやっぱこのレベルのもんを常に提供できないとアカンなぁと目からウロコです。コレがGKとかで有ったら絶対買ってるんだろーなぁ・・・ツカ、自分で一からこの位のモンを作れないとアカンかな?^^;。

完成品屋って世間的にはマイナー職業なイメージだけど、フィッシャーの作例見てると救われますネ。実際は原型を作るよりも多くの知識と多彩なスキルが必要なんだと彼の作例を見れば判るもの。「原型」は狭窄的に、ゆえに深く造型を追及するのに対して広い視野と多くの技術・素材を取りこんで仕立て上げるのが完成品・・・だと思う。ベクトルが違うってだけで、どちらが上でも下でもない・・・ハズなんだけどねぇ。「プロの原型師になりたんです!」ってのは良く聞くが、「最高のフィニッシャーになりたいんです!」ってのはあんま聞かないなぁ^^;。
ともあれ「最終的に作品を仕上げる」って事で考えればどちらもこなせた方が良いのは間違い無いです。因みにフィッシャーはどっちも出来る人ですヨ。

Avm0205次はGKですが・・・これエエねん!実物を見ればレジンの塊的なキットなんだけどネ。つまりその量感がエエんですわ。またそのディフォルメ具合も頃合いが良く、作り過ぎてない感じも好感度大。こういうキットこそ実は塗装の腕の見せ所、センスを問われる造型物です。ベースを含めた見せ方なんかも重要で、機会が有れば是非やってみたい(こんなんプラモで出てくれんかのう・・・)。

そんでは最後にこの本に掲載されてる使用キットを前回と同様に列挙してみる。

①アオシマ「インターセプター」(マッドマックス)
②ポーラライツ「バットサイクル」(TV版)
③モノグラム「ビアワゴン」を毒物運搬車仕様に(笑)。
④フィッシャー作例「ノスフェラトゥ・コーチ」最高です!
⑤レベル「ミステリオン」と「スカッツ・フィンク」
⑥ホットロッド・バットマンのGK、めっちゃエエ!
⑦アーテル「モンキーモービル」ビンテージぽ^^;。
⑧ガフさんの作例「フー・フィンク」、最高!
⑨マミーマシンとスネークバイトで「イム・ホ・トラック」。意外にイイ!
⑩アーテル「ジョリーロジャー」。このキット欲っしいわぁ。
⑪アーテル「ファイアーボール」
⑫GK・ジミーフリントストーン「バットモービル(TV版)」をリファイン
⑬GK・XOファクト「フライング・キャブ」(フィフス・エレメント)

AFM本誌でもプラモの作例をやる時には惜しげも無くヴィンテージを使うその心意気、ステキです。作ってナンボの模型だもんネ。さて今号は作例が前号より一つ少ないんですが、逆に内容は大幅に充実している印象を受けます。フィッシャーやガフさんの作例が飛び抜けて良いですが魅力的なアイテムも多数掲載、次号のアナウンスが無いのが残念だけど希望は持ってようと思います。

って事で自分が良く見る模型雑誌の特集でした~・・・ってそんな括りやったっけ?(笑)。

おしまい。

|

« AMAZING VEHICULAR MODELER #01 | トップページ | AFM #46 »