« THAILAND | トップページ | 2010WF夏 »

卓番は「2-27-01」ですよ~(しつこい?)

今夏のWFは一島を借り切っての共同卓と前記事で書いたけど、怪物屋とACCELの他は何?って事でご紹介。工場紹介を別ページで用意したTRIMSは「レジン製の彩色済みキット」を製作するトコで、ソレを日本国内で販売するのが「トリムス・ジャパン」。WFでは日本人スタッフがお出迎えです。因みにこの日本人スタッフ、自身の彩色の腕もナカナカ凄ス!ですよ。

さてその「彩色済みキット」、キットなので購入後に自分で組みたてる必要の有るアイテムもあります。たとえば「大魔神」なんかは台座にブッ差すだけなので不用だけど、その他のアイテムなんかは「接着」が必要。
ソコで登場「ホライジング」です。マジスカは既にユーザーも多いのでご存知かと思いますが、同社製品で「マジック・スムース」ってのが有ります。エポキシ接着剤なんだけどコレ、粘度が高めで硬化時間も遅い。使った事が有る人もその部分で「使いにくい」と感じる人は少なく無いかも?
しかしそうなのには理由が有るのでちょいフォロー。例えば「瞬間接着エポパテ」なるものが市販されてるケド、コレって強度的に非常に脆くエポ接としての役割は殆どナッシング。自分が完成品でコレを使うのは、その透明度とやはりその硬化の早さからエイリアンのキャノピー接着時のみ。しかもその後に瞬間接着材でフォローしないと絶対に外れます。
この例は極端ですが、つまりエポ接としての強度を得る為には相応の硬化時間をかけてやる必要が有るワケで、自分的には最低でも3~4時間の硬化時間が必要なモノでないと・・・と思ってる。そしてこの「マジック・スムース」は硬化後に削りやすいと言う利点も有る。言うて接着剤なので、パテのように・・・とは行かないが、接着剤としてはめっちゃ削れる部類。その粘度の堅さが使いにくいと感じる人は「水で溶ける」ってマジスカのような特性も持っているので使用の幅は広がるんじゃないかと。
ホライジングではその他NSPやWAXなどの造型素材も有るんで、一度見て触って見るのモ良いんじゃないでしょうか?また同社企画のネイチャー系のGKは同卓の怪物屋でお求めになれます~。

Xworksdbit01さて最後、自分イチオシのツールを販売する「某社」! なんで名前を伏せてんだ?て感じなんスが、WFまでは名前を伏せておきたいってオーナーの意向なんで・・・ってか、既にガイドブックには名前が出てんだけどネ(笑)。

販売ブツはリューターの「ダイヤモンド・ビット」。画像のがそうなんスが、最近の自分の原型製作に今や欠かせないツールになってます。その切削性とキレの持ちは脅威的!モチロン削る対象ブツによっては目詰まりするが(例えばプラやアクリル)、癒着した素材はズルリと剥けますヨ。ソレがレジン・パテなどだと相当削れるワケで、一度使うと他のが使えない!てくらいに素晴らしい。

同社は本来ホビーユースの商品は開発していないんだけど、今回のダイヤモンド・ビットはその本業で培ったノウハウをふんだんに盛りこんだって製品です。故にダイアモンドの知識や流通を抑えており、ココにしかできないであろう最上級のダイアを使った製品は恐らくホビー用では世界一なんじゃないかと。

ダイアの特性を知っているだけにビット軸への接着方法にも拘りが。電着・溶着と用途・形状・素材で使い分け、ユーザーの使いやすさを追求してるとの事。その辺の詳しい事は実際判らないケド、使えばその良さは歴然です。市販のカスのようなダイアモンドビットに比べると少々高価だけど、モノの良さを考えると実はリーズナブル。そんなツールなんで完全なハードユーザーもしくはプロ仕様です。そんな違いの判る人たちに是非使って欲しいなぁ・・・と人事なんだけど、思います。

一応言っとくけど、自分は上記ディーラーの営業マンではありません(笑)。エエモンを頑張った価格でリリースしようとする努力と熱意の有るトコは及ばずながら力になりたいと思うからでしゃばってます。またソレらの製品が流通することで同じ趣味を持つ、また同業者の作業が楽になるってアイテムなら大歓迎だと思うんで。

Xworksdbit02最後の画像はダイアモンド・ホイール。軸一本で大きさ違いのホイールをセット(4種)できる仕様なんだけど、この軸がなかなか考えられてるんで紹介しておきます。凸の部分がホイール内径にキッチリ収まるように作られてるんだけど、コレが有るとセンターがキッチリ決まります。且つ挟み込んでの固定において、この凸が有る事でネジの役目は固定のみ。つまり振動に比較的干渉されにくいって事です。センター出しと固定の役割を各部位に振り分ける事での利点は「センター維持の持続性」と「固定ネジの劣化防止」・・・つまり精度を保った状態で長期間使えるって事です。

賢い!そしてユーザー側に立ったモノの考え方は好感度大! それもオーナー自身がモデラーだからって部分がやっぱ大きいかな?とにかくオススメですよん♪

|

« THAILAND | トップページ | 2010WF夏 »