« 2010WF夏 | トップページ | トレジャーフェスタin神戸2 »

WF2010夏

怪物屋と一緒の卓で出展するのは5年ぶりなんで、まずは回顧録をば。
その当時(05WF冬)の怪物屋の当日版権モノは’84ゴジラで、「怪物屋&アトラゴンGK」で出展してました。そんときのアトラゴンの出し物は今や名作ビンテージ扱いの「ガマクジラ」です。怪物屋は’84ゴジのほかに再販でGMK・キンゴジ・ビオゴジなどこれまた今となっては垂涎のアイテム揃い。自分の出展アイテムは司キャラのセレンで、まるっきり一から作った初の原型製作でした。って事でなつかしー画像を載せますね~。

Wf2010sum08画像は嵐の去った昼過ぎ2時ごろのブース内。ドタバタで疲れ切り、売れ行きなんてどーでも良くなってた自分と手前は怪物屋に振りまわされ続けて疲労困憊状態で放心しているYASUUさん(笑)。アトラゴンのエリアにはガマクジラの前作、今ではあんまり見かけないであろうマタンゴ怪人って珍しいモノも写ってます。その横には大山竜原型のロジャー&ドロシー(ビッグオー)のマケット調フィギュアって「何屋さん?」ってラインナップ。この雑多さは今でも相変わらずな感じですねぇ。

ちなみに怪物屋で出てたのデ、初版のセレンのパッケージには「ACCEL」では無く「怪物屋」と入ってます。そのバージョンを持ってるってあなたには感謝!そのセレンを購入頂いた事が今のACCELに繋がっているワケなので。感謝の気持ちを込めて、今度会った時は顔中舐めまわしてあげるので申告してくださいネ。それが嫌な場合は黙っているように(笑)。

Wf2010sum01さて今回のWFです。まずはウチのエリアからグルっと一周してみましょう。ACCELの販売物はデヴィ・丑蜜・フューチャーガールとポチでした。丑蜜とフューチャーガールは前ログで書いた通り、部屋中を漁って出てきた最後の二個づつです。ポチはアダルトエリアでは無いので完成品展示が出来ず、キットを露出する事も出来なかったので判った人にのみお買い上げ頂いたって感じ。それらのアイテムのトータルで、なんとか目標金額にも達し、無事月末の支払に補填できます。お買い上げの皆様には毎度ながら本当に感謝です♪

ところで「あざみ」ほんと中途半端な状態のモノの展示でゴメンナサイ^^;。この期に及んで後頭部のロン毛パーツを持ってくるのを忘れてしまい、ホテルで急ごしらえしたモノで代用してました。この部分が今回の原型のキモだった為にとても残念です。いやぁ人間は寝ないと脳の働きが極端に落ちるなぁと実感しましたヨ。

Wf2010sum02怪物屋の本来のメイン販売物で有る「洋GK」は今回もええのんがショープライスで出てました。特にACCEL寄りのエリアには自分がオススメしたい洋GKが多く、ACCELでの販売の合間にちょこまかと売上に貢献してた次第です。皆さん買いのがしは無かったですか?現状でも店内にストックしている分も有ると思うので、買い逃した~って人は問い合わせてみては如何かと。

Wf2010sum06会場直前まで島内に山積してた当日版権モノのゴジラキットの山は見る見る無くなり、最終的にはガラーンとしちゃいました。五年振りに見るその光景にア然です。そう言うのに縁の無い自分にしてみれば「ホンマに不景気なんか?」と錯覚してしまう盛況ブリ。写真は会場後も設営に勤しむ「オッサンの図」、行列を横目に汗だく作業ってのは毎度の事のようですな^^;。

Wf2010sum03参加ディーラーのブースにおいて、これだけ模型関連の洋雑誌や書籍が並ぶのは他に無いんじゃないでしょうか?このエリアから始まって、マテリアル・ツールと陳列される光景は洋イベントを彷彿させ、見てるだけでテンション上がります。こういうディーラーばかりを一角に集めたらエエのに・・・と。
体力ばかりか精神力も萎える広大なホールに点在するこういった製品を扱うディーラー。ソレらを集めれば盛りあがりの効率化が計れるんじゃない?と。

Wf2010sum04ホライジングのWAXやクレイなどの造型マテリアルやマジスカにマジックスムースの小分け販売なども好評だったようで、それなりの頒布ができたようです。またダイヤモンドを使用したビットや特にヤスリが好評を得たようで、結構な数が出たとの事。その使いやすさは自分も実感しているので買った人も納得して頂けるのではないかと思います。以降も欲しい人は怪物屋が窓口になるようなので、また問い合わせたってください。

Wf2010sum05そして怪物屋が今回最もアピールしたかったトリムス製品のエリア。次期完成品売で予定しているモノの展示も含めて、今回の頒布に間に合った製品などを一挙に公開。その仕上がりレベルは確認頂けたでしょうか? 当ACCEL横、怪物屋エリアとは逆方向に陳列されてた「マネキン」は特に怪物屋店長のキモ入り・・・というか、殆ど趣味に傾倒した製品です(笑)。
原型担当のアルテリコさんも相当大変な思いをして製作に当たってたってのを見てるので、是非広くそして長く頒布して欲しい。良質な商品に仕上がっていますヨ。なによりアルテリコさんのデッサン力は尋常じゃないって部分でオススメの逸品です。
当ACCELの「あざみ」もその場でデッサン的な部分を監修して貰いました。「あざみ」は立体的な不具合がまだ解消されていない部分が残っているので、ソコを添削してもらったって感じ。筋肉の動きや過重の部位によってボリュームの変化が出てくるってところを骨格の配置から説明してくれるのでとても判りやすいんです。自分はホントその辺いい加減なので助かりますねぇ。

画像手前は怪物屋がトリムスに送りこんだ男前スタッフの森君、このプロジェクトのキーパーソンで、この業界には珍しくマネージメント能力が卓越しています。更に言えばモテ値も高いと言う、やはりこの業界においての希少種(笑)。単身出張ご苦労様&ガンバレ~♪

Wf2010sum07最後は自分のアイドル的存在の夏目ちゃんと今回はツーショット♪彼女に会えるのが今やWFの楽しみの一つになってます。今回はまたしても原型師オリジナルキャラのコスプレというあるまじきキャラ選別、そりゃ他と被らないかもだけど、すんげーニッチだなぁ(笑)。
かといって手抜き無しの衣装製作やキャラ作りなど、根本的なセンスの良さを感じます。てか、それだけ出来るんならメジャーキャラならコスプレアイドルになれんじゃない?なんて。素材の良さとスキルの高さだけではなかなかそうはなれないって事なら、そう言う意味では自分らの業界と似てる部分があるのかもだね。
今回は最後に私服姿も拝めたんでめっちゃ良かった。私服姿がまた超かわゆい♪もう、オッサンをメロメロにしてどーすんねんて感じですヨ(他意は無いだろうケドも。笑)。

そういうのも込みで「やっぱええねぇワンフェスは・・・」と思いながら帰路につけるのは精神衛生上とても良い。売上ドッカーンありきで、その他の部分も楽しめたら最高だよなぁと思いながら、ソレをめざして次回も頑張ろうと思える1日でした。

半年後になりますが、皆さんまたヨロシクです~!

|

« 2010WF夏 | トップページ | トレジャーフェスタin神戸2 »