« WFの参加申込マニュアル | トップページ | AZAMI V2(その2) »

AZAMI V2(その1)

Azami2ndw01とうとう9月に突入、しっかし暑いですな!・・・っても室内は空調で比較的快適。「比較的」ってのはガッツリ低温までよう下げんから。先月の電気代が凄かったかもんで扇風機との併用で28℃設定が基本です。しかし削り作業時の扇風機は削り粉が舞い散るのでストップ、額から汗が滲みます。

まぁそんな状況でも外で仕事をする人に比べたら楽園、むかし人工(にんく)だった時の事を思い出しては「外構やってる人らは地獄だろーなぁ」と。しかも今年は戦後一番って記録的猛暑、くれぐれも体調には気をつけて。

Azami2ndw02さてあざみ姐さん、弄り出してからソロソロ二ヶ月経ちますがまだ出来てません^^;。おっかしいなぁ、なんでこんなに出来ないんだろう、多分WFをまたぐ事で「手は動いてても脳みそが動いてないって」状態なのかもです。言えば気合が足りて無いって事かと^^^;。ともあれいろんな意味でごめんなさい。

画像は弄り出してから一ヶ月、WF展示直前あたりの姐さん。ここから更に一ヶ月以上懸るなんてこの時は想像してなかったワケだけど、何にそんなに時間が懸るかってーと「髪の毛」ですな。もう超大変です!・・・まぁ「その辺は次回にでも。
顔はいまだに弄ってますが、基本こんな感じ。前髪がつく事で見え方が変わるので、ソコからの微調整とかスムージングそして仕上中です。

Azami2ndw03今回のはファイアーパターンをモールドで表現すべく作業中です。このファイアーパターンを前回は「自分で描き込んでネ」な仕様にしてた為に、購入者の方々からは「勘弁してクレ!」的な反応が多かった^^;。

ココを塗装で表現する方法は前に書いたけど、同じようなやり方でアタリをとった後に今回はモールドを入れて行きます。塗装でやるときとはマスクが逆ですが、「パターンの転写」が目的なんでモールド作りの場合はやり易い方で。(因みに前キットに塗装でファイアーパターンを入れる場合のマスクは前に書いた方法の方が良いと思います。)

しかしこの作業をやりながら思ったんだけど、やっぱ塗装で表現する方が楽なのでは?と。このモールドに沿ってマスキングするのって骨が折れるんじゃないかと思うんだよねぇ・・・って確実にそうなんだけど、まぁ見映えはモールドが入ってる方が良いんでイイか?(笑)。

さて現在ですが、概ね最終の仕上げに取り懸ってます。間に司さんに監修頂きつつ(忙しい人だと思うんだけど、しかもけっこう頻繁に)、良い感じになってきてると思うので楽しみにしとってください~♪

|

« WFの参加申込マニュアル | トップページ | AZAMI V2(その2) »