« AZAMI V2(その6) | トップページ | AZAMIの通販 »

AZAMI V2 塗装中・・・(その1)

現在塗装中なんだけど完成品用の工程を考えながらの塗装なので遅々として進まず^^;。一色塗るごとの撮影と使用色のカラーチップ制作はとにかく手が止ります。
目下の難事は刀の波紋表現で、普通ならゾルや描き込みでピャ~ッとやっちゃうところを誰でも出来るようにしないとって部分で作業が超増える。イロイロ考えた結果マスク治具を作らないとどうにもならないと判断し、マスク治具原型を制作することに。

型取り作業からポリパテ置換、そして加工という、波紋を塗るために費やした時間は丸4日。それでも完璧な物は作れず吹付け方で調整、頑張ってもらう方向で。まぁ素人じゃないので説明したら出来ると思う・・・という期待を込めて次の彩色レシピを考える。

Azamiv206_2因みに画像の髪の毛の塗装も工程を考えながらだと丸一日。う~ん、この先完成までいったいどれだけ時間が懸るのだろう^^;。画像のあざみに目が入っているのはこないだのトレフェス神戸での展示の為。肌を塗った後にもっかい塗り直します。仕上がり的にはこれで良いっちゃ良いけども、カラーレシピや工程表を作らないといけないからねぇ。

彩色工程で最後に考えないといけないのは服の花柄模様と紋紋だけど、ソコはデカール出力で逃げるつもりです。ところでこのデカール、キットにはコスト的に封入できないのでインストに書いて有る通りデータ配布という形でHP上で公開しますヨ(PDFの予定)。ただこれからの話なので急いで作りたい人には申し訳け無いです^^;。

・・・てことであざみの完成品公開はけっこう遅くなるかと。既にキットを購入頂いたお客さまで「見本が無い!」とあきれてる方に一言、好き勝手塗っちゃうってのはどう?なんて(笑)。GKには規定色で塗らないとイケナイなんてルールは無いですし、イメージ膨らませて「俺もしくはアタイのあざみ」を塗るのもオツなものです。ソレが気に入らなければ塗り直せば良いだけで、塗装の腕ってそういったトライ&エラーで上達するものですよ。因みにこの系のフィギュアにドボンなんてナンセンス。「上から色を重ねる事で一層深みが出る」くらいに考えて丁度良い。
(なんか出来ない言い訳みたいな文章になってます?笑)

ところで「あざみ完成品」を販売予定のトリムス・ジャパンのWEBサイトがオープンしました。本館からリンクしてるので一度ご覧あれ。

|

« AZAMI V2(その6) | トップページ | AZAMIの通販 »