« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

JOKER(Heath Ledger)

クソDEMIZの記事が当ブログのTOPのままってのもウザイので、去年の仕事だけど更新しとく(笑)。

Heathjoker01昨年の秋ごろかな?リペの依頼でちょこっとこんなのやってました。しかしこのジョーカー、凄いっス! 実際の商品に施されている塗装は「ただのピエロか!」てな感じで、その奥に潜むすんばらしいポテンシャルをオミットしちゃってます。それでも良く見えるのはその隠し切れない造形力のおかげ。例えばサフでも吹いたらその片鱗が如実に現れて眩暈を憶えるほどの顔造型を拝めますヨ(やらんだろうけど)。

ペインターとしたらこうなると原型師との「格闘モード」に突入です。そのポテンシャルを可能な限り引き出すってのは言えば使命・・・っても、ちゃんと料金を頂くので仕事ですが(笑)。因みに塗ってて「コレがレジン無垢ならもっとイケルのに・・・」と思った。フィギュアにおいてはやはり目の描き込みは最重要ポイント、良く出来た義眼ではあるけれど塗装するのとは比べるべくも無いわけです。

Heathjoker02って事で眼球を外してマズは普通に肌塗装。う~ん、モールドが凄ス! この立体的な肌のサーフェイスが無いと後工程のドライブラシが利きませんね。入るところ出るところの過不足がまるで無い非常に優秀な造型です。

顔だけなんで早いっちゃあ早いんだけど、凄くプレッシャーの懸る塗装でも有った。なぜならコレのデコマスも相当上手いから。しかもアッチは恐らくディプリケーションなんで比べられたらカナンです。なんかイイワケがましいけど、ソコは言うとかないとね^^;。

しかしお客さんは喜んでくれたのでそれでOK。しっかしホットトイズはエエ人材を揃えてますなぁ。「日本人として負けられん!」とか思いつつも、勝てんやろ・・・なんて。この辺、ペインターと割りきってるつもりでも凄い造型物を見ると沸いてくるもんがアルねぇ。

|

キモメン

Demiz怪物屋のマスコット・・・と言うか愛玩動物”DEMIZ”の記事を連投。てんちょのフラストレーションを発散する為のキャンパスと化しているコイツだが、タマには素顔を載せておこう。携帯で撮影した画像がピンぼけで色飛びしてたのでエフェクトを掛けて見やすくしてみたが・・・なぜコヤツの為にそんな事をしなくてはイケナイのか?との疑問が湧くものの、「さらし者」にするには致し方なしって事で。

日常的にボンクラ度MAXかつ変態イロモノ系なわけだけど、意外に男前・・・かも?(若ハゲだが) みんなに「キモい!」と言われながらも実は周囲の女子には受けが良く、中には崇拝する若輩者も居たりする。しかしあまりの不甲斐なさゆえ、いずれは下に見られてしまうわけで、しかしそれについて憤慨するプライドも持ち合わせていないために「ペット」という地位に甘んじている。
ただてんちょを師匠とするならばこいつは自分の兄弟子にあたる。認めたくないものだな・・・とシャアよろしくつぶやいたところでこの事実は変わらない。

忘年会にはその能力をフル可動して場を盛り上げる役割でありながら昨年度は欠席。スタッフ一同より大ブーイングを受けたのは言わずもがななんだけど、コイツの立場上それはまずかろうと。なぜならその一時の活躍で翌年一年をどうにか穏便に過ごせると言う薄氷の存在だから。今年は場を繋げなかった・・・その事がコイツの本年の立位置を決定付ける事となろう。

しっかしなんで自分はこんなどーでも良い記事を書いているんだろう?とムカつきながら、しかし何故かこんな記事でアクセス数が増えると言う世の不思議。閲覧者の皆様は一体なにをもとめてらっしゃるんでしょうか? そう言えばコヤツが当ACCELブースで売り子をする時、瞬間的に売上が伸びるのも不思議。しかもWFでは売れ行きが止ると言われる3時以降に、ともすれば10個近く売る事も有ったり。

「何か目に見えない力を持っているのか?あなどれん・・・」なんてことはこれっぽっちも思わないが、まぁ使い道は有るので良しとする方向で。

|

兎年

Putinって事で画像を載せておこう・・・しかしコイツ、やはりアホですな^^;。ウサビッチよりプーチンの特殊メイク。というか特殊「な」メイク。一応怪物屋クォリティーって事で、店長の即興によるペインティングで有る(笑)。そしてこの姿で近所を徘徊するお前はいつか捕まれ!


|

2011

Ushimitsu2011cardあけましておめでとうございます。なんか相変わらずの年越し~新年を迎えてますが、数年に一度で良いからピリッと気合いの入る新年を迎えたいもんです。
継続して作業をしているのでダレて居るワケではないけども、あまりにもメリハリが無い感じなので^^;。年末には大掃除とかして新年からは新しい仕事を「いの一番」に着手する・・・みたいな。兎年なのに丑蜜って節操の無さが原因か?(笑) 

画像のは二年前かな?WSC10周年の展示用にそのとき新たに塗ったもの。時間をかけてないわりに、今まで塗った中でもレヴェルの高い部類。つまり仕上げ時間と完成度はあんまり関係無いんだろうね。肝心なのは如何にイメージが出来ているか?って部分なんだろう(本館でこっそり更新してます)。

その点で何度も塗っている丑蜜には迷いが無い。またいずれフルスタイルもやってみたいと思っているキャラなので、数年経っても頭の中では生きてます。自分が考えたキャラに関しては常に意識はしているんだけど、特に半身像しか発表していないこのキャラの場合は心残りって事で^^;。

しかし同じところをただ掘返すのも面白く無いのデ、丑蜜だけでなく展開を考えて数体をラインナップするって事も考えてます。その時は丑蜜は後回しになるけども、そんな事ができる時間が今年は捻出できたら良いなぁと。

ともあれ、今年も宜しくお願い致します~♪

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »