« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

GILLMAN

Gillmanms邦題「ドラキュリアン」より半魚人、原型師はスーツを手掛けた本人「スティーブ・ワン」で発売は海洋堂。本家の半魚人を塗った事が無いのに先にこっちをやるって事に苦笑いしつつ・・・ともあれ鱗モノは塗ってて面白いんで楽しみながらやりました。手間は掛かるけどやった分だけ密度が上がるわけで、完成した時の喜びも大きいです。

しっかしコレまた古い作例、いつ頃か覚えてないけど画質を見たら以前のカメラだと判る色調子なんで。思いつきで適当にアップしていく為に、HPでは新旧が入り混じった順番になってます。画質を見て、また塗り方を見て「あ、コレは古いな」ってのが自分で判るって感じ。

|

Cherry Darling

Cherrydarling本日はプラネットテラーよりチェリーです。ゾンビ映画としては私的にトップテンに入る面白さ、サブに至るまで出てくるキャラの立ち方が尋常じゃありません。その辺はやはりロドリゲス、非常に上手し! そんなキャラの宝庫なプラネット・テラー、しかしこれ以外のGKが無いのは意外ですネ。エルレイとダコタくらいは有っても良いんじゃないかと・・・ツカ出来の良いのが欲しいところ。このチェリーの製作記事も当ブログに有るので製作する場合の参考にどんゾ(コブラの製作記事とオーバーラップしてますが^^;)。

さて完成品画像の更新もいよいよ大詰め、そろそろ溜め込んだ画像もネタ切れとなります~。ブログの方は書く事があるので続きますが、本館の更新はそろそろ止まります。

|

COBRA(Violet suits)

Cobravioletこれにて当方で塗った赤尾クンのキットは全てアップしたことになるのかな?本日は紫スーツ版です。赤い方は速攻で買取りが入ったので急遽イベント展示用に塗りました。前後して塗装プロセスをブログで紹介したアイテムなので、塗る人は参考にしてみてください。記事は紫スーツの塗り方だけど赤スーツでもやるこた基本的に同じですよん(当ブログのカテゴリー欄、製作記事のタグをクリックしたら記事は出てきます)。

赤スーツの経験を踏まえて顔はあっさり気味に、スーツはメリハリを強調って感じで塗ってみた。紫は純度を保ったままグラデ幅を取れる色なのでけっこう楽に決まりますね。あと肌の色はそれぞれスーツ色との相性を考えた色合いにしたつもり。白人っても幅が有るのでこの辺でも操作できます。

本日も更新済み、赤スーツと見比べてみて頂戴。

|

COBRA(Red suits)

Cobrared02まだまだ続くよHEAD LONG、昨日に引き続きコブラより主人公登場。リリース順として何故ゼロが先なのか良くわからないが、ともあれ待ってました!のアイテムです・・・って、もう絶版になってるけど^^;。

造形的には赤尾フィルターが掛かってるけど、コレはコブラですねぇ。キャラが持つひょうきんな一面をオミット、クールに徹した一品でマジ括弧良い! キットはBUICHI SHOPでも一般販売してたし、イベントでも1年以上売り続けてたアイテムなのでGETした人も結構居るのでは?

彩色は特に考えずに塗ったらこうなった。顔の彫りが深いのでもうちょっとアッサリ塗っても良かったかも?・・・とか思いつつ、対してスーツのメリハリはもうちょっとつけても良かったか?なんて。赤はシャドウ色に気をつけないとスグに濁るので実はとっても難しい色なんス~・・・って事で続きは本館にて。

|

BLACKSWORD ZERO

なんか赤尾クンのアイテムばっか更新してる印象が有るねぇ。まぁそれだけアップしてなかった&塗ってるのが多いって事で(笑)。本日はブラックソード・ゼロの2体目ですョ。これまた納品してから1年と半年くらい寝かせてたものだけど、ソコに理由があるのか?というと特に無し。(ズボラなだけです)

Blackswordzero3さてゼロ、1体目と違うイメージで塗装しました。その仕上がりは人によって好みが分かれると思うけど、自分的に「こっちが良くできた」とかは有りません。結構近い期間(1年とちょっとの間)に2体とも塗ってるんでスキルレベルもに似たようなもんではないかと。仕上げの為に考えるイメージのベクトルが違うだけですね。

塗って置いてたら意外に早く買ってくれるお客さんが現れるアイテム・・・ってか赤尾クンの作るのは全部そうなので、だから塗ってるものが多いって事かな? また非常にGKらしい造作なんで塗ってても楽しいし。 画像はHEAD LONG製コブラ関連の完成品を塗った時に使う自作ベース。そしてこのベース、結構使ってます(笑)。
詳細は本館でどんゾ♪

|

ALIEN QUEEN

Alienqueenkunz02う~、なんか連日更新がしんどくなってきた・・・まぁ頑張ります!
さて本日のお品はクイーンエイリアン、好き者には堪らないアイテムですな。そんな中でも垂涎キット、それがオリジナルで初版モノなら10万くらいする逸品です。販売ディーラーはアートミック・クリエイションズ、ご存じトーマスクンツの大型GK。縦長40センチ、全長70センチ(尻尾を曲げた状態で)くらいなんで塗るの大変です。この大きさになると作業中の置き場に困ります。ゴジラとかでもそうなんだけど、塗る為に取り回すと周囲の物を尻尾で薙ぎ払っちゃう(笑)。正直言ってあんまりやりたくない大きさですね。

画像は最終のクリア層を重ねる前段階のもの。現状では沈澱している感じの発色が、クリアコートによって一気に引き立つ様は快感・・・なんだけど、これまた爆煙よろしく室内もうもうになります。さすがにマスク無しでは無理な作業でした。

デカすぎて撮影ポイントを絞れてない感じですが、本館にアップしてるので良かったらどんゾ♪

|

不死のゾッド

Zoddosecondcolor02「HEAD LONGと言えばゾッド」・・・コレは自分の印象でいまだに変わらない。初めて見たときより今は格段に上手くなってるし、サイレント・ヒルやコブラ、生物などの造作も引き合いが多い。商業でも頑張ってるし他のベル・キャラも多く作ってるが・・・やっぱゾッド。なんかこのキャラが好きってのが造形から伝わってくるわけで、また同じキャラを3回も作るなんてあんまり無い事だと思うし。

さて今回の更新だけど、昔の作例もそのまま残しつつ新たに塗った2体を含めて3ページに渡ってアップしてみたョ。因みにこの作例を上げた時の記事はコチラ。しっかしなんつーかアレから2年も経ってるのかと思うといろんな意味でゾットする・・・(ってこんな〆で良いのか!)

|

メガソフビ(ウルトラセブン)

Sevenmega引き続き海洋堂のメガソフビからウルトラセブン。今やリボルテックばっかになってしまってる海洋堂だけど、自分としては昔のようにこういった良質キットを続々とリリースする会社であって欲しい。 それをするには大きくなりすぎてしまったのかもだけど、「大きくなったらトイ・メーカーにならざるを得ない」ってのなら悲しい話やなぁと。コレは海洋堂に限った事では無いけども^^;。

さて本題。これまた良く出来たキットである。塗装に関しては赤が基調の為、またレッド族特有のディテールが有るため表現しやすい。例えば作業時間が同じだった場合、マンやジャックなどに比べてずいぶん良く見える。そういう意味ではウルトラマンの中で最も塗装が難しいのはマンのCタイプ・・・って事になるのかな? 

ところで自分はウルトラマンに関しては正直そんなに詳しくない。仕事上知っておかないと・・・って程度の事くらいしか。なのでガチなファンから見れば抜け満載なのでは? しかしそんな自分に来る依頼中、ウルトラマンで言えばセブンが一番多いですね。ファンの多さを実感すると共に、自分も好きなので塗ってて面白い。このめっちゃ昭和を感じるデザインラインは秀逸で、体型と相まって今の特撮ヒーローには無い括弧良さ♪(オッサンだからそう感じるのかもだけど)。

Sevenman実は身の丈70センチ、素立ちポーズだったらそれ以上ってセブンの依頼が有ったり。数年に渡って抱え込んでしまい、また大型過ぎてなかなか着手出来ず今に至る。メガソフビの上位ブランド「ハイパーソフビ」のシリーズなんだけど、海洋堂はこの手のデカいのをリーズナブルな価格でガンガン販売してた業界を牽引する「模型メーカー」だったよねぇ。

昔にアップした画像だけど参考までにもう一度。横のCタイプヘッドはウェーブ製で友人から貰ったモノを別の友人にあげました。手前のキャミィは大きさ比較のため(これまた懐かしの良キット)。しっかし何時になったらコレは完成するんでしょう?お客さんによっては絞めあげられてるところですな^^;。

今日のメガ・セブンも本館にアップしてますョ。

|

メガソフビ(ウルトラマンAタイプ)

Manamega本日の更新は久しぶりの特撮モノ。5~6年前に作ったもので、相当ほったらかしてたんだなぁと改めて反省^^;。作例はストレート組みに彩色を施しただけ。原型は木下隆志 氏、この系を作らせたら右に出るもの無しな海洋堂の専属スカルプターさん。

キットの出来が相当良いので手を入れるほどに良いものになって行くと思います・・・が、よほど拘りが無いのなら素組みでも十分ですね。同じラインナップだとCタイプが相当良さそうなんで、いつか弄ってみたい気もする。

しっかしこの作例、見るほどにウルトラマンというものを理解してないような^^;。

ともあれ本館にアップしときましたので~♪

|

ミラジョボビッチ(ヴァイオレット)

Violetred昨日に引き続きミラ。彼女がバイオ2から妊娠するまでの間に撮影されたPV、では無く映画(笑)。彼女がもっとも括弧良い時期だと思うし、劇中ではそのクールさを如何なく発揮している・・・が、映画自体は相当おもしろくない^^;。

もちろんDVDまで買い込んで幾度となく見てしまうんだけど、それは単純に演者の魅力ゆえ。昔の映画で言えば「バーバレラ」なんかもそうだね。アレもお話なんて二の次でジェーンフォンダを見る為の映画です。もしくは秀逸な衣装とセットデザインを楽しむ為のもの。

画像のキットは相当イケてますョ。自分的にお姉フィギュアの中では上位ランクで、2個くらいはストックしてても良いかな?と思える必携キット。怪物屋で今でも手に入る・・・のかな?

作例の画像は本館にアップしてまーす♪

|

ミラジョボビッチ(アリス)

「カッコ良い女性の代名詞」のような彼女。 劇中での演技はパワフルで、時に慈愛に満ちている面も有りファンも多く居る事でしょう。
バイオハザードシリーズのアリスはハマリ役、そこで初めて知ったという人も多いのでは? 自分もそんな一人なんだけど、しかしバイオにアリスは要らないとも思っている(笑)。
といってDVDがリリースされる毎に買っているわけで、その理由としては「ゾンビ映画だから」。今や自分の中ではゲームのバイオハザードとは切り離して考えてると言ったところ。
そうして観ると面白い映画かと。不評らしい「3」は自分的にはじゅぶん面白く、前2作と比べて劣化しているとは思わないんだけど・・・。

Bio3aliceそんな「3」のアリスのGK。作例がこれまた古いんだけど、このキットが今でも入手可能なのかどうかは知りません。3のアリスは舞台が砂漠だからかコスチュームの基本色がアースカラー、自分が好きな配色ですね。色気もソコソコ入ってて衣装デザイン的に凄く良いと思います。

「連続更新継続中」って事で本館に画像をアップしときました~♪(この更新、いつまで続くかは公言しない^^;。)

|

ビリケンのバットマン<その後>

Batmanbilliken02前記事からほぼ1年半、月日の経つのは早いねぇ。今頃になって画像を引っ張り出してくるのもどうかと思うんだけど、ここ数日の連日更新の流れでやっとこうと。ほっておいたら更に数年伸びちゃうだろうし^^;。
さてビリケン・バットマン、発売から20数年経った今でも実写版の頂点的造形物だと思います。間にはキットに限らずいろいろ見てきたけどあまりにも長い間超えたモノが無いので、この先出てこないんじゃないか?なんて。

しかしHOTTOYSが以降のラインナップとしてキートン版を予定しているらしいって事で、その日は近いかも・・・と言ってもドール、せめてスタチューだったらなぁ。合わせてニコルソン・ジョーカーがどんな出来で出てくるのかってのも楽しみ。

いずれキットにしか興味の無い自分が購入する事はないので見とくだけ。出来の良いTOYよりイマイチでもキットの方に魅力を感じマス。このビリケンはキット、しかし出来は良い・・・って事はこれ以上の衝撃アイテムを期待するのは無理?

本館にアップしといたので、お好きな方はどんぞ♪

|

ALIEN BASE

Alienbase相変わらず今更なんスが、去年やった塗装の画像をアップしときました。画像はソレ用に自作したベースで、型を取った後にレジンに振り替えてます。さて、何に使ったのでしょうか?・・・ってエイリアンって書いてるし^^;。伴って、これまた昔に塗ったやつで更新してなかったのも2点ほど画像をすげ替えておきました。

アップしていないのや同アイテムで新規に塗った作例とかほったらかしてるのの多いこと^^;。合間を見ながらチマチマとやっていこうとか思ってます(気が向いた時に)。

|

WF2011冬レポ 番外編

Ritualphototanabe02_2前ログで紹介したYAMATOさんから発売予定の「FFG RITUAL(リチュアル)」だけど、現物を見てくれた?当日はウチのブースにお立ち寄りの数人とその事についてお話はさせて貰ったんだけど、「とにかく原型が良いのでオススメです」と。 「見るの忘れてた~」とか、「見に行ってる時間がなかった~」とか「どこに有るのか分からんかった~」って方も居るようなので、原型師タナベさんのブログを紹介しときます。

「いろいろ作ってみましょうか」

ご自身で撮影された画像がアップされてますよ~。過去ログを見ればサフ状態の原型も見れるので、購入予定の人や気になる人はチェキ! ところでタナベさんって相当「なんでも屋さん」です(笑)。本職なので原型師としての腕の良さは勿論なんですが、カメラ撮影も上手し!

セットを組んでの撮影とか、斜の当て方なんか玄人はだしですねぇ。自分が撮影したのとまた違った印象に写ってるのが面白い。サバーシヴ・ビューティの表紙風写真とか良いですやん♪
因みにこの人、PCは自作するは使いこなせるツールも多いわでその辺のスキルはたぶん自分以上。そんで塗装もイケる口なのでタジタジです。そのうえ英語もペラペラなんて・・・そんなマルチな人、はじめてですよ。

交友関係も広く、なんつっても竹谷さんが連れってうらやまし過ぎますね^^;。なんか自分が目指している部分を全部持ってるような人で、また人柄も良い・・・弱点無し?

Wf2011winc01「美しいフィギュア」の次は「美しい人」って事で、コスプレ写真をば。これらの画像は自分が撮影したのでは無く、提供は怪物屋のヨーコさん。何を思ったのか結構な枚数を撮りまくってたようで、その中から厳選しましたョ。しっかし最近のレイヤーさんはレヴェル高いなぁ。スタイル良いし可愛いです。自作だろう衣装や小物類も気合いが入ってて見てるだけで楽しいね。

Wf2011winc02こりゃ一般人に見えないネ^^;。衣装や小物の作りこみもさることながら、お顔も端正で隙が無い・・・なんだこのクォリティ^^;。よく趣味でこれだけの事が出来るなぁと。ここまでキマルと、ある種尊敬に近い感情が生まれますね。

Wf2011winc03これまた可愛い。第壱中学の制服姿なので体のラインは判りにくいけど、上からのアングルでこの足の長さなら相当スタイルも良いと思われる。

Wf2011winc04冬ですよ、冬! この子に限った事ではないけど、露出の多いレイヤーさんは少なからず見かける。自分が見かけるのは一応空調の利いた屋内なわけで、しかし外でまさかこんな恰好をしている子が居るとわ!寒くないわけは無いと思うけど・・・すげぇ根性^^;。冬の最中に人前でこの恰好って、趣味なんだろうけどプロ根性的なものを感じます。

思えば自分がはじめてコスプレなるものを目の当たりにしたのは今から20年以上も前、確か高校の頃でした。先輩にさそわれて初めて同人誌即売会に行ったわけですが、その入場待ちの時におもむろにその場で着替え始める女子。その当時の自分の年齢から考えるとお姉さんですかね? 

「お姉さん」・・・響きは良いですが、現実はシビアです。

トラ縞ビキニからはみ出るだけでなく上に乗っかったお肉は、キャラへの冒とくとしか当時は感じられませんでした。また巨漢のアイドルとか有りえねーし。それを知っているだけに、今のコスプレが如何に進化しているのかを実感できます。因みに今はどっちかと言えば「はみ肉」や「巨漢」の方が好きってのは内緒にしといてください(笑)。

Wf2011winc05最後にこれまた凄いものをば。材質はFRP?そしてこの輝きは金メッキ?もしくはシールの張り込みかな?いずれにしてもこの鎧にかかった金額はハンパ無いのではないかと^^;。FRP成型ってやり方を知っていれば誰でもできるんだけど、一般的に出来る人はそう居ないと思う。メッキ層をコートする場合はかなりの仕上げが必要だし、シールを使ったにしても3次曲面への張り込みはスキルを要します。そのいずれかをやったって事で、その技術レベルはお金を取れる領域ではないかと。

このレベルの人たちがゴロゴロ居るって事を考えると、卓に張り付いて一日を終えるってのが非常に勿体なく感じる。しっかし季節は真冬だよ、この日は暖かかったとは言え、その多くが尋常な格好ではありません。 脳内物質が分泌してないと無理ですね、コスプレは。

って事で番外編も終了~。色んな意味でほんと皆さんお疲れ様でした♪(ホンマにコレで終わりです^^;)

|

WF2011冬レポ その3

毎回違う衣装で登場の我がアイドル「夏目ちゃん」、今回はのマリコ(司淳オリジナル)のコスでした~!・・・ほんまカワユイ♪ 自分がイケメンの若いニーちゃんなら来る甲斐があるだろうにハゲオヤジでごめんなさい^^;。嫌な顔一つせず話に付き合ってくれる様は感動もんです(・・ツカ、介護?)。自分にとって正にWFでの生きがい!(オーバーか?)。

Wf2011win02ともあれ姫登場でリフレッシュ、楽しい午後のひと時を過ごせるってもんです。売上が止まる時間帯のカンフル剤なので、次回も良かったら是非!で、今回も相変わらずの作りこみ。色んな材料を駆使して衣装はおろか小物までフルスクラッチですよ。今時のレイヤーさんはここまでやるのか!と。たぶん作るのに苦労する事も多いんだろうけど、やっぱ好きじゃないと出来ないよなぁ。次はどんな扮装か?一つの楽しみにもなってます。

ところでコスプレしてなくてもウチは誰でもウェルカムですよ~。暇つぶしでもなんでもOKです・・・ってか、そういえば確定申告の仕方を聞きに来たのが居るなぁ。そういうアドバイスはプライベートで聞くからワンフェスでは辞めてね(笑)。

「その1」でも書いたけど、今回はWF前の修羅場加減を含めて珍しくスムーズに終了したって感じが個人的はする。と言っても新作が当てられなかったのは事実で、それでスムーズだったからと言って喜んでいるバヤイではない。ほんと折角の巨大イベントなのに勿体ないったらありゃしない! よって今回「も」反省しまくり&期待してくれてる方に申し訳けない、と。以降も毎回参加はするつもりだけど、ACCELでってのは年1回くらいにした方が良いんじゃないか?って思ってます。

本業は必須なのでここは詰め込まないとイケナイ。しかしそれによって会場でのパフォーマンスが低下するってのが問題だよなぁ。また新作が出来ても、それが適当な間に合わせだとしょうがないと思うんだよね。そんで中途半端にディーラーとしての作業をしようと考えるもんだから、本業にも影響してくる。どっちつかずで何にもなっていないのが現状ですな。

怪物屋はショップゆえ毎回参加しないとイケナイわけで、つまり半期のWFには怪物屋に潜り込みソコのフォローをするって方法も有りかな? 年1回の参加ならきっちりしたものを披露できるんじゃないか?という皮算用^^;・・・まぁ現状ではどうするか決めてないけども。

市場を見渡すとフィギュアをとりまく環境も明らかに以前とは違う。たぶん所有してる事を嬉しく思うような商品じゃないと成果は得られないんじゃないか?って思ってる。そしてそれはキャラものでは無いような気も。たとえキャラものだとしても、ソコに作り手の作家性やこだわりが感じられるものじゃないと財布の紐は緩まない。そう考えた場合に「自分の作るものはどうか?」と自問自答するわけです。

まだまだ暗中模索・・・だけど、ソコを楽しむのも悪くないって事で、悶々と作り続けて行きますョ。で、お目に適ったら宜しくです♪さーて次は何をするか?だけど、とにかく溜まってる仕事を消化する事を考えよう。うん、そうしよう。

以上「2011WF冬レポ」でした。ではまた♪

|

WF2011冬レポ その2

ブースから離れられないので回れるところは限られてる。一切見て回れないなんて事もしばしばって事を考えれば今回は回れただけマシですね。

Wf2011wind01①RESTORE

そんな中、絶対に見ときたかったのがココ。原型師の「安部順之介」クンは若いながらも気鋭の商業原型師。商業では寿屋さんのアメコミ系フィギュアをメインに活躍中、上手し!

そんな彼がオリジナル造形でディーラー参加するらしいって事をガイドブックで見てたので、そりゃ行かねばなるまい!と。特に新作の「バベル」が見たくって、そんで余裕が出来れば買おうと思ってた・・・が、自分に金銭的余裕ができた時には売り切れてましたね^^;。
見れば判ると思うけど、相当竹谷さんに傾倒しています。フューチャー好きにはたまらん造形なんじゃないスか?アイデアが面白いし、造作も確かなんで、価格も考慮すると「買い」な一品。

Wf2011wind02その他の造形物も面白く、なぜにコレ?的アイテム選択はスキルの浪費的で小気味良し! この他のアクセっぽいオリジナルマスコットが実はメインのようで、そのセンスがまたよろし。ゴシックな風合いも有りつつ可愛いので彼のサイトで確認してみよう。けっこう完売してましたョ。

Wf2011wind03②HEAD LONG

特に紹介する必要も今や無くなったと思うけど、新作が有ったのでパシャっと。今回はガッツ胸像で、グルンベルド胸像から数えてラインナップでは3作目。フェイス&チンガード(狂戦士の鎧)と素顔のツーヘッド仕様で、相変わらずお安いですな(笑)。赤尾クンのベルセルクもんは新作が出れば早々に完売する・・・ってのは昨今の不景気でも変化無し。やるね!
生体もんが実は評価が高い彼だけど、なかなかそっちの新作に着手できないってのが、その系のファンには歯がゆいところだろう。彼も商業原型で忙しくしている人なので、まぁ時間が無いようですよ?(ゲームはたまにしてるみたいだけど。笑)

ともあれ彼のような造形をする原型師が商業では不足してると感じるので、そういうのが好きで作りたいって思っている駆け出しの人は初志貫徹、寄り道しないでその道を進んで行った方が良い。 お姉ちゃんを作っている方が仕事を取りやすいのは確かだけど、上手い人がゴマンと居るのも確か。その中に有って、仕事をGETするには相当イケてないと逆に厳しいのでは? なによりやっぱ好きなジャンルで勝負する方が健全だし、気持も入るんじゃなかろーか、と。キミに言ってるんだよ(・・・って誰やねん!笑)

因みにワールドワイドで考えるとコレが逆転する・・・ってのが面白いところ。ハード系アイテムでは日本は非常に遅れてます(竹谷さんや韮澤さんが居る国なのに^^;)。国外で仕事を取るなら美少女系に限る!その面で日本人原型師は数段先に行っているから。おそらく数年前の造形レベルでも外人には歯が立たないはずなので。

Wf2011wind05③METAL BOX

ディフォルメもんが実は好きなんです。買ってはいないけど、キャンパスが広いので塗るのが絶対楽しいと思うんだよねぇ。で、ここのディフォルメもんがエエ感じに出来てるんで、気になって見てきました。
OVA版ジャイアント・ロボが凄い存在感です! 強面ながらカワユス♪ といって、作りこみもちゃんと出来てるのがイイよねぇ。コレは塗ると面白いハズだよ。ディフォルメだけどマジ塗りで。

Wf2011wind04そんでちょっと後悔してるんだけど、コレ買っときゃ良かったス~・・・のビッグ・オー。この流れでデュオやファウが出たら悶絶ですやん!つか、メガデウス3体そろい踏みでホスィ~♪コレマタ塗るの楽しそうです。他にも特に特撮系ディフォルメ・キャラが良かったよ。新作のキカイダーやゼロワンのフードもクリアだしポーズも決まってた。

Wf2011wind06④RENOVATIO

トイレに立ったその道中、なんかフラフラと引き寄せられた感じ。レトロフューチャー&ポップな風合いがイイ♪ 展示も個性的で面白かったので原型師さんとお話してみましたが・・・なんとウチにも良く立ち寄って頂く方でした^^;。なんか趣味的に通じるところが有り、よって作るものも共感できます。さらには仕事面でもダブる部分が有ってその辺でも面白かった。この方、商業もやってらっしゃるんですが、ソッチではハード系も有り。(って言っちゃマズかったかな?)

個人ディーラーでの活動時はこの路線で展開を考えているようで、世界観をしっかり持ってられます。こういう人もこの会場には多く居るって考えると、ただの萌えフィギュアの祭典じゃないよなぁと思えてイイ感じ。もっとこういうアプローチで参加してくるディーラーが増えたら幅が出て面白いんだけど・・・ってか、自分もそんな感じでやらんとねぇ^^;。

・・・って事で以上「偏った」ディーラー紹介でした(笑)。

ホントはこの系のディーラーさんがけっこう点在して有るハズなので、そこに絞ったレポをやりたいな。まぁディーラーで参加している限り自分には無理だろうけど、そんな目線でレポートしてる人っていないのかな?
こういったあの会場にあってメインから若干ずれている感の有るディーラーさん(失礼!)が自分はとっても好きなので、案外ピックアップできると思う。しかしいざ回るとなるとウチの卓界隈が限界なんだよねぇ、ああ勿体ない。「美少女フィギュア以外レポ」・・・やりたいなぁ。

次回はその他と雑感です。

|

WF2011冬レポ その1

なんだかんだで終わってから1週間が経とうとしてますねぇ。なんつーか今更ですが記事を書いとこうと思います^^;。その前に、前記事では簡単になっちゃったんで改めてお礼。当日は当ブースへお越し頂き、また購入などありがとうございました!おかげさまで支払いも出来てなんとか首がつながりましたョ~。毎回同じことを言ってるし今後もそうだろうと思いますが、今後とも宜しくお願い致します~♪

販売物は「あざみV2キット」と「DEVIE完成品の受付」でした。DEVIEの完成品はお客さんと話しているうちに以降の作業を考えると怖くなったんで、途中で受注するのを辞めちゃいました^^;。あざみも持参分はどうにかハケましたし、良い感じで終了できたと思っています。

Wf2011win03そしてやはり今回もWF前はしんどかったです。とはいえ二日間連徹ってのがデフォルト化してきている中、4時間の仮眠が取れた今回は凄くマシかも。自分に限ればホテルでの作業は梱包だけだったし、一応土曜日中には着いたので。
到着次第すぐに作業に入って、深夜の2時には終了しました。ところで梱包作業、自分ちでやるより全然楽ぢゃん!部屋全体を作業スペースとして使えるし、綺麗なんでめっちゃはかどります♪今度から梱包はホテルだな(笑)。

Wf2011win04対して地獄なのが彼、トリムス・ジャパンの森クンです。この画像は作業場では無くホテルの一室ですよ・・・って、吹き付けしとるし^^;。彼が作業中のこの商品は、あざみの次にラインナップしている司淳さんの「飛行少女・田中 舞」。トリムスからの販売なので会場で展示するための彩色をやってるところですね。

Wf2011win05う~ん、洗礼を受けてますねぇ、エエ感じです(笑)。その意気で強靭な精神力とあきらめない心を養ってください。心なしか、バックパックが光ってます(キラ~ン☆)。

良く聞かれるんで紹介しとくと、コレの原型師はタイ人の那武さんって人です。那武さんはすごくジャパニメーションが好きで研究熱心なんですねぇ。実はオリジナルの美少女なんかも作っちゃう「やる人」です。

Wf2011win06去年のかっぱコンテストでも賞を取ってたし、つまり作れるジャンルの幅がすげぇ広い。画像のラットフィンクも那武原型ですョ。トリムスの専属原型師って事で、さらに腕をあげて貰う方向。怪物屋店長のレクチャーにて鋭意修行中って感じかな?

Wf2011win07一時の仮眠から現実世界に引き戻された時間は朝の6時、そのころ森クンの部屋では・・・最悪や、スシ詰めですやん^^;。限られた時間の中で出来ることはやったとなぜか笑顔。ナチュラルハイなのかもだけど、まぁ眉間にしわを寄せてるよりゃ良いですね。お疲れさんでした~。

次回は数少ない画像よりディーラー紹介をば(笑)。

|

メールについて。

新PCでの復旧作業がほぼ完了しました。ツールやデータなどの重要なものから、まぁどっちでも良いかな?ってものまで無事に移動する事が出来てホッと一安心。
中でも一番重要だったメール・データを移行できたのはホント良かったです・・・なんですが、丁度その過渡期に頂いたメール数軒が完全にロストしてしまってます^^;。
うち「あざみV2キット」のご予約メールが有ったような無かったような???て感じ。時期は

2/5(土)昼~2/8(火)の間にメールを頂いた方。

予約メールに対しては全て返信していますが、メールを送ったけど返信が無いって方はいらっしゃらないですか?おられましたら申し訳けありませんが、もう一度メールを頂けないでしょうか?現状のままでは受注となっていませんので。ご迷惑をおかけすることになりホントすみませんです^^;。

その他の件でもすべての方に返信したつもりですが、返って来ていないという方がいらっしゃいましたら宜しくお願いします。

これらは上記の期間に対しての話です。それ以前もしくは以降に頂いた分に対して「当方からの返信無し」につきましてはこれからです(無いんじゃないか?と思いますが)

いやぁしっかし今回はホント肝を冷やしました~。いきなりロックしたかと思ったら、リセット後はセーフモード。その状態でもできる事は有ったと今となれば思うんスが、なんせ帰阪後すぐの出来事だったためにハードを引っこ抜くって暴挙に^^;。相当疲れてたんだと思います。

かねてよりPCの挙動がおかしく友人からHDDケースをもらってたわけで、ソコに全幅の信頼をしていたってのも有る。同じ理由で新PCも実は数年前から手元で熟成させてました。ことPCに関して「熟成」って言葉が如何にシニカルな表現なのかはご理解頂けるかと。ホンマ馬鹿ですねぇ^^;。

ともあれそんな新PCを立ち上げた後、HDDケースを介して接続を試みるも認識せず。ここではじめてマズイ!と気付き元のPCに戻してみると今度はセーフモードでも立ち上がりません。ツカ、DOS画面ですやんコレ!しかも起動ディスクを要求してきている。そして手元にあるソレはフロッピー・・・ロートル過ぎますな。

翌日に日本橋へGO、旧PCを購入したとこにマズは泣きつく。親切にもイロイロ試してくれたものの、WIN7でハードディスクとして認知するのみで内部のデータは認識せず。それ以前のOSではハードの認識すらされません。このハードからデータを抜き出す場合は業者に頼む必要が有るが、ソレに掛る費用は安くて五マン、普通十マンて提示金額に眩暈を覚える。

自分的には十年分が詰まったものなので、そう考えると安いものだけど・・・しかしそんな金はねぇって感じでほとんどあきらめの境地。だってそれでも復活しない可能性が高いって話だもの。

一応その親切な対応に免じて、無償って事だったからその店員さんが使っていた接続ケーブルを買った。しかもそれの上位機種。意味が無いだろうと思いながら、手ぶらで帰るのもどうかと思ったので。一応自分にできることはやってみようって事ですな。その後もPCに明るい友人に聞いてみるが結果は同じって事でいよいよブルー。

帰宅後にともあれ新ケーブルで接続を試みるも、ケーブルを押し込む際に基盤を破損。端っこの方だけどぽっきり割っちゃいましたョ。その時の落ち込みようは今年最大・・・って始まったばっかだけども(笑)。半田付けが取れてるし折れた基盤周辺のピンもどっかに飛んで行っちゃいました~。

Hddold02それでもまだ心は折れてなかったのか、もしくは脳が見なかった事と命令を出したのか?以降の作業を意外に淡々と続行しました。折れた基盤を瞬接で止めるのはさすがにまずかろうって事で、その周囲の保持用プラ・ステーの割れ部を接着。折れ側の基盤に残っているピンをもともと半田付けされてたであろう箇所に沿わせて、ラジオペンチで角度を作って接触させる。デリケートそうなんで、再度の半田付けは怖くて出来ません。

一応見た目の接続は完了したのでPCに繋げて電源をオン。・・・回ってる、よね? ほどなくモニターにエクスプローラが現れたので見てみると・・・ん?んん?んんん!?

認識しとるがなコレ!奇跡かも?

Hddold01その後の1~2時間は心臓バクバクで、とにかく必要なデータの抽出と移動作業。その後もまともに動いているうちにって事で作業続行。徹夜明けの朝方にはほぼ全てのデータを引き出し移行が完了しました。

結局掛った金額は駐車料金込みで5千円ほど、しかもこの旧ハードはまだ使えそうな感じ・・・って使わないけど(笑)。

いやぁこんな事って有るんですな!「PCが変われば読見込む可能性もゼロではない」と口を揃えて言われたが、ホンマにイケるとは。しかも98SEで構築されたディスク内容なのに・・・って事を考えると凄くね? あんま詳しくないんで「そうでもないよ」って言われたらそれまでだけども^^;。

いずれデータの抽出の可否は天地の差、おかげで今までどおり・・・というか、環境が劇的に変わったので今まで以上の事がすいすい出来て快適です。

いやぁ良かった良かった。(おしまい)

|

AZAMI通販予約を締め切ります。

さきほど書き込んでからそれほど時間が経ってませんが、販売数量が満了しましたので通販予約を終了いたします。なお現在PCの復旧中につきHPが更新できません。通販予約ページへのリンクを切れない状態なので閲覧は可能ですが、以降にお申し込みされても受付けできません。以上ご理解のうえご了承願います。

お申し込み頂いた方には感謝します、ありがとうございました!完成品はこれからなので、そちらの方も宜しくお願い致します♪ 

取り急ぎ用件のみにて。

【追記】
HPの更新が完了しました(通販ページのクローズ)。新PCになると・・・というか、新OSになると環境が変わりすぎて「どうすりゃ良いの!?」状態で手間取ってしまってます^^;。なんせ98SEからVISTAなので。この期に及んでWin7じゃ無いってのもどうかと思うけど(笑)。ひとまず一難去った感じなので、やっと通常業務に戻れそうな感じ。
簡単になりますが、WFの事とかは改めて書きますね~。

|

AZAMI通販予約の終了

Azamiv2pnodecalいまだPCの復旧中、そんな最中ですが、嬉しい事にAZAMI V2の予約がまた入りだしてきました。「嬉しい!&ありがたや~♪」・・・なんですが、チト数量確保がやばい感じ^^;。・・・と書くと「そんなに売れてんのか!」と勘違いされそうですが、そうではありません。その辺をちょっと説明しときますね。

あざみV2はトリムスでの完成品販売が前提のモノなので、今までと違ってGK版の数量は潤沢に用意できないんです。トリムスさんで合間を縫って融通して貰ってるって状態の為に、販売もずれ込みがち。
また工場から日本への送料が結構な費用なので、発注するなら数量をまとめないといけません。去年の段階で先だって売れるだろう数量を見越して発注したのですが、国内通販だけでその数量を満了しそうになってきたのでヤバいなぁと。次にまとめて発注しても、その最低ロット数を売り切る自信もないので、そろそろこの辺で通販の予約を終了しようと思います。

ところでPC復旧中の為に、本館に画像をアップする事ができません。取り急ぎデカール無しの状態ですが、参考までに彩色サンプルを載せておきます。そんで、GK販売の予約受付は・・・

2011年2月12日(土) もしくは 規定数量に達するまで(あと2~3個くらい)

で終了させて頂こうと思います。以降は表立っての再販は考えてませんので、この機会をご利用頂けますよう宜しくお願いします♪

以上は当方で販売するガレージキットの話。完成品の方はこれからなのでモノ自体が入手できなくなるって事ではありませんので~・・・ツカ、ホントそっちを買ってほしい(笑)。

以上よろしくです~♪

|

取り急ぎのお礼とご報告。

2011WF冬が終了しましたネ。当日は当ブースにお立ちより頂き、またご購入などなどありがとうございました~♪ なんですが、この事は以降に書くとします。というのも問題が発生しちゃったからです~!!!

かねてより知人・友人・恩人等々、自分のPC環境の是正を忠告されてました。そしてとうとう来てしまいましたこの日が。SAFE MODEでしか立ち上がりませんがなコレ^^;。

急遽新PCにてセッティング中ですので更新ならびにメールの返信など、しばらくお時間ください~。旧PCのデータをサルベージしないとメアドとか判らない状態です^^;。

現在は新PCから書き込めているので、NET環境や以降に頂くメールの送受信につきましては問題なく行えます。問題は今朝がた帰阪し、壊れるまでの間に受信しちゃったメールの方。内容は把握していますので、ご返信おまちください!ご迷惑をおかけすることになり恐縮です^^;。

|

WFですなぁ・・・その5。(2011冬)

Deviestatue01もうちょいで出発時間となりますので、WF直前最後の書きこみで~す。ACCELの当日の売り物ですが、「AZAMI V2(キット)」と「DEVIEスタチュー(完成品)」、その他は「DEVIEのキット」と「ポチ(キット)」も一応持って行きます。ポチはアレなんで展示も表示も出来ないですが^^;。

さてDEVIEスタチューについてです。

前ログでもお伝えしたようにトリムスさんで彩色してもらったわけですが、モノを見てみると・・・「ウチでは売れないなァ」って感じ。画像を見て頂くとレベルが低いわけでは無いと判ると思いますが、あくまでもACCELとしてはNGって事です。

もっかい送り返してやり直して貰う時間も無いので、自分がオーバーコートして売ることにしました。なので少々時間が必要です。また数量的にも10個が限界かと。なので10個限定です。通販用に半分は用意したいので、よって会場で販売できるのは5個になります。

販売の方法ですが、いわゆる「受注」ですね。

①会場で前金でお支払い頂き、ソコで送り先住所やお名前・お電話番号とメールアドレスをお聞きします。
②受注頂いた先着順に個別にクォリティーを引き上げて行きます。
③会場での受注分に関しては2月末までを目途に納品差し上げます。
④納品に伴う配送料は当方が負担致します。
⑤色の変更等はお受けできません

最後に価格ですが・・・WF特価で¥22,000です。 クォリティーは完成品屋さんに頼むのと同レベル、レジンキットの完成品がこの価格なら安いんでない? とりあえず5個の受注分をこなした後に通販をしてみようと思うんですが、値段は上がります(めちゃくちゃ上げるなんて事はしませんが)。

Deviestatue02・・・ところでなぜこんな事をするのか? 単純な話なんですが、なんかイロイロやってみないと結果が出ないって事で(笑)。どう考えてもたいした儲けには繋がらない話なんですが、以降に繋がる何かを得られるかもしれないし。まぁ自分の立ち位置から何が出来るのか?を模索中って事で納得してください。

そんでは皆さん会場でお会いしましょう♪ よろしく~。

|

WFですなぁ・・・その4。(2011冬)

Azamiv2trims01デカールを貼りこみました~、これでやっと完成ですネ・・・ってなんとも時間の懸るこってスミマセン^^;。しかも本館に画像をアップしている時間も無いんで、ソレはWF後って事でゆるしてちょ~!
当日はACCELブース(3-10-10)にてAZAMI V2完成品、初お披露目とキット販売が有りますのでよろしくです~♪

・・・と普通に書いてますが、実はこの画像の彩色は自分では無くトリムスのTRY1なんですヨ。なので自分が塗ったのは自分のブースに、トリムスで塗られた姐さんは怪物屋内トリムスブース(4-08-01)にて展示です。

Azamiv2trims02当日来られる方はクォリティがどれくらいのものなのか是非見たってください。ベースは先ほど監修のOKが出たばっかなので自分が塗ったものですが、本体をこのレベルで再現できるのなら問題無く出来るんじゃないかと。後は量産した時のクォリティ維持ですね(実はココが今後の課題だったり)。

・・・とトリムスの宣伝してますが、目下の重要事はACCELでのキット販売。取り急ぎキットが売れてくれないとにっちもさっちも行かないんです。って事で「AZAMI V2のキット」をよろしく!(笑)

それとACCELではもう一点販売物が有りマス。今回はDEVIEの「彩色済みスタチュー」をトリムスで作って貰いました。ちょっと修正が必要なので、会場での受け渡しは出来ないんですが「WF特価」にて販売予定です。その辺の事も含めて画像と共に数時間後にアップしますのでよろしく!

|

WFですなぁ・・・その3。(2011冬)

Ritual01「超美人登場」

やまとさんのFFGシリーズから発売予定の「リチュアル」を塗らせて貰いました。コレはめっちゃオススメ!いままで塗った数多くのフィメールフィギュア中、ナンバー1の美人です~♪(和洋問わず)。元絵はルイス・ロヨ氏のオススメ画集「サバーシヴ・ビューティ」より表紙を飾ってる女性がソレ。

やまとのFFGというシリーズは自分もペイントで良く塗らせて頂いてるコンテンツ。「海外アーティストのイラストを日本人の繊細な感性で立体化し、海外に向けて発信する」と言う非常に有意義なポリシーを持つラインナップです。日本国内でも流通してるんで同シリーズの数点を所有している人も居ると思う。ともあれそうじゃ無い人もこの「リチュアル」だけは抑えておいた方が良い!って出来ですヨ。その造型レベルは自分が見る限り国内どころか世界レベルの上位にも入るもんだと思うので。

原型師タナベさんの造型経歴は海外の方が長いので、日本国内ではあまり知られてないかな? そんな経歴からか、海外原型師の造型センスと日本人特有の繊細さが丁度良い具合に合わさった、またツボを抑えた造作は奇跡的と言って良いかも。だから海外の原型師にも日本の原型師にも作れない造型物が完成してます。

Ritual02リアル系の要素を抑えつつ美人に仕上げる・・・ソレって海外原型師にはできません。少なくとも今まで見た事無し。対して日本人原型師は「可愛い」とか「美人」は作れるけど、リアル系の要素を抑えた造作ができない。 個人的な見解だけども、自分が今まで見てきたフィギュアの殆どはそうでした・・・と悲しいかな言わざるを得ない。

なのでこのリチュアルの原型を始めて見た時はぶったまげました。「なんや出来る人居るぢゃん!」と。しかも日本人でってのが嬉しい。ぶっちゃけると自分がそうなりたかったってのはこの際置いといて、当方より彩色を熱望したのは商業ペイントでは今回がはじめて。気合い入りましたよ~。

まぁYAMATO担当者さんの入れこみも有って結構リテイクをくらいましたが、おかげで良く塗れたと思います。このペイントが製品にどれだけ反映されるのかは判らないけど、担当者さんの感性が良いので納得行くレベルには仕上るのではないかと。製品になった際、その辺は量産品だからと言う制約を念頭に入れて頂くとしても、その造作自体は保有するに値するものなので是非! WF会場で現物の展示が有るはずなので、来られる方はジックリ生をご覧ください。

画像解禁の許可が出たので本館にアップしましときましたよ~。

|

WFですなぁ・・・その2。(2011冬)

Revoltechpredator01海洋堂「リボルテック・プレデター」の原型をやらせて頂きましたよん。そんでWF当日は特撮リボのディストリビューター「ケン・エレファント」さんのブースに置かれると思うんで見てやってください。なおサンプルは当ブースにも置いときます。お立ち寄りの際は遊んでってくださいね~。

そのリボ・プレデターですが、サンプルが届いたんで本館の「TIPS」のカテゴリーにアップしておきました。彩色されたちっこいバージョンではお顔がイマイチ判らないのでは?と思ったので複製原型も載せてます(1/8サイズの、ですが^^;)。

Revoltechpredator02なんつーか今になるとココはこうしたら良かったと思う事満載なんですが、低価格のアクションフィギュアとしては結構なお買い得感を味わえる商品になってるかと。自分で言うのもなんなんだけど、モノは結構良いと思います。画像とかで見るより是非実物を見て質感なんかを確認して欲しいなぁ。

既に予約は始まっているみたいなので宜しく~。

|

WFですなぁ・・・その1。(2011冬)

もう一週間無い?マジで?・・・って時期になっちゃいましたねぇ。毎度の事ながら準備不足というよりも「まだ準備に入れない」って感じ^^;。またやる事も年を追うごとに方向性がブレてきてるような気もしてて、ここらでいっちょ真剣にやり方を変えないとお先真っ暗やなぁと思う今日この頃です~。

まぁそれは以降に考えるとして、ともかく今回はもうスグ開催されるわけです。なので告知をば。いまだ準備に入れてない状態なので当日の販売物などについては直前くらいの報告になります。なのでメーカー等から受けてた仕事につき、WF当日に展示が有るだろうものについてアピールしときますね。

Gaiganliquid03マズはリキッドストーンさんとこ。FWG版ガイガンが再び登場です。この話は前にも書きましたが、その後の情報として価格が決まったようですよ~って事で告知。

¥20,000

マジ!?激安ですねぇ。とにかく在庫をはいてしまいたいのか、それとも時節を鑑みた価格なのか? ともあれ今回を逃すとチャンス無しって気配を感じます。既に持ってる人もこの価格ならもう一個くらい有っても良いんじゃないでしょーか? 理由はなんにせよ、30センチクラスのしかも超モールドの怪獣って事を考えると正に勝負価格、いっとけ!

ほんでほったらかしだった画像も本館の方にアップしといたので参考にどんぞ♪

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »