« WonderFest 2011 | トップページ | HANZA(AirBrush) »

米ワンダーフェスト・・・その後

怪物屋が遠征から帰国して早1週間、店には目新しいキットが並び見る側にとっては非常に眼福です。現地からの写真では「どうかなコレ?」と思ってたキットが実物を見ると意外にイケてたりして物欲がヒートしそうになりますねぇ。

Jimmy_flintstone_01といって生活に困窮している自分に購入資金を捻出できるわけもなく、指を咥えて・・・ってな同志に向けたアイテムもちゃんと用意してくれてました。コレは例年の如くなんですが、そんな貧乏人の味方「ジミー・フリントストーン」が今回も入荷! 私的に非常に楽しみなんだよねぇ実は(笑)。

そんな自分でも買えるくらい、とにかく安いです。「安かろう悪かろう」じゃタダの銭失いだけど、ジミーさんは上手いので問題無し。画像の「可愛い魔法使いジニー」「アルフレッド・ニューマン」「クラッシュ・ウルフ」の3点で1万円を大きく下回ります。グロスで金額を出して貰ったんで、それぞれナンボか判んないんだけど平均2千円~って感じ。安いっ!そんでイイ!

その作りはUSGKの正にスタンダードですねぇ。

①粗いんだけどしかし過不足の無いモールド。
②製作時間がド短期、よってその作りには勢いが有る。
③いろんなジャンルのモノをハイレベルで表現。
④イマジネーションの豊かさ。

Jimmy_flintstone_02・・・などなど他の入荷商品に比べたら小品なんだけど、上手さで言えば拮抗してるか勝ってるくらいかと。自分がこの3点を選んだのは特に出来が良かった・・・と言う事より、今後の原型製作の参考になると思ったから。また単純に塗りたかったからって方が大きいかもだけど(笑)。他にも「塗る」って事だけ考えたら面白そうなのがいっぱい有りますよ~オススメ!

(彩色済みのとか元ネタの画像も貼っときましたョ)

|

« WonderFest 2011 | トップページ | HANZA(AirBrush) »