« 2011WF夏(その3) | トップページ | 2011WF夏(その5) »

2011WF夏(その4)

Wf2011sum36毎回ご登場の姫こと「夏目」ちゃん(姫って言ってるのは自分だけだが。笑)、今回は原型を作ってディーラー参加です。前回立ち寄ってくれた時に本人より聞いてた事だけど、正に「有言実行」ホンマにディーラーとして参加するとわ! しかも持ち込んだ数量が少ないとはいえ完売、恐るべし!・・・対して毎回新作を持ってけない自分の不甲斐なさに凹むね(泣)。ディーラー名は「ONCE」でブログはコッチ、「コスプレイヤー原型師」の夏目ちゃんを応援したってくださいネ。

フライング・メガロポリスから自ブースへの帰り道、盲点だったナイス&グッジョブなディーラーさんを見つけました!

Wf2011sum42マズは「Piece」さん。なんか独自の解釈で造形を展開されててイイですねぇ♪ サイズは1/15と小さいんだけど、その分ビネット風にして空間演出を図るタイプの造形。こーゆーのはスゲェ好きです。よってキット価格も抑えられるんだと思うけど、非常に買いやすくって良いなぁ。

Wf2011sum43完成形はあの会場で見ても特に小さいと感じる事が無い見せ方が施されており、そういう面でもセンスの良さを感じます。低価格でも満足感が得られるだろうココのキットは、だから自分が見かけた時は全部ソールドアウトなんだろう。こう言うオリジナルなインスピレーションを大切にしているディーラーのキットが売れてるってのは他人事ながらなんか嬉しい♪ 見る人はちゃんと見てるんだなぁと。

Wf2011sum37お次は「Futuristic」さん。21期WSCで選出されてたので知ってる人も多いと思う。3Dデータで造形するタイプの原型師さんですが、そのレトロ・フューチャイックなモデリングが面白い。ガジェットをごちゃごちゃ付ける方向では無く、デザインを重要視した実は良く練られたであろう作品群の見どころはそのシルエットだろうと。

Wf2011sum38画像は新作の「VINCENT」、うぉ~っなんかめっちゃエエです~♪ 自分メカ系には興味をそそられないんスが、「Futuristic Ameise Robotic 」のシリーズと同じくコレは惹かれますね~。この「VINCENT」は「Battle And Demolition Robots」って事なのでイカツイ側だと思うんです。でも、その雰囲気を残しつつもなんか可愛い感じが有りますよね? アイアンジャイアントって強烈な兵器だけど可愛かったじゃないですか?そんな印象とダブります。

Wf2011sum39そしてパッケージがイイ!ココまでやってんのにこの価格ってのは買って良し!ですよね。残念ながら持ち合わせが無く自分は断念しましたが、持ってたら買ってます。この美麗なパッケージにはシュリンクがされてるワケで、その雰囲気は正に洋プラ! しかもヴィンテージもんの風合いを感じませんか?気合い入ってんなぁ~。

Wf2011sum40この装丁まで含めて作品然としてますね。よってこのまま飾りたい場合は製作用と2個買いを余儀なくされるわけで、ハマるとヤヴァい雰囲気も^^;。ソコは買い手の判断なのでモチロン売り手に責任は無い。このパッケージだけでも欲しいと思わせるこのクォリティーは、あきらかに購買欲の一翼を担ってると思う点で成功しています。

展示用POPと併せて「見せ方」がある種の趣味を持つ人には溜まらんワケですが、ブログを見ると何故そうなのか納得できます。「やっぱ根っこはソコですか!」て感じなんで、洋プラ好きの人は一度訪れてみましょう。因みに原型をされてるのはフランス人のウォルターさん。と言ってブログは流暢な日本語で書かれてますヨ。

Wf2011sum41最後に次回新作も展示されてたのでその画像も。こりゃまたキてますね~。地球外の思考性メカっぽい雰囲気が(笑)。一連の作品を見ているだけで背景にストーリーの存在を感じる事が出来、それが立体物での展開の仕方だと教えられているような気がします。

(その5)へ続く・・・

|

« 2011WF夏(その3) | トップページ | 2011WF夏(その5) »