« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011WF夏(その5)

今日でレポートが最後なので雑感・・・というか反省ですネ(毎回恒例です^^;)。かなりウダウダ書いてるのでそう言うのが苦手な人はスルーしてくださいネ♪

Wf2011sum44本編と特に関係のないこの画像は帰りに立ち寄ったSA日本平、怪物屋スタッフの面々。晩飯がてらの集合場所はずっと海老名だったけど、ここ最近はそれ以外のSAでご当地定食を目的とするようになってきた感じ。最後にもう一枚、更に関係ない画像も貼っときます(笑)。

では本題。最初に書いた通り自分とこの売上は散々だったワケだけど、なんとか最悪の事態は免れたので良かったです。それもこれも「DEVIES」を購入頂いたおかげで、今回はこのお二人のお客様に助けられました。 前回も同じく「DEVIES FOUR」をお買い上げ頂いた四人のお客さんのおかげで凌ぐ事が出来ました。ここ数回は完成品無しではエライ事になってたというGKディーラーにあるまじき体たらく・・・今回もご期待に添えず申し訳けありませんでした、超反省してます。

ところで自分も含めて売上が低迷し続けてきていると意気消沈のディーラーが多そうな今回(一緒にすんな!と言う方ゴメンナサイ^^;)、しかし自分の知ってるところで「気を吐いてた」ところも有りました。

植物少女園

本人は至って普通・・・と言うか、見た目は風が吹いたら飛びそうだし日光にさらされると溶けそうな人なんだけど(笑)、秘めてるものが凄いんだネ。その内面を造形物に凝縮している感が有り、よって彼女の作るものは一種独特。しかし訴えかける何かが有る・・・と思う。

マスプロ原型で今や有名人、でもいったん植園名義でのディーラー活動に入ると途端にその超個性が前面に出てくるのが面白い。独自世界の造形で勝負する稀有なディーラー・・・というか、今回の新作のアプローチを見ているとアーティスト然としてきている感じ、いやはや脱帽です。

「この人は何を考えてこういうのを作っているのだろう?」とか、「なぜこんな発想になるのだろう?」とか楽しみ方はいろいろですが、他には無いであろうその立体物が異彩を放ってるのは間違い無いです。妙な緊張感が有りますよ。未見の人は是非・・・っても画像が無いのでリンクで飛んで行ってくださいネ。ほんでWFには毎回出ているようなので、会場に来られた人は現物を自分の目で確認してみてください。

植園さんのようなディーラーを見ているとホント考えさせられます。彼女も忙しいハズなのにやる事はキッチリやってきている。だから結果が出るし、今後にも繋がって行くんだね。それが出来ないところは淘汰されて行くしかないワケで、このままでは自分のところもそうなると確信しています。

ウチは直近で「トレフェス神戸」、その次が「WF冬」というスケジュールになりますが、ソコで何が出来るのか?・・・真剣に考えないとイケませんね。「不景気」「お客さんの財布の紐が固い」と言うのは実感として確かにあるけど、だから売れないというのは違うと思ってます。お客さんは「選んで」買うようになってきたと解釈すればソレは当然で、その眼に叶うものをリリース出来なければスルーされるという事。

「そのキットを持ってるってだけで嬉しい」・・・これは自分がGKを買う時の選別基準だけど、お客さんの多くがそうなってきている、つまり正常だと思います。目の前にそんなキットが有ればちょっとくらいなら奮発しようって気になりますよね?ディーラー側はそんなキットを用意できないとイケナイって事だと今回の結果からあらためて思った次第。

毎回そうなんですが、やはりイベント直後はその結果如何に関わらず気合いが入ります。要はその気合いを持続できるかどうかに掛っており、日々に追われてけっきょく「同じ轍を踏む」の繰り返しがここ数年でした。これでは前に進めませんね。「マズ一歩」をキモに命じて次に向かいますので引き続き宜しくです!

Wf2011sum45それでは最初に書いてた画像を載せておきますネ。コイツは怪物屋やウチの店番でお馴染みの「チンカス」君です。他にも「うんこ」「プーチン」「恵比寿」「大五郎」「デミズ」など、様々に呼ばれてますが、どれが本名なのかは定かでは有りません。さしずめこの画像なら「馬鹿モノ」で良いのではないかと。日本は元より実は海外でもえらく人気が有り、なんと言葉が判らない地でも臆する事の無いテンションで心が折れません。今では「コレも才能」と有る意味みんなに愛されてる彼ですが、見るにつけ「何事も突き抜けてこそだな」と思う・・・わけねぇだろ、ゴルァ! 

しかし重宝がられてはいるので、イベントでは怪物屋もしくはACCEL付近に出没します。WF会場に来たら見る事ができますよ、コイツの痴態を生で。そんなモノ好きなあなたは次回も是非!

・・・て事でレポ終了。最後までお読み頂きありがとうございました~♪(最後の〆がコレってホンマにやる気あんのか?て感じですが、やる気は有りますので^^;。)

|

2011WF夏(その4)

Wf2011sum36毎回ご登場の姫こと「夏目」ちゃん(姫って言ってるのは自分だけだが。笑)、今回は原型を作ってディーラー参加です。前回立ち寄ってくれた時に本人より聞いてた事だけど、正に「有言実行」ホンマにディーラーとして参加するとわ! しかも持ち込んだ数量が少ないとはいえ完売、恐るべし!・・・対して毎回新作を持ってけない自分の不甲斐なさに凹むね(泣)。ディーラー名は「ONCE」でブログはコッチ、「コスプレイヤー原型師」の夏目ちゃんを応援したってくださいネ。

フライング・メガロポリスから自ブースへの帰り道、盲点だったナイス&グッジョブなディーラーさんを見つけました!

Wf2011sum42マズは「Piece」さん。なんか独自の解釈で造形を展開されててイイですねぇ♪ サイズは1/15と小さいんだけど、その分ビネット風にして空間演出を図るタイプの造形。こーゆーのはスゲェ好きです。よってキット価格も抑えられるんだと思うけど、非常に買いやすくって良いなぁ。

Wf2011sum43完成形はあの会場で見ても特に小さいと感じる事が無い見せ方が施されており、そういう面でもセンスの良さを感じます。低価格でも満足感が得られるだろうココのキットは、だから自分が見かけた時は全部ソールドアウトなんだろう。こう言うオリジナルなインスピレーションを大切にしているディーラーのキットが売れてるってのは他人事ながらなんか嬉しい♪ 見る人はちゃんと見てるんだなぁと。

Wf2011sum37お次は「Futuristic」さん。21期WSCで選出されてたので知ってる人も多いと思う。3Dデータで造形するタイプの原型師さんですが、そのレトロ・フューチャイックなモデリングが面白い。ガジェットをごちゃごちゃ付ける方向では無く、デザインを重要視した実は良く練られたであろう作品群の見どころはそのシルエットだろうと。

Wf2011sum38画像は新作の「VINCENT」、うぉ~っなんかめっちゃエエです~♪ 自分メカ系には興味をそそられないんスが、「Futuristic Ameise Robotic 」のシリーズと同じくコレは惹かれますね~。この「VINCENT」は「Battle And Demolition Robots」って事なのでイカツイ側だと思うんです。でも、その雰囲気を残しつつもなんか可愛い感じが有りますよね? アイアンジャイアントって強烈な兵器だけど可愛かったじゃないですか?そんな印象とダブります。

Wf2011sum39そしてパッケージがイイ!ココまでやってんのにこの価格ってのは買って良し!ですよね。残念ながら持ち合わせが無く自分は断念しましたが、持ってたら買ってます。この美麗なパッケージにはシュリンクがされてるワケで、その雰囲気は正に洋プラ! しかもヴィンテージもんの風合いを感じませんか?気合い入ってんなぁ~。

Wf2011sum40この装丁まで含めて作品然としてますね。よってこのまま飾りたい場合は製作用と2個買いを余儀なくされるわけで、ハマるとヤヴァい雰囲気も^^;。ソコは買い手の判断なのでモチロン売り手に責任は無い。このパッケージだけでも欲しいと思わせるこのクォリティーは、あきらかに購買欲の一翼を担ってると思う点で成功しています。

展示用POPと併せて「見せ方」がある種の趣味を持つ人には溜まらんワケですが、ブログを見ると何故そうなのか納得できます。「やっぱ根っこはソコですか!」て感じなんで、洋プラ好きの人は一度訪れてみましょう。因みに原型をされてるのはフランス人のウォルターさん。と言ってブログは流暢な日本語で書かれてますヨ。

Wf2011sum41最後に次回新作も展示されてたのでその画像も。こりゃまたキてますね~。地球外の思考性メカっぽい雰囲気が(笑)。一連の作品を見ているだけで背景にストーリーの存在を感じる事が出来、それが立体物での展開の仕方だと教えられているような気がします。

(その5)へ続く・・・

|

2011WF夏(その3)

毎回見に行く時間が捻出できなかったFLYING MEGALOPOLIS、「今回ココだけは絶対に行く!」と決めてたんです。やっぱすんげー眼福♪なんかGKとはイマジネーションのレヴェルが違う気がします。さすが造形作家って感じで、居並ぶ作品はアートの風格でした。手ブレしてるのも載せますが、とにかく見てくだちい。

松岡ミチヒロ
Wf2011sum12_2

Wf2011sum13_2

Wf2011sum14_2

Wf2011sum15_2

Wf2011sum16_2

Wf2011sum17_2

Wf2011sum18_2

Wf2011sum19_2

Wf2011sum20_2

Wf2011sum21_2


宇田川誉仁
Wf2011sum22_2

Wf2011sum23_2

Wf2011sum24_2

Wf2011sum25_2

Wf2011sum26_2

Wf2011sum27_2


鎌田光司
Wf2011sum28_2

Wf2011sum29_2

Wf2011sum30_2

Wf2011sum31_2

Wf2011sum32_2

Wf2011sum33_2

Wf2011sum34_2

Wf2011sum35_2

一部だけど特に自分の琴線に触れた作品群をピックアップ。しかしココのブースでは最低でも1時間は無いとじっくり見る事ができない。よって結局心を残したまま立ち去る羽目に^^;。折角の機会なのに勿体ない事この上なしですね。20周年おめでとうございます!

(その4)へ続く・・・

|

2011WF夏(その2)

Wf2011sum08さて本日からディーラーレポです。なんと真向かいに見知った顔が。「サイコモンスターズ」のワタルさんでした! いま話題のクィーンを展示、実物見たらその迫力に圧倒されますね。会場で見てもデカいです!「うぉ~っモールド完璧なのでは!」ってのも当然、劇中パペットがベースなので(笑)。 「こうなってんのか~」とかしみじみ見ながら撮影するもピンボケ連発、会場での撮影ではカメラの性能の悪さが如実に表れてしまいます(残念!)

Wf2011sum09コレが有れば他はイランだろうマストアイテムですが・・・貧乏人には無理。お金が融通できる人は頑張って良し! しっかしかっちょエエ「阿婆擦れ」ですなぁ。多くはサイドショウのバストで満足してると思うんだけど、ソコをフルスタイルでリリースしようって~ワタルさんに乾杯♪ 以降もエライのが控えてるみたいで、「マジすか!?」状態。とにかく意欲的です、流石!

Wf2011sum10お次もエイリアンで話題のロズウェル・・・の佐野さん原型ビッグチャップ(フルスタイル)!好評を博しているバストモデルの第二弾ですね。これまたスーツモールドに忠実!この直立体制は好き嫌いが分かれるかもだけど、普通エイリアン・ファンは好きだよね?只今監修中って事で、しかしココから更にチェックが入るのか? まんまに見えるんですが自分には。内股具合が絶妙です♪・・・ってか画像を載せて良いのか?と不安に駆られるも、「イイんじゃない?」と言われたので載せました。アカンとなったら速攻で削除しますのでその際はご容赦。

ところでコレの撮影時、偶然居合わせたワタルさんに声を掛けられ振り向くとソコに佐野さんが!まさかご本人と話をする機会が有ると思って無かったので感激です。ワタルさんと久しぶりに会えたし佐野さんとも会話ができた今回のWFは、それだけでも来て良かったなぁと。

Wf2011sum11そしてお次はコレマタ再販の話題でモチきりのフューチャーです。まさか今になってゼイラム・ロボットが再販されるとは! それよりも私的に気になったのは高柳さんのBYE-BYE。これ初キット化ですよん! まさかこれがキット化される日が来るとは思ってなかったワケで、是非入手しときたいところ・・・だけどマジ金無い。目前に鎮座しているキットに後ろ髪を引かれながらその場を立ち去るしかないのであった(号泣)。

(その3)へ続く・・・

|

アザミ完成品が発売です!

WFレポートの途中ですが記事をインサート。当面この記事がブログTOPに来ますので、その他の記事を読まれる場合はスクロールしてくださいネ。

Azamiv2_painted_statueいよいよ発売されました「あざみV2完成品」! 開発期間が長かったなぁ^^;。 おかげでTRIMS全体のクォリティが引きあがったと言うことでお許し願いたい。購入を検討されていた方もソコが重要だったと思いますし、実際に「時間が懸かってもその部分を追及してほしい」とお聞きしていたので。 

クォリティは他に類を見ないレヴェルに達していると思いますが、WFで実物をご覧になった方は如何感じましたでしょうか?自分から見ればこれ以上やられると「ぺインターとしては困る」レヴェルかと・・・と言いますか、デカールの張り込みに関しては自分より上手いです^^;。
すでにある程度、形状に沿って抜かれているデカールの余白を手作業で更に切り詰めています。なので「貼りこみました」感が抑えられ、またデカール特有の「シルバリング」も出ていません。デカールに関しては全面的に私が開発にあたり、刺青の透過性を重要視して相当セッションを繰り返しました。なので他ではできないであろう表現がされていると思っています。
透過した刺青色と下地にくる肌色とが混色した場合の見え方のパターンを数種類作成し、実際に幾度も張り込んで検討した結果が完成品には反映されています。

たとえば完成品屋さんでもこれ以上のクォリティを出せる人は自分が知る限りそうはいません。にもかかわらず、値段は彩色済みスタチューの範囲内、しかも素材は「レジン」です。34,000円という価格それ自体は高額ですが、内容に比すれば如何に努力しているかを感じられるかと。ほんと既存のスタチューと並べられたら違いが分かると思いますので是非! 

「と言ってもやはり購入前に実物を確認したい!」って場合は怪物屋の店舗内に常設していますので、参考にどうぞ!それでは「あざみV2完成品」よろしくです~♪

|

2011WF夏(その1)

昨日は終日なんやようわからん状態で1日が過ぎてしまいました。いやぁ相変わらず今回「も」しんどかったですが、まぁおかげでリセットできたので本日からガッツリ仕事モード突入です。

さて今夏もWFが終了しました。暑い最中、会場にお越しのうえ当ブースにお立ち寄り頂いた事に感謝します。雑感などは最終で書くこととして、マズは身の回りの事などから今回もレポートを書いてゆこうと。 そんな偏った見方でも見てやろうって方はお付き合いのほど宜しくです♪

Wf2011sum01さて今回ですが、塗装モノが前日に仕上がってるという稀有な例でホテル仕上げは有りませんでした。かわりに原型を少しでも進めるという、自分からしたら通例より面倒な状態だったワケです。よって原型に必要な道具類を持ち込む必要が有り、画像の「食器乾燥機」もその一つ。コレが無いと作業が進まないんですよねぇ。「客室に食器乾燥機」・・・なんかアホっぽい話ですが去年の夏も「あざみ」で同じことしてましたね。

Wf2011sum022枚目の画像みたいな感じで店を広げるわけですが、他にも色んな工程に対応できるべくポリパテ・エポパテ・SSPなども持ち込んどりました。「ココに数日こもれば原型が完成する」だけのものは取り揃ってたわけですが・・・実は最重要なモノを忘れてたり。

「パジコのスパチュラ」

コレが無いと作業効率が極端に低下すると今回改めて感じましたョ。他の物で代用しようとするも、あまりの決らなさに意欲も失せる状態。「もうヤメ!」と投げ出そうとしたけど、持ち込んだ「食器乾燥機」を見るにつけ「何の為にココまで道具を持参したのか?」と思うに至る。
因みに画像を見て「持ってきてるやん!」と思ったアナタ、鋭いですが画像に映ってるのはクロスワークスさんのス「パチュラやすり」ですので。念の為(笑)

Wf2011sum05珍しく前日搬入に間に合う時間帯に到着してた為に今回は余裕がありました。が、その気の緩みで結局ダウン、けっこう寝てしまい気づけば朝の4時。ソコから4時間ほどの作業で展示したのが画像の状態です。ホント何やってんだか?って感じですネ^^;。

Wf2011sum03作業の最中、陽光の照りだした6時ごろの「千葉ロッテスタジアム」とその湾岸部分・・・エエ景色ですなぁ。

Wf2011sum04そしてそのまま会場に目を転じると入場列の誘導が始まってました^^;。なんかこんなところから見下ろしてるのは申し訳ないなぁ・・・と思いながらも撮影。あんまり見る光景でも無いので思わず。ゴメンナサイ^^;。

Wf2011sum07会場入りは朝8時です。マズは預かった「やまおかクン」のブラフマーを展示。コレ凄く評判良かったですヨ。イベント開始から20分たたずして完売です・・・っても2個ですが(笑)。いやぁ、こんなハードなのでもクォリティ次第でイケるんだ・・・と実感。しかも完売後に間に合わなかったと悔しがる人も数人おり、また女性もブラフマーの眼力に引っかかってか結構ガン見と言う好評ぶり。経験上10個くらいなら難なく完売したであろう雰囲気でした。

なんとお客さんの一人はおフランスよりの来訪者、日本語を勉強中との事で多少の会話ができたんですが、どうやらコレが欲しくて来たって話。マジすか!? う~んグローバルな魅力なんだね~・・・ってか、そこまで入れ込んでた人の手に渡ることができたのがホント良かったですヨ。
あとWSCプロデューサーのあさのさんが褒めてたのが印象的、「WSCにどうですか?」と一応勧めてみたり(笑)。

Wf2011sum06自分の方の結果は散々でした~^^;。しかしゼロでは無いし、特筆すべきは完成品のDEVIEが2体とも売れた事!この状況下にあって、この価格のモノが売れたのはホント救いです。お買い上げのお客様にはホント感謝!
自分はペインターでも有るので、余裕が有ればこういった事は今後もやって行こうと思います。

って事で(その2)に続く~。

|

DEVIESです。

Deviestatue03出来ました悪魔色。特筆すべきは現時点で仕上がってるって部分。そう!ホテルでの塗装は有りませんヨ! ・・・かわりに展示するって言ってたバストモデルがアレから全く手つかずなので、ソレを少しでも進めんとアカンわけです。どっちが楽かと言えば慣れてる塗装の方だったかも^^;(段取り間違ってる?)

さて今回の新色DEVIEは前からやりたかった悪魔色。「どうせ赤く塗るんやろ?」とか思ってた貴方、正解です。単純な人間なので捻らないですよ・・・てか捻れない(笑)。自分らの業界で悪魔キャラと言って思い出すのは「ヘルボーイ」に決まってますね。え、決まってない? ともあれ、自分の連想はそうなんでロン・パールマンのを参考に。

お姉キャラと言えど、悪魔キャラはやっぱ「怖い」ってくらいアクが強い方が良かろう?て事でメイクも濃い目。瞳も黄味が掛った白目に金ぽい瞳です。仕上げ的にはクリーチャーサイドですね。スィムスーツはヘルボーイのコート色系で塗って、装具類は全て黒鉄色、ブーツなんかはエイリアンの体表を塗る時の方法なんで「コレ何の素材?」て仕上がり。

Deviestatue04足元のガイコツはエンスケ風にしてみました。メタル骸骨ってクールですよね?とにかく通常色と被っちゃ意味無いので、違う雰囲気に持って行ったつもりです。多分この系の仕上げは現物を見た方が詳細が分かると思うので、会場に来られる方は是非お立ち寄りください~♪

さ~てそれでは荷造りです。そして本日出発・・・やっぱ時間ねぇなぁ。それでは明日、会場でお会いしましょう!

|

怪物屋ブースでワークシャツ販売!

実は密かに期待してた「待ってました~!」のブツが今回WFの怪物屋ブースで販売されます♪GKでも完成品でも有りません・・・いや違うな、同卓トリムスの「あざみ完成品」は買ってください(笑)。

Bawidamann_image_02「あざみ完成品」以外に私的お勧めなのが「アンドリューさんのワークシャツ」です。ほとんど怪物屋のスタッフシャツと化してたわけですが、今回まとまって入荷したそうですよ。しかも数種類の図柄・サイズ・カラーから選べるってんだからたまりません。しかも¥5,000とリーズナブルっシブです!

画像のは自分がしょっちゅう着てたヤツですが、ソールドアウトの為に有りません。しかしその他にもエエのがぎょーさん有るんでご安心を。着てると良く「このシャツどこで売ってんの?」って聞かれてたんですが、日本で売ってたのは怪物屋だけという・・・しかも入荷してはスグ掃ける「在庫なし」の状態が続いてたので持ってる人は少ないかと。この機会に是非GETしちゃってくださいネ~♪

因みに自分は3年以上着てますが、洗い方に気をつければプリントの欠落などモチロンの事、色落ちもソレほど感じない状態が維持出来てます。元よりしっかりした作りの為に持ちが良いんでしょうね。
ホンマにお勧めなんですが、特に女子に来てほしい!色味が「黒・茶・グレー」と渋めなので、インナーにビビット系のキャミソールを持ってくるとかしたらかなりキュートに見えるんじゃないかと。ほんでボトムにホットパンツで足元を編上げのサンダルなんてどうでしょう?

イラストレーターのアンドリューさんのサイトはコチラ、ほんでWFで買おうと思ってる人は怪物屋HPで図柄とか確認してみてください。

・・・ってなんか、他ディーラーの紹介ばっかしてるなぁ自分^^;。

|

WF当日の販売物(その2)

旧作ばっかで参戦する今回のWF、「なんかヤバイぞ・・・」と日が近づくにつれ焦り中^^;。で、この期に及んで販売物を追加する事にしました。現状から売り物を増やすってたって自分に出来るのは塗装のみ。しかも時間が無いのでアイテムはDEVIEくらいしか無く、ソレの色替えバージョンでもやってみようか?と。「新作が無いなら新色で」・・・では前記事の続きです。

Deviepaintwork01④DEVIE塗装済み完成品(通常色)・・・¥22,000
⑤DEVIE塗装済み完成品(悪魔色)・・・¥32,000

④は前回のWFで売ってたモノと同様のものです(レタッチ済)⑤はいま塗ってる最中なんで、画像を載せれるか微妙。なお上記2点は会場で販売する為の特価なので自分からしたら相当安いですが・・・まぁお祭りって事で(笑)。

あとお支払はWF後1週間以内でしたら後納(銀行振込)でもOKです。またモノがGKの完成品なので、一度持ち帰り厳重に梱包してから後日発送致します(その際の送料は当方が負担)。同品はキット販売の為の塗装見本も兼ねているので当日のお渡しは出来ないって事でも有ります。ご了承ください。

そいでは作業に戻ります~♪

|

クロス・ワークス

Xworksspatulayasuri01今WFで怪物屋ブースにて合同出展されるダイヤモンドツールの販売店さんです。自分も数年前からココのツールを使わせて頂いてて、今や原型製作・完成品製作に欠かせないアイテムの一つとなってます。同社から今回のWFに当て新製品をラインナップするって情報を貰ったのでご紹介。

Xworksspatulayasuri02①マズは好評の「スパチュラやすり」の新作。原型師御用達のスパチュラと言えばパジコ、そのスパチュラにダイヤをロウ付けしたのが今回のブツですね。
ダイヤ粒子の番手を変え「ファイン」「ミディアム」「ハード」と3タイプを用意。何を削るのかによって、またソレがキット製作なのか原型製作なのかによって欲しい番手は違います。
3タイプ有ればケースによって使いわけられるワケで、開発に当たってはその辺の事を意図してるんじゃないかと。

Xworksspatulayasuri03②またWFのみで少量販売されるスパチュラやすりも有るとの事。パジコ製スパチュラのヘラ先をスライスし肉厚を抑えたモノを台金として使用、ソコにダイヤをロウ付けした「WF限定品」です。
ソレに付着させるダイヤの番手はパジコ製スパチュラやすりの開発時、モニター間で受けの良かった「ミディアム」のダイヤ粒子をセレクトしたって寸法。(画像の下のがWF限定品)

Xworksspatulayasuri04③「サージカルナイフ」と呼ばれる取り換え可能な医療用メス。このナイフの切れ味が素晴らしいのはご存じの方も多いかと。更に画像のようにアートナイフに装着できる手軽さも相俟ってプロアマ問わず意外に多く使われてますよね?
そのサージカルナイフにダイヤを付けたものも今回は「参考出品」として展示するとの事です。ダイヤを付ける事で「切れは止まる」のは承知の上、着眼したのはその「弾力性と薄さ」って部分ではないかと。隙間を面研するのに既存のヤスリでは「手の届かない感」が有った部分でもコレでバッチリ!なんて?

その特性を活かす為にセレクトしたダイヤは「ミクロンダイヤ」、スパチュラヤスリに使っているものより相当な極細粒子のダイヤ粒をつけています。

なお対象物に対してのダイヤの付け方も2通りあって、その違いでシリーズ分けをしているようなのでソコもご説明。

【EPシリーズ】
エレクトリックポイント・・・いわゆる「電着」によってダイヤ粒を対象物につける方法。一般的な工法で広く普及している。上記「サージカルナイフ」へのダイヤ付けはこの工法によって行われています・・・てか、電着でしかこのナイフにはつけられないって話でした。

【BZシリーズ】
ブレージングと言う「ロウ付け」技術でダイヤ粒を対象物につけたもの。クロスワークスがリリースする商品の多くがこの工法によってダイヤ付けされている。
上記パジコのスパチュラやすりは「BZ」です。この工法は付着対象物を選ぶ部分が有るようなんで、何にでもこれでつけられるか?と言えばそうでは無いようですね。でもこのブレージングによって付けられたダイヤは総じて切削能力が高くソレが同社の売りにもになってます。

この工法は「電着」に比べてダイヤ粒の突出面積が多くなります。切削能力の違いはダイヤの質によっても違ってくるそうなんだけど、「BZ着ダイヤ」の場合は本来のアビリティを如何なく発揮できるって事ですね。

・・・と色々書きましたが、ウンチクより要は使い勝手。実際に自分が使っている同社の製品は「切削能力が高い」と実感してるんで奨めてるわけです。マジで良いですヨ♪ もっと詳しい説明が聞きたい人はWF当日、クロスワークスの担当者が居るのでその人に聞いてね(自分に聞かれても上記以上の事は判らないんで^^;)。

Xworksneedlebit④最後に一押しなのが画像のビット。ダイヤ工具の使用は自分の場合は基本リュータービット、またクロスワークスの得意分野も実はコレなんですよね。なので総じてビットの切削能力はハンパ無いです。
その中でも他に類を見ないのがこいつ、言えば正に「ニードルビット」。ブレージングによるダイヤ付けなので、同レベルのモノが他にあるかな?って感じ。「スーッ・・・」て入って行きますよ~♪(画像は爪楊枝と比較しています)

その細さゆえ使い方が荒いと折れちゃいそうですが、自分的には必須アイテム。これも今回のWFで少量だけど販売するって事なのでこの機会に是非!
因みに「使い方が荒いと・・・」と書いたけど、自分は折ったこと無いですよ。丁寧に扱うので・・・ってか、切削能力が高いと荒く扱わなくても削れるって事です。(リューターにつけたまま落としてしまうとかはモチロン論外。笑)

って事で、今日は公私ともにお世話になってる今日はクロスワークスさんの紹介でした♪

|

WF当日の販売物

ハニービーが抜きに回せないので新作は有りません^^;よって当日のラインナップは・・・

①あざみV2キット・・・¥18,000
②DEVIEキット・・・¥9,000

それぞれ数量が5個以下という、何しに行くのか良く分からない状態ですが宜しくお願いします~・・・と、プラスも一つ。

こないだ紹介してた「やまおかクン」の「ブラフマー(キット)」も当ブースで販売(委託)してみないか?と打診しています。通販は終わってるんだけど、型を修正して抜けるだけ抜いてもらうって方向で。現物見たいでしょ?見たいよね? キット販売が有る方が体裁が整うので「1個でも良いから抜いといて~」と。さて何個用意できるでしょうか?てことで

③ブラフマーキット・・・¥13,000

こっちも宜しくです!

更に追加情報、コレは私的にHOT!! ようやく「あざみ完成品」がトリムスから発売されますよ~・・・長かった^^;。当日先行販売って事で会場にて実売らしい。帰りの荷物がでっかくなっちゃうんでアレなんですが、「お初は縁起モノ」って事で余裕のある人は是非!

ブースは「4-02-01」、怪物屋との合同卓です。自分も製品を見ましたが、こりゃまたナカナカのもんに仕上がってマス。ツカ量産品でこのレベルなら文句無しでしょう?て感じ。まぁ塗装マニュアルを作ったりマスク治具を作ったりした甲斐が有ったってもんですね。
以降トリムスサイトで通販も始まると思うので、会場に来られない方や見送られた方も購入の際はソチラを是非ご利用ください。

TRIMS HP

取り急ぎ今日はこんなトコで(文章ばっかでごめんなさい)。

|

タイムア~ップ!

アカン、やっぱ出来ませんでした~(号泣)。「間に合わないなら作る意味も無い!」的な思いが頭を駆け巡るものの、しかしここまでもってきたのならせめて完成させてやろうという思いも有り。だって本気で間に合わせるためにバストモデルを選択したんだし、その為にゴーグルをつけることで「目を作らない」って時短を狙ったアイテムなので。

といって今後の原型製作のスキルアップの為には作った数を増やしていくってのは重要、それも完成させないと意味がないとも思っている。なのでこのまま続行です。当日のキット販売は出来ないですが、ともあれ原型展示はする方向で残りの日数あがこうと。

Honey_beeさて今回のアイテムについてチョット説明。

ご覧の通りバストモデルです。キット名は「HONEY BEE 」、蜜蜂ですね。単純にメッシュゴーグルから連想したってだけの取ってつけたような名前で申し訳け無い^^;。「蜂」に「蜜」を付けたのは丑蜜の時と同じで「お姉ちゃんには色気の有る名前を」という昭和世代のオッサン的発想でコレマタ申し訳け無い(笑)。コードネーム的な捉え方でヨロシク♪

衣装はスチームパンクなデザインをしたつもりだけど・・・現時点ではガジェットがまだまだ足りてないですね。ここからの作業でどれだけモールドを入れられるのか?が課題です。手を入れられる残日数は他の準備の事を考えたらせいぜい3日。はたしてどこまでできるのか?

あ~あ、しっかしダメだな俺は。前に書いたブログを読んで「多分こうなるだろう」と予測をした連れが言った通りになってるやん。そいつがほくそ笑んでいるのが想像できて、なんかコッチも二ヤけてたり・・・ソレってどうよ?て感じやけども(笑)。

当日の販売物やハニービーの進捗に関してはまた後日書きますね~。では!

|

BRAHMAA(梵天)

本日はキット紹介をば。去年の末に大阪日本橋で行われた「F-LIVE」、そこで原型製作の実演をしてた中の一人「やまおかクン」のキットです。
兼ねてよりその造形力の高さは卓越してたものの、そのアイテム選択のニッチさからいま一つ認知度が伴わない不遇な彼(笑)。と言って上手い事には変わりなく、その顔造形のレベルにおいては比肩者が思いつかないほど高次やと思います。

Brahmaabust「fg」でひっそり販売してたらしいこのキット、fgをやっていない自分(・・・いまどき出遅れてんなぁ^^;)が知ったのはつい最近でした。これだけのものなら売り場がどこでも速攻で無くなるのでは?との意に反してブログで通販してても在庫は有るって話(あと数個って感じだけど)。

ワケ判らん・・・という感想は置いといて、じゃあ及ばずながらでもウチでも紹介させて貰うわぁって事で。

近くWFが有るので買い控えてるって人も居るかと思うけど、しかしWFでこのレベルの造形物が出てくるか?と言えば疑問。特にリアル系GK好きの諸兄にとってはソッチを置いてでもコレを買っとくべきやと思うがどうだろう?で、「いっとこ」って人は下記へGO!

「粘土こねブログ」

以降に続く連作の一発目って事なんで、買い逃したら後悔するかもよ?因みにキットを見た自分の感想は「すげぇボリューム」。全高30センチあまりの半身像、フルスタイルなら恐らく1/4ほどの大きさのものをこの価格で提供するのは良心的で好感度高し。
デカさの事を言ってるが、要はこの造形物をこの価格で入手できるってところがキモかと。ほんまオススメですよ!

※本ブログの関連記事はコチラ。やまおかクンは「num」って名前で出ています・・・坊さんか?(笑)

|

WOLF(jimmy flintstone)

Wolfjimmyflintstone今日は直前にやってた依頼仕事の画像をば。ジミーさんのキットで依頼が来るとは思いもよらず、しかし自分はこの手のが好きなので超嬉しい。仕事と言うより本気で遊べて賃金が発生するなんて!年に1~2件はこういう仕事をしたいもんです~♪(勿論全てがソレって風になるのが望ましくはあるけども)。

作例はその作業の殆どを筆描きで行ってます。スケールで言えば1/3クラスなんで、ヘッドだけってもまぁまぁ時間が掛りますね。毛並みモールドが無いので逆に描き込みを阻害するものも無く、よって延々と作業が続くとも言えるシロモノでした(笑)。
もともと車のシフトノブのアクセサリーとして作られてるんで、そのままでは姿がよろしくない。フィギュアとして展示できるようにデコレーションしてあげます。

同時期に自分が欲しくて購入したアルフレッド・ニューマン(お子ちゃま)もMADの表紙ぽくしつらえたら相当面白いものになると思う。そっちは本当に趣味的に作りたいところだけど・・・まぁそう言って完成したモノが無いのでやっぱ寝かす事になるのだろう^^;。

(参考)元のキットの記事はこちら

ジミーさんのキットは次回WF、怪物屋ブースでGETできるかもです・・・入荷が間に合えばだけど。その場合はこの完成品も作例として展示されると思うのでまた見てやってください。

|

2011WF夏

あぁなんつーかもうスグですねぇワンフェス。今回の出し物は・・・あざみV2のキットは有るんスが、新作が無い^^;。あとDEVIEも持って行けるけど、それだけってのも寒いもんが有るので(時期的にはクソ暑いけど)何か作れないかと思案中。

ってのが先週末の話。

2日間ほど限界まで脳みそを回転させてイメージを固めつつ資料集め、昨日くらいから作業に入りました。いずれフルスタイルは無理なんでバストモデルですよ。展示のみなら2週間とまぁまぁの時間が有るけども量産するならあと1週間も有りません。

かなりきわどい・・・てか普通は無理。

WF前は普通では無いので、「もしかしたら?」なんて事も有るかも?と期待してガンバってみます。しかし着地点がいまだ定まらないのが難点ですぅ。

ところで卓番ですが、「6-07-08」です。今回はガイドブックに広告を出してませんが、連番なのは覚えやすいでしょ? お気軽にお立ち寄りくださいね~♪

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »