« 2012WF冬-ぶらっと散策(その6) | トップページ | 2012WF冬-ぶらっと散策(その8) »

2012WF冬-ぶらっと散策(その7)

昨日の続きになるけどもマズは植園さんのオリジナルをば。虎鉄とバーナビーをあれだけ持ち上げといてなんなんだけど、自分は彼女のオリジナルの方が好きなんですよ(笑)。版権キャラはどう作ってもやはりキャラ性を無視できないし、監修を通す必要があるから無茶はできないもんねぇ(売らないならOKだろうけど)。

Wf2012win23画像は前回が初リリースの「メルティスノウ」(通販を再開したみたいですョ)。聞けば完成までにかかった時間は4年! 入れ込み方がハンパねぇ・・・って感じ^^;。オリジナルならではの逸話だね。
原型製作は「早い事」も仕事をして行く上では大事なんだけど、ソレは商業原型での話。GKの原型を作るのに納期なんてのは無い。納得行くまで作れば良いんです・・・って事なんだけど、普通イベントに参加してるディーラーはソコに当てようとするので数年スパンで作り続けるなんて考えにくい。

プロとしても商業原型に携わってる人間が、モールドを起こすのにそんなに時間が懸るわけは無く、この事をとっても彼女が如何に自分の作り出すキャラに心血を注いでいるのか判ります。バックボーンになるストーリーを同人誌形態にして併せて売ってたし、実作業以外の部分で相当時間を懸けたと想像できるのが本作かと。

そうやってオリジナルは自分の思いの丈を込める事が出来るわけで、直に製作者の考えを投影できるモノです。よってこの部分をツキつめ出すと泥沼に陥る可能性も高い。そしてイメージをダイレクトに投影できる熟練者ほど実は底が知れる怖いジャンルなのかもしれないんだけど、しかしユーザーの側に立てばソコが見たいもんねぇ?

人のオリジナル造形を見たいと思っているから自分もオリジナルをやってます。あと版権キャラを作って評価を受けてもソレは作り手が認められたことにはならないんじゃないか?とも思ってるから。(コレは各々の「原型製作」と言うものの捉え方の問題だけど)

食園さんみたいに深く考えて作るのもオリジナルならば、自分みたいにインスピレーションだけで作り上げるのもオリジナル・・・と、こう書くことで自分の底が知れてしまってる気がするけども(笑)。

Fnew03当方の作り方は結局「形」の追及なんだろうと思います。背景や骨格になる話などは有った方が良いかもだけど、「ソコは適当でエエねん」と。それよりも好きな要素を盛り込んだ「自分的に楽しい形を出していく」事に固執し、造作を楽しむってのが己のスタイルって事で納得してください(画像は製作途中「F」の背面)。

延々と続く仕上げ作業や、どのモールドをどこに配置するのかで悩んでいる時はシンドイなぁとも思うけど、基本的にそう言うのが好きなのでソレでも楽しい。だから悩み過ぎて手が出なくなるならソコは適当にやっつけて、モチベーションを維持する方を優先します。

そうやって作ったモノが素通りされるならソレだけのものにしかなっていないという事だろうし、熱心に見てくれたらそれだけで凄く嬉しいもんです。そういう評価なら素直に受け止められるので、少しでも多くの人に足を止めて見て貰う為に頑張る・・・というのが自分のイベント参加の意義なんですね。

・・・と言って、やはりオリジナルは如何せん商業には不向きなので仕事としては成立しないけど、ほらイベントって模型のお祭りだから(笑)。

ところで今回DEVIEを凄く評価してくれるお客さんが居ました。「作って良かった~」と思うと共に、やっぱこの系って支持してくれる人が確実に居るんだと嬉しくなっちゃいますね。DEVIEみたいな造形ラインに他の要素を絡める事で独自の展開をして行けるんじゃないか?と新たな発想もそう言う出会いで生まれたりします。

アイキャッチ系?ノーズアート系?ともあれ、アメリカーンな要素は外せないんだけど、そのお客さんのHPを拝見して反応してくれた理由が判りました。

Mad_buffaroMAD BUFFALO

しまった~、こんなエエのリリースしてたんやぁぁぁ!!! 見に行くべきだったス^^;(同HPのブログ参照)。ご本人さんはアメリカ雑貨を身にまとったキュートなお嬢さん。ホンマに見た目で「ザ・アメリカン」な子で、ココまで徹底してると気持ち良いネって感じ(笑)。原型師さんとのコラボで卓を出してた模様です。この路線を極めてって欲しいスねぇ♪ 

で、またもや勝手に画像を拝借ゴメンナサイ・・・なんですが、こんな感じのフィギュアをリリースしてたようですヨ。留之助商店で取り扱ってそうなハイソぽいオーラをまとってます。いやぁイイ!

(つづく)

|

« 2012WF冬-ぶらっと散策(その6) | トップページ | 2012WF冬-ぶらっと散策(その8) »