« 怪物屋の歩き方(その2) | トップページ | 入荷してました。 »

怪物屋の歩き方(その3)

いやぁどうにか確定申告を終わらせましたヨ。数字が頭の中を駆け巡る一日でしたが、終わってみると年1回ならまぁエエか?って気にもなる。なにより徹夜はしたけどソレで数万円の収入を1日で得られると考えたら心地良いとさえ感じますね・・・っても元より稼いだお金を返して頂くって手続きなんだけども、自分の場合^^;。さて連投記事も大詰め、本日で最後ですよ~ん。

Kai12031011⑪作業スペース「その2」、店内中央のオープンエリアに通称「うんこ」を発見!店の哀玩動物デミズくんです。わざと「哀」って字を使ってマス(笑)。客注のグエムルの仕上げ中ですがカメラを意識して括弧つけてますネ。まぁその方が画像がブレなくて良いんだけど、おかげで掲載する羽目になりました^^;。毎回 自分はこき下ろしますが皆に愛されてるのは確か、居ないと意外に困るいわゆる「貴重な資源」でもあります。
作業内容に応じて作業者は各スペースに移動するみたいですね。現在は「その1」に店長、「その2」にデミズ、「その3」がにーやんって配置でしょうか?

Kai12031012⑫ちょっと大型のキットや古いキットなんかが並んでます。箱には内容物の英表記しか無いのも有り、一目で何のキットか判らない場合が有るかもです。さらに奥に眠ってるものもあるので「宝探し」ヨロシク物色しましょう。気になるモノが有れば中を見せてくれるので、その場合はスタッフまで。値段が付いてても一応スタッフに値段を聞いてみてください。変わらないモノも有れば入荷から時間が経ってて安くしてくれるモノもありますヨ。

Kai12031013⑬コンパクトサイズ・・・っても大概1/6以上だけど、そんなキット類はコッチ。下段のケースには逆に超大型キットなんかも詰め込まれてます。
なお価格について、新旧に関わらず「真に良いモノは値下げしない」って理念が有るので他で買った方が安いってのも無きにしも有らずです。しかしソレは「ぼったくって」いるのでは無く、逆に市場の値付けが間違っていると思って良し。店長が値段を下げない場合はそういう良品だと思いましょう。

Kai12031014⑭裏倉庫。客注のキットや在庫類、完成品の破損分やなんやらかんやらが詰め込まれている部屋。よってお客さんの立ち入りは基本的に出来ません。一部私物なんかも有るようで何がなんだか?って状態ですね。ココの在庫類は店長しか把握してないんじゃないかな?自分はココでびっくりするようなレア・プラモが混じってたりしたのを見たことがあります。

Kai12031015⑮作業スペース「その3」、大型キットの造作の場合はココを使います。全高70センチあまりのモサ・サウルスが2体並んでもスペースに余裕有り。この場所でGMKの「対ギドラ戦ジオラマ」や大山竜原型の「デスゴジ」が生まれました。
例えば1/1ヘッドくらいのFRP成形なんかもココで出来ます。型を展開するスペースが有るって事で、それが模型製作で有れば結構な大きさのモノまで対応できるって事ですね。

以上「怪物屋の歩き方」でした。しっかしえらい書きましたネ^^;。GK専門店ってのはなかなか無いと思うし、遠方で来られないお客さんの目の保養にはなるかな?って事で連投してみました。しっかしこういったお店のレポートとかって面白いかもですね。各店舗もそれぞれのカラーがあるだろうからやったら面白いのにねぇ。

って事でおしまい。でわまた!

|

« 怪物屋の歩き方(その2) | トップページ | 入荷してました。 »