« 怪物屋の歩き方(その3) | トップページ | NTR »

入荷してました。

Kai12040701久しぶりに書いたと思ったらまた怪物屋の記事で恐縮です~^^;。昨日「店にいっぱい入ってたヨ~」・・・って知人から連絡が有り、ソノ中に待ちに待ってた製品が有った為に嬉々として行って来ました。

マズはイレギュラーながら怪物屋のブログでも詳しく書いてないようなんで、ココでいっちょ。・・・といってココでもそんなに詳しく書かないんで画像で判断してください。

Kai1204070210年前なら普通のラインナップなんだけど、今となってはオール珍しい品になってしまった画像の商品郡。自分もキット状態を見たのがはじめてってのがありますネ。既に売れてしまっているモノも有るみたいで、みんな情報収集が早いなぁと思うワケです。

2番目の画像のは再販分の某クリーチャー(アイボリーレジン・2ヘッド)、こんな状態で売ってたんやぁと。一時10万前後で取引されていたこのクリーチャーは果たしてお幾らなんでしょうか? それ以上に今やレア扱いのキットも画像の中に有りますネ。

Kai12040703次の画像も今や珍しいバンピ。海外のどこのサイトを見てもバンピと言えば・・・って感じで載ってるキットですが、「こんなんやったんやぁ」と色んな意味で感慨深し。

Tim_bruckner_01さて本題、自分的に上記のレアキットそっちのけで興奮したのがティム・ブラックナーものです。もう神々しいばかりに上手いですね、この人。だけじゃないのはキットを目の前にすると一層判る・・・っても本当のところが判っているのかは疑問だし、どう良いのか説明しても上滑りする気もする。

単純に「この人の造形が好き」と言うソレだけは間違い無く、これは完全に個人的意見です。造形のどこを見るのかは人それぞれで良いと思うし、同じく「良いね」と思う人と嗜好点をすり合わせる必要も無いかと。

Tim_bruckner_02自分が好きな点を述べるなら、その基礎力の高さに裏打ちされた勢いの有る造形かな?見てて気持ちが良いんですねぇヘラ運びが。それと製作者の人間性がにじみ出ていると思える造作の前で技術的にどうこう言ったってむなしいなぁとも思うので。如何に良いかはそれぞれの人が感じれば良い事かと。

Tim_bruckner_03ところで最後の画像の「シラノ・ド・ベルジュラック」なんか凄いですよ。近くで見たらココで擱くか普通?って仕上げです(笑)。「仕上げない」作例と言えば、例えばシフレットやサイモンが居るけどソレとは異質な感じを受けます。
横に並ぶベートーベンとの仕上げレベルが全然違うんですが、画像では判別できない。この人の造形で凄いと思う点はココにもあります。全体を通してのボリュームのつけ方がほんとに完璧で、だから仕上げに頼らなくても量感として見た場合に不具合が無い。そこにプラス個性的なタッチが入ってるもんだから「気持ちいい」って思うんだろうと。

・・・ってつい自分が良いと思う点を書いちゃいましたネ^^;。ともあれこのキットは見て良いと思う人だけ買ってって欲しいと思うわけです。

実はブラックナーの今回入荷分は1回目って事らしいです。2回目はスタチュー系のキットが入荷するので超楽しみ!&私的には散財確定なので悲しくも有りで「どうしよ~」って感じ^^;。

世の中にはこんなに良いGKを作る人が居るんだと嬉しくなる今回の入荷でした。

|

« 怪物屋の歩き方(その3) | トップページ | NTR »