« 6-16-01怪物屋(その4) | トップページ | 6-16-01怪物屋(その6) »

6-16-01怪物屋(その5)

Wf12sum016店長が本腰いれてプッシュしてゆきたいって~アイテムをご紹介。販売用のキットも届き準備万端、会場では是非ご覧頂きイロイロと聞きまくってやってください。ホンマええですよ~♪(一部勝手にサイトから拝借した画像を使ってマス、ゴメンナサイ^^;。)

INDUSTRIA MECHANIKA

Wf12sum020ダイオラマ製作に適した小スケールで世界観を構築していくってタイプの、これがまた普通じゃ無いくらいにハイセンスで高クォリティーな造形集団です。3DCGを駆使したGK製作ならではの密度と精度が有り、「といってもフィギュアがイマイチ」・・・なんてウィークポイントも見当たらない一歩先んじた、と言うか業界を牽引するだけの力量を持ったディーラーさんが登場したって印象。

Wf12sum018「フィギュアがイマイチ」どころか、「こんな造作なかなか出来んぞ」級の雰囲気を持たせているのも、併せてリリースしている通常スケールのフィギュアを見れば納得。(フランケン・モンスター?めっちゃかっちょエエやん!)
まぁ基本的に何やらせてもハイクォリティーで消化できるのは技術というより明らかにモノを知っているからだろうと思います。

Wf12sum021画像のフィギュアは1/35スケール、よって高さは5センチそこそこ。よ~出来てますねぇ・・・ってか、溶接器具なんかも付属しててスンゲェ雰囲気作ってます。コレだけでも絵になるんだけど、スケールを合わせて作られてるメカ類と組み合わせる事で世界観が広がるって仕掛けですね。
男性作業員の3体セットなんかもソレゾレに個性が有って面白く、この辺はまとめ買い必至。そしてそんなニーズに答えるべく、怪物屋では買い易い価格帯に設定しようって事らしいですよ。

Wf12sum0173DCGならば適しているであろうメカ系の造作は、その優位性をフルに発揮しつつ、しかし基本であるデザインワークを重視した良品を作ってる。一言で言えば「センスが良すぎる」ディーラーなんですよね。
そのセンスの良さは特にコミカルなキャラやディフォルメ・メカに現れてると思います。自分なんかはもっぱらコッチ系を収集するだろうと思われ、散財必至な先行きに不安を感じずには居れません^^;。

なお日本で活躍するフランス人メカディーラーの「FUTURISTIC」さんとも提携してるみたいですし、こういったオリジナルのメカ造形のムーブメントを作って行こうって活動は小気味よい。ドンドン広まってって欲しいよね!ともあれ一見の価値有りなんで是非お立ち寄りください♪・・・って事で。

(つづく)

|

« 6-16-01怪物屋(その4) | トップページ | 6-16-01怪物屋(その6) »