« 型用シリコン ”GI-1000" | トップページ | LUZ »

三角頭と看護婦さん

2012comicon既に怪物屋のブログでも画像公開のあった三角頭と次回作のバブルヘッドナースの紹介をします。現在進行形で製作が進んでいる「サイレントヒル2」よりRPTとバブルヘッドナースの原型を担当したのはそれぞれその筋では定評の有る造形をする赤尾慎也とタナベシン。メーカーは新興メーカーの「Gecco」です。

原型展示のみだけど、早速今年度のコミコンにてお披露目されました。海外SHファンクラブの会長さんのお目に適ったらしく、色んなトコにプロモートしてくれた結果、感触は上々だったと聞いてます。その様子は氏のブログに記載されているので是非訪れてみてください。

Silent Hill Historical Society

2012comiconrptところでSHモノのPVC完成品は国内初ではないかと。ツカ世界初? 良く踏み切ったと賞賛するとともに、是非こういう意欲作は市場に受け入れられて欲しいと思うところ。国内外ともにどういった販路で販売されるのか?価格などを含めて協議中みたいですが、手にしやすい価格帯になると良いねぇ。そしてこういった良品こそ商売として成立して欲しい!でないとこの業界の先行きに不安を感じざるを得なくなるので^^;。

むかし怪物屋が海外のイベントに美少女系のフィギュアを持ち込んだ事がありました。向こうのカテゴリーを引用するなら色々あるけど例えば「HENTAI」と括られる場合も有るワケです。日本で言うその意味が判っているのかどうかは定かでは無いけども、店長曰く「HENTAIは世界共通で変態なんだネ・・・」と。(全く売れなかったそうです)

2012comiconbhn日本はこのまま このジャンルでもガラパゴス化してゆくのか?・・・「ソレも悪くは無い」って人も居るかもだけど、しかしそれだと末は淘汰されるって事なのでは?と思うんです。

今回紹介した三角頭とバブルヘッドナースの原型を担当した二人は海外原型師にもリスペクトされている今や日本が誇れる原型師と言って過言ではない。この二人が「楽しんで作れた」というアイテムなんで出来は良いはず。

正に「刮目」して動向を注視して欲しいアイテムです。

|

« 型用シリコン ”GI-1000" | トップページ | LUZ »