« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

メジャーデビュー(笑)。

Xworksvorks01怪物屋&ホライジングと大阪の数店舗、その他ではイベントでしか入手できなかったクロスワークスさんのやすりですが、「ボークス」さんでの取り扱いが始まったみたいですヨ。取り扱いは「秋葉原・大阪・名古屋・京都」の4店舗らしいんだけど、評判次第では更に多くの店舗でも店頭で買うことが可能になるかもしれませんネ。

こないだのトレフェス神戸で扱ってた猫鯖さんとこでも順調に売れたらしく「なんか波に乗って来た?」って感じ。まぁ他には無い商品だしダイヤ工具としてのクォリティーも折り紙つき、当然の成り行きか?・・・といっても入手先が全国区でないとナカナカ手に取って貰えないのも事実。こういうのは使ってみないと判らないもんでも有るんで、ボークスさんで取り扱いが始まったというのは凄い前進だと思います。

Xworksvorks02マズは都市部のみからのスタートだけど、格段に入手しやすくなりましたよね? で、伴って「スパチュラやすり」のパッケージが変更になっているので画像を載せておきますね。内容は今までのモノと同じです。「スカルプ・ナイフ」2種は同じパッケージで店頭に並んでいるそうですヨ。

ところでクロスワークスさんのツールで私的に一番の推しは「リュータービット」です。もうその「切れ味」と「持ち」は唯一無二ですヨ。しかしそのビット、イベントとかでしか入手できないんですよねぇ^^;。この辺のツールも全国区販売になれば地方の原型師&モデラーさんは助かるだろうなぁと。ま、今回のメジャーデヴューを祝うと共に以降の躍進も期待しつつ紹介しておきます♪

|

ノーツちゃん

Notesbust夏のWFでリリースされたガイアノーツ・マスコットのノーツちゃん、そのバストモデルをタナベさんが作ったって事は当ブログでも紹介しました。現在その素材を使ってのペイントコンテスト実施中、投票締め切り間近なんで紹介しとこうと。

第一回投票は31日までで誰でも投票できるんで参加してみませんか?作例の中にはプロ級のものとか自分から見ても「スゲ~ッ!」ってのが有ります。また自由に塗られたり好きに加工されている作例は「作ることを楽しんでいる」感があって見てるだけでも面白いですヨ。尚いま受け付けているのは1回目の投票で、その結果を受けて数人の作例がピックアップ。そこから最終の決戦投票にシフトするって流れみたいで、塗装に役立つアイテムが各賞に用意されてます。金賞のハンドピースは相当良さそうですねぇ・・・凄く気になります^^;。

しっかし見てると自分もやってみたくなるから不思議だよね。タナベさんは自分が作った原型を元にコレだけの作例が揃ったって部分でめっちゃ嬉しそうでした。そらそうだよねぇ、その気持ち 良く判ります。上手い下手よりも作るために時間を割いてくれたってところが嬉しいんだろうと(自分がそうなんで)。

gaianotes 「ノーツちゃんペインティングコンテスト」

って事で見てみるだけでもどうでしょう?決選投票までなら11/11と時間も有るんで気が向いたら投票してあげるって方向で(笑)。

|

トレフェス神戸4、終了。

前日の夜半から結構雨が降り出したんで「こりゃやべーな」と思ってたんですが、思いのほかの来場数に感動です!足を運ばれた方、ほんとオツでした~。
当日はウチの(ってかHEADLONGの・・・ですが^^;)ブースにお立ち寄り頂き、またお買い上げありがとうございます♪赤尾クンの方もソコソコの結果でしたし自分の方も良い感じ。エントリーして良かったなぁと思う成果で、ほんと感謝です!

Trefeskobe0401「関西は渋い」と昔から聞きますし自分の肌感覚でもそうなんですが・・・そうなってしまう原因はお客さんや気質のせいだとばかりは言えないと思ってます。まずそう感じたディーラーの人は勝負をかけたのかどうか?って部分から見直した方が良いだろうと。例えばWFや有明では新作を当てる事が多いと思います。ソレをこの神戸のイベントでやったのでなければ、同等の成果が上がるわけは無いと言う事を念頭に置かなければイケナイでしょう。

「関西ではお初」と言うのは今の時代に措いて意味が無いのは想像できると思います。ネットオークションが普及しており通信の充実で情報伝達も早い。またコレだけ流通網が発達している今日では東京で発表されたものを入手する手段は多く有るって事です。また鮮度が落ちるのも早いって事です。
ココに頼っているディ-ラーが成果に不満があるとすれば、お客さんをバカにしているって事にならないでしょうか?旬を過ぎたアイテムの再販でエントリーしているんだって事を自覚すべきですね。

毎回思うんですが、お客さんとの直接対話ができるのもイベントの魅力の一つです。そうして一人づつでも支えてくれるお客さんを増やして行く事が売り上げの安定にも繋がるし、購入に至らなかったとしても単純に楽しいです。現在の世の中は不景気と言って良いでしょうし、今の政権与党があの政党という不幸にも見舞われています。またフィギュア業界が衰退しつつあるのも実感なんですが、そんななか資金をひり出して買ってってくれるお客さんを見れば思わず涙が出そうになりますヨ。
そんなお客さんに気に入って貰うために原型をやってると思えた時は凄く甲斐を感じますし、以降の制作意欲にも繋がります。イベントってそういった英気を養う場所でもあるワケで「やっぱ対面販売は必須」だと。

Trefeskobe0402今回のウチは旧作を手に取って貰うための仕掛けをしましたし、赤尾クンは新作を当てました。せめてそれくらいはしないと下方修正した目標でもクリアは難しかったろうと思います。また「使えるモノはなんでも使う」って感じの「人寄せパンダ」的メーカーサンプルの展示も集客の助けにはなったろうと(笑)。

お客さんの趣味趣向やこんなのが欲しいあんなのが欲しいなど、その他どうやって塗ったら良いのか?などの会話をしているときの目はキラキラしています。そういう人たちが足を運んでくれている場所なので、対応次第でまだまだイケると思いました。

なんか説教臭い記事になっちゃいましたネ^^; 「オッサンなんで仕方ない」とご容赦ください(笑)。ともあれ重ねて御礼、ありがとうございました~♪

|

トレジャーフェスタin神戸4

明日はトレフェスですが、ウチも参加しますよ~(告知が遅くなりスミマセン)。 卓番号は「Dタ-17・18」で、今回もHEADLONGに寄生参加です。しっかし天候悪そうなんだよねぇ・・・って事で、そんななか来て頂いてACCELで買物してくれた人「先着5名」にプレゼントを用意しました!詳細は後ほど。ほんではマズは宿主の販売アイテムから。

◆ミショナリー(SH3)1/6スケール(今回で絶版?)
◆ゾンビ・ティーチャー ミニバスト
◆新作ゾンビ ミニバスト

Headlongzombieらしいです。詳細は彼のHPで確認頂くとして、新作ゾンビの画像を先んじて掲載(笑)。見ればモチーフは判ると思いますが・・・普通いらねぇ^^;。しかしゾンビ・ティーチャーを購入したヒトは揃えないとイカンでしょうなぁ・・・だってこの後も続くシリーズらしいから。あと何体作るのかは社会人なら判りますよね?ヒントは「トロイカ+ワン」、最悪面子です(笑)。ところでこのゾンビ、タイトルを聞いてないんだけどさしずめ「お遍路ゾンビ」って感じかな?

Geccoさんの三角頭(工場サンプル)とナース(未塗装)も飾る予定ですヨ。いずれも最終彩色バージョンでは無いんだけども、どんな商品になりそうなのか?の判断材料にはなると思うのでお立ち寄りの際は是非みてってください。

最後にウチの販売アイテムは

◆ハニービー・・・¥5,000
◆エフゼロ・・・¥5,000
◆あざみV2・・・¥16,000
◆ポチ・・・¥12,000
※全てイベント価格です。

Secretkit「あざみV2」と「ポチ」は各1個づつ持っていきます。あざみはラス1なんで、今回売れればようやく絶版と相成ります(はぁ~長かった^^;)。で、最初に書いたプレゼントですが「上記ACCELのアイテムで会計が1万円を超えた人」に画像のキットを進呈します!お一人様1個で、先着5名です。

「詳細は内緒♪」・・・っても趣味が合わなければ要らないかもだけど、オッサンだし^^;(その場合は「要らねぇ」って言ってくださいネ。)アイテムは遊びで作ったモンなんでそんなにたいそうなモノでは無い(1/7くらいのバストモデル)。といってGKとしても販売できるレベルくらいには仕上げてあります。(抜きも赤尾製なんで良いですヨ)

以降もこういったプレゼント形式で配る事はあっても国内販売はしないアイテムです。わざわざ会場まで足を運んでくれて、当ブースに真っ先に立ち寄ってくれるお客さんへの感謝の気持ちって事で♪

ほんでわ明日「Dタ-17・18」でお待ちしてますので宜しくです~。

|

バブルヘッドナースのPVCスタチュー

Geccobhn01三角頭に続いてナース完成品の受注が開始しましたヨ~♪発売が来年2月って事で、受注期間は三角より余裕が有りますね。価格も抑え気味なんで、この際2個とか3個とか・・・ってお客さんの為に豆さんでは「3個セット」ってのも有りますネ。
コンパチ・ハンドなんでパイプを左右どちらでも持てますし、連結前提のベースになってるのでナース軍団が再現できます。

今回の原型師はタナベさん。リアル系の美女を作らせたら国内屈指なのは周知されてると思うけど、やまとサン以外のメーカーでもタッグを組めたのは良かったです。モノはクリーチャーだけど、色気必須なアイテムに氏の起用はビンゴでしたねぇ。キモいんだけどエロくて良いと思いません?

製品ではGeccoさんがこの塗装をどこまで再現してくるのかだけど、やり方とかも図解で説明したんで後は何とかしてくれるんじゃないかな?三角の塗装が結構イケてたんで期待してます。「頑張れ中国の彩色師さん!」って感じかな(笑)。

今回も「伊藤暢達」さんの書き下ろしパッケージですヨ!RPTと一緒に箱を並べるだけでも価値あるじゃん!ってモンになるでしょうから是非!!

◆バブルヘッドナース 1/6スケール PVCスタチュー
◆豆ブログ

あ、それとフィギュア王でもページを割いてくれてるみたいなので読んだってください。RPT・BHN生みの親「伊藤さん」のインタビューとか載ってますよん♪

【追記】アマゾンでも予約が始まりました~♪

【追記-その2】

◆豆ブログで熱い製品レビューが始まりました。内部構造とか今回も詳しく教えてくれてますヨ♪

|

ASURA

Asura_01大阪では梅田ブルク7のみで上映。先週の段階ではレイトショーが有ったのでソレを見に行くつもりだったんだけど、「ソロソロ劇場では観れなくなるかも・・・」と聞き急遽観てきました。
確かに上映回数が減っていてレイトショーが無くなってたのは痛かったけど、久しぶりに電車に揺られて一人ブラリってのも悪くない(っても寄り道無しなんだけど^^;。)

毎週水曜日はレディースデー。それで女子率が高かったんだと納得するも、まぁ他にもタイガーバニーとかもやってるんで・・・と思いきや、アシュラ客も意外に女性が多かったですねぇ。(因みに劇場版タイバニはさとうさんが監督では無いそうです)

Asura_02さて内容、今時のアニメに逆行するかの如くの骨太さはやはり嬉しい。ウケ狙いのキャラや演出が鼻につく日本アニメ界にあっては、こういう意欲作がもっと作られるようになって欲しいと願うばかり。なんならもっとコアなのをやって欲しいくらいです。

飢餓状態下の緊急避難的な場合はカニバリズムとは言わないらしいけど、本作の主人公は常習化していることからソレにあたるんだろう。「何故そうなってしまったのか」的な事を軸に、周囲の人間が「禁忌」としていることが実は脆弱で有る・・・と言うような部分を骨にしたつくりになっていると、大雑把に言えばそんな感じ。

凄くメッセージ性が有りともすれば重いんだけど、「ソレが人間」って事ならば各々が自覚すべきだろうと思える。日常が崩れた時に人間がする行動は始末に終えず、集団心理と相俟って「人に在らず」と思しき凶行は、こないだ隣国でも起きてましたよネ?

Asura_03「衣食足りて礼節を知る」コレが有って「人と成る」んだなぁとあらためて思うと共に、思い込みや無理解によっても人の和は壊れるって事も織り込んでると感じました。厄介だね人間^^;。

人の暗部をクローズアップしている本作は悪く言えば「説教臭い」のかもしれないけども、ソコを描かないで都合よくチャンチャンで終わらせるモノを見せられても何も残らない。そういう意味では観てて辛くなる部分も多く有るんだけど、だからこそ全て逃さず正視したいと思える映画でした。

最後に一言、CGを使った画面構成は見事ですヨ。日本の雄大な景色と反する凄惨なシーンとのコントラストも劇場ならではの体感。そろそろ公開も終了しそうな感じなんで時間の有る人は足を運んでみては如何でしょう?

映画アシュラ公式ページ

|

Cammy U.K. color

Cammyukcolor01またしても好き勝手に塗った作例です。去年の末に思うところが有り、「このままでは進歩ねーぞ」って事で塗装練習を兼ねて仕上げたモノなんですが誰か買ってくれませんか? 本館に詳細画像などをアップしておきますので参考にしてください。ほんでもって興味のある人が居ましたらメールください。

コレの製作当時、周囲の人間くらいしか知らない事ですが本気で焦ってました。塗装に関してスキルアップが停滞している感じが有り、なにかしら新しい事をしたかったんです。着眼したのは「サフレス」なんですが、一般的な方法では新しくもなんともないのでソレをどうやって自分流にできるか?ってところにチャレンジしました。

そのやり方が確立できたワケでは未だに無いんですが、おかげで一定の感触を掴む事が出来たと思ってます。よって作例は本気、販売価格も強気なんですが如何でしょうか?

【追記】
上記完成品はおかげさまで売れました。また同じような売り方を近々すると思いますので、「今回考えてたのに~!」って人はその時にまたご検討ください・・・ってもアイテムは違いますが^^;。お付き合いありがとうございました♪

|

カンブリア宮殿 海洋堂

ろくでもないなぁと思える局が多いなか比較的まともと思える番組を放映しているのがテレ東、なのでTVを見る場合はココが多いです。ジパングやガイアと並んでカンブリア率が高いワケで、やっぱ自分は経済が気になるって事なんでしょうね。

さて先週のカンブリア宮殿では海洋堂をフィーチャーしてましたが皆さん見ましたか?アソコは特殊な会社だと思うので「会社経営の参考になるか?」と言えば否だと思うんだけど、その業界に携わる自分としては興味深く見れたのでご紹介。

◆カンブリア宮殿

TV放映の内容と違いますがコッチの方が詳しいですよ。バックナンバーが見れるので当面は「宮脇修一氏」のタグで視聴可能だと思います。

村上龍とセンムが話してるのを見るとごっつ違和感を覚えると共に、しかしこの番組でフィギュア会社の事を取り上げているってのはチト嬉しい(笑)。
TV放映されたものは綺麗にまとまってたしセンム特有の毒気もあんまり感じなかったけど、その辺ネット配信版にはチラホラ見え隠れしていますヨ・・・と言ってソレでもかなりオブラートに包まれているとは感じるけど^^;。

ネット配信版を見てて感慨深かったのはぺギラのレジン複製品を見せて説明してた場面。センムが言うようにこのぺギラに触発されてガレージキット(GK)製作に海洋堂が本腰を入れたのだとしたら、国内の全てのフィギュアの原点と言えると思います。だとしたら自分達のような人間からしてみたら正に御神体級アイテムですね。

海洋堂に対しては反感を持つ人も多かろうと思いますが、この会社と特に「センム」こと宮脇修一さんが居なければ国内フィギュアの今はなかったろうと。それだけ海洋堂がこの業界に果たした役割は大きい。この会社よりフィギュアを扱う大きな会社は有りますが、結局は海洋堂の行った事の残滓をすくって商売をしているわけです。その事実が有る以上 一定のリスペクトくらいはあって良いのでは?と。

じゃあなぜ海洋堂が業界TOPに君臨できないのか?・・・というと、商売が下手って事になるんでしょうね(笑)。だからこそ先駆者としてフロンティアを開拓できたんだろうと思いますし、ソレをするのに必要な資金くらいは自前で用意できたと考えればコレほどボランティア精神の有る、且つ自立できている会社も稀有ではないかと。

今後もそのスピリッツで業界を牽引してって欲しいなぁ。

|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »