« トレジャーフェスタin神戸4 | トップページ | ノーツちゃん »

トレフェス神戸4、終了。

前日の夜半から結構雨が降り出したんで「こりゃやべーな」と思ってたんですが、思いのほかの来場数に感動です!足を運ばれた方、ほんとオツでした~。
当日はウチの(ってかHEADLONGの・・・ですが^^;)ブースにお立ち寄り頂き、またお買い上げありがとうございます♪赤尾クンの方もソコソコの結果でしたし自分の方も良い感じ。エントリーして良かったなぁと思う成果で、ほんと感謝です!

Trefeskobe0401「関西は渋い」と昔から聞きますし自分の肌感覚でもそうなんですが・・・そうなってしまう原因はお客さんや気質のせいだとばかりは言えないと思ってます。まずそう感じたディーラーの人は勝負をかけたのかどうか?って部分から見直した方が良いだろうと。例えばWFや有明では新作を当てる事が多いと思います。ソレをこの神戸のイベントでやったのでなければ、同等の成果が上がるわけは無いと言う事を念頭に置かなければイケナイでしょう。

「関西ではお初」と言うのは今の時代に措いて意味が無いのは想像できると思います。ネットオークションが普及しており通信の充実で情報伝達も早い。またコレだけ流通網が発達している今日では東京で発表されたものを入手する手段は多く有るって事です。また鮮度が落ちるのも早いって事です。
ココに頼っているディ-ラーが成果に不満があるとすれば、お客さんをバカにしているって事にならないでしょうか?旬を過ぎたアイテムの再販でエントリーしているんだって事を自覚すべきですね。

毎回思うんですが、お客さんとの直接対話ができるのもイベントの魅力の一つです。そうして一人づつでも支えてくれるお客さんを増やして行く事が売り上げの安定にも繋がるし、購入に至らなかったとしても単純に楽しいです。現在の世の中は不景気と言って良いでしょうし、今の政権与党があの政党という不幸にも見舞われています。またフィギュア業界が衰退しつつあるのも実感なんですが、そんななか資金をひり出して買ってってくれるお客さんを見れば思わず涙が出そうになりますヨ。
そんなお客さんに気に入って貰うために原型をやってると思えた時は凄く甲斐を感じますし、以降の制作意欲にも繋がります。イベントってそういった英気を養う場所でもあるワケで「やっぱ対面販売は必須」だと。

Trefeskobe0402今回のウチは旧作を手に取って貰うための仕掛けをしましたし、赤尾クンは新作を当てました。せめてそれくらいはしないと下方修正した目標でもクリアは難しかったろうと思います。また「使えるモノはなんでも使う」って感じの「人寄せパンダ」的メーカーサンプルの展示も集客の助けにはなったろうと(笑)。

お客さんの趣味趣向やこんなのが欲しいあんなのが欲しいなど、その他どうやって塗ったら良いのか?などの会話をしているときの目はキラキラしています。そういう人たちが足を運んでくれている場所なので、対応次第でまだまだイケると思いました。

なんか説教臭い記事になっちゃいましたネ^^; 「オッサンなんで仕方ない」とご容赦ください(笑)。ともあれ重ねて御礼、ありがとうございました~♪

|

« トレジャーフェスタin神戸4 | トップページ | ノーツちゃん »