« HEADLONG ZOMBIEs | トップページ | Industria Mechanika »

きよしこの夜

メリークリスマス!・・・って事なんですが、自分の人生とは殆ど無縁な感じだと毎度思います。子供だった頃のクリスマスツリーやその日の家族のあったかかった様子をかすかに憶えてるくらい。
それからだいぶ経ってから彼女と過ごした夜が「ごく少ない回数」有ったくらいで、大概は仕事をしてたりするわけです。むかし雪ふる最中、現場作業の帰り道に「せめてチキンでも食おうか」とコンビニで買った「からあげ君」を頬張ってる・・・なんて事はやたら憶えてるんですけどね^^;。

Tokyo_godfathersそんな心も寒い聖なる夜ですが、同じように一人でも心温まる物語をご紹介。監督はアニメ界に措いて稀有な存在だった「今敏(こん さとし)」、早世の天才だと思います。初めて「おおお」と思ったのは「パーフェクトブルー」で今から14年も前、チャム(物語中のアイドルグループ)の歌う挿入歌「愛の天使」はいまだにそのメロディーが頭から離れません(周囲にも多いんですよねぇファンが)。

「東京ゴッドファーザーズ」はホームレスが主人公の奇跡の物語です。「んなことあるわけねーだろ」と見るのか「あったら良いよね」と思って見るのかで評価は違うと思いますが、好意的に見れるいくつものリアリティが散りばめられており、寓話と現実の邂逅を上手く調和させている傑作だと思います。

一人でも心温まるにはもってこいの作品だと思うので未見の人は是非!(そら一緒に見てくれる人が居るに越したことは無いですヨ。笑)

|

« HEADLONG ZOMBIEs | トップページ | Industria Mechanika »