« 2013WF冬、終了ですね。 | トップページ | DEVIE完成品(その1) »

2013WF冬、前夜ホテルにて。

「DEVIE完成品2体を1週間で」・・・ソレが限界でしたネ。同じ色ではなくそれぞれ違った色で塗るのはナカナカにしんどいです。またソレゾレ微妙にモールドを追加してますし。その期間でやらないと価格が合わないと言う事と、といって手抜きじゃ意味ないので作業内容はかなりハードです。

Wf13win04その作業が終了したのが出発時間の1時間前というギリギリっぷりだったんですが、もちろんソコで終わりではありません。ホテルでは怪物屋の塗装が待ってます。画像の品に取り掛かりだしたのは深夜二時(しかも下地からの塗装って^^;。)結果会場入りしたのがコレマタ開場1時間前というギリギリっぷり、始まる前に精根尽き果てるとは正にこのことですョ。しかし不思議とお客さんの応対をしてると気分がリセットされ、やる気がフツフツと沸いてきます。それに今回は開始前に姫(夏目ちゃん)の尊顔を拝せたのもカンフル剤、しかもエルのコスチュームなんで気合も入るってもんです!

Wf13win05そんなこんなで3日間での睡眠時間が4時間あまりと言う強行軍なんですが、同じようなのが怪物屋にはゴロゴロいます。怪物屋でなくても3日間貫徹なんてモサはこの会場には少なからず居るでしょう^^;。同室のコヤツも同じような朦朧状態、怪物屋の「ユーキ乙」です。メカニコングと宮本武蔵の原型&初ゴジヘッドの調整を店長にムチ打たれながらやってました(更に武蔵の成形まで)。

甲斐あっていずれも好評だったわけで、同怪物屋のウンコ野郎とは一味違うところを見せたのは見事!といってそのウンコ野郎も最後は踏ん張って「ゴジラヘッド2種」の成形をやりとげました。まぁどしようもないガチグソで無かっただけでも良しとするか・・・と店長が思ってるかどうかは不明。いずれにしてもウンコはウンコなんですが、「顔が見てみたい」って人は昨日の記事を見てください。タナベさんのカンフーマスターを持ってチャラけているヤツがそうです。

Wf13win06_2画像はユーキ乙原型の「ムサシーズ」、スンゲ~量感のこのキットが12,000円って値付けミスもエエトコですね^^;。完売しても儲かるワケは無いんですが、まぁその辺は「サプライズ!」とか「アメージング!」とかいう台詞で流しましょうって事で^^;。

さてワンフェスについてはこんなところです。以降の記事は毎回売ってるDEVIE完成品について。今回は職業ペインターが多く訪れてくれて、自分にとってはいわば後輩と呼べるであろうしかも実力者揃いだったのが嬉しいところ。 プロで無くてもモデラーが増えないとこの業界の繁栄は無く、例えば原型師志望者より私的には原石だと思ってマス。原石っても既に第一線で活躍してる子たちなんですがもっと光り輝いてほしいなぁと。そして更に後輩に受けついでって欲しいわけです。

そんなわけで完成品に振った記事を書こうと思った次第ですが、彼らに選択肢の一つでも示すべく今までの事を振り返るのも悪くないかな?と。興味のある人は引き続き見てやってくださいな。

|

« 2013WF冬、終了ですね。 | トップページ | DEVIE完成品(その1) »