« DEVIE完成品(その3) | トップページ | 蛇紋塗装 »

DEVIE完成品(その4)

Devie010そして今回2013WF冬、色ネタはマーベルキャラとDCキャラのアレです(判るよね?)。今までで完成品に対しての反応が最も良く、また売れるのも異様に早かった。昼前には値段をつけていたデヴィーが2体とも売約済になり、その後のお客さんの様子を見ていると更にもう2体くらいは用意しててもイケたのでは?という感じ(時間的にこれ以上の製作は無理だったけども^^;)。コレはかなり意外でした。以前のデヴィーはもっと安かったのにココまで早く売れた事はなかったし、今までの経験を踏まえた上で売れ残る怖さを味わいながら作業してたので。だから今までの最高値になった今回の値付けには相当悩んだんです。

Devie011最近特に目だった活動をしたつもりもなく今までどおりに、ただ色を変えて販売しただけ。でも反応が良かったって事は・・・「色」か? だとしたら「色」って凄く重要だなぁとあらためて思う次第。彩色レベル的にはどのバージョンも変わりなし、しかしカラーバランスについては2011WF夏に販売した「悪魔色」が最もキマった配色だと思ってました(これまたパクリだけどもねー^^;。)
その悪魔色デヴィーが売れたのは閉会間際でギリギリセーフ、ホント何が良いのか判りません。まぁどんな理由があったのか定かでは無いけども今回のデヴィーも売れたのでトータルで9体お買いあげ頂いた事になります。その中にはデコマスも入ってるので残るトリムス・デヴィはあと2体、全部売り切るまでこの完成品販売は続けますヨ。

Devie012ところでキット販売においては芳しくなかったデヴィーですが、完成品にしたら今のところ良く売れる。原型製作時から意識していたのは「色んな彩色パターンに適応できるモノを・・・」だったので、もとより彩色に適したアイテムだったのかもしれませんね。実際にバリエーションを塗ってみて、まだまだ色変えで違った雰囲気に出来るだろうと。

他の自キャラでココまでバリエーションを用意できるのは無いと考えたら、ペインターが作った「らしい」原型になってたって事なんでしょう。自分で言うのもなんだけど、同キャラなのに毎回塗るの楽しいし(笑)。そしてそんな事も踏まえて次回以降の原型製作に活かせたらなぁって思ってます。(画像は今までの販促POP、個別カラー用のモノなので二度と使えない。なのに置いてるって貧乏性だなぁ・・・だから部屋がエラい事になるんだろう^^;。)

さて次はそのデヴィを彩色するにあたってトリムスに説明した塗装方法について書きます。自分が良くやる方法なんですが、聞かれる事が最も多い「蛇紋塗装」について。デヴィーで引っ張ったココ数日間、ご拝読感謝です~♪でわまた!

(おしまい)

|

« DEVIE完成品(その3) | トップページ | 蛇紋塗装 »