« F-LIVE2 レポ。 | トップページ | Ray Harryhausen »

まじスか!?

しょーもない駄洒落ですみませんが、本日の話題はマジック・スカルプです。その使用感につき各人イロイロと思うところは有るかもですが、個人的にはそのハンドリングに於いてこれ以上に使いやすいエポキシパテは今のところ無いなぁって思ってます。多く使うと体が拒否反応を起こして各部が痒くなる自分でもコレが無くなったら困る。

そのマジスカが市場から消えるらしいって噂がネット上で流布しているらしく、「んなわけあるかい!」と思ってても実際そうだったら困るので確認してみると・・・やっぱそんな事は有りませんでした。まぁそういう話が出回る理由は有るんだろうケド、しかしこのマジスカで商売をしていたところがその噂の発端・・・ってのはあまりにも無責任ではないかと思うわけです。

誰が何を言ったか知らないが、ホライジングに問い合わせれば継続して販売している事はわかるわけです。またモデラーに対して訴求するだけしておいて取り扱わなくなったら「生産中止」ってどういう思考回路かと。営業妨害もよい所だと思いますし、ソレをして今のうちに買っておけと勧めるのは詐欺的ではないかと思うわけです。

今回を期に今後はホライジングも直卸の事なども考えるだろうし、変な枷もはずれて皆さんの手元にはお安く提供されるのではないか?と思います。そんなわけで当面マジスカの購入はホライジングのネット通販とかが一番買いやすい手段になると思いますが、市場から消えるなんて事は無いので安心してガンガン使いましょうね。

ホライジング(マジスカページ)

因みにマジスカの使用について所感も併せて書いときます。自分の原型製作での造形素材のメインはファンドですが、このファンドとの相性もすごく良いです。良くスカルピーとの混合で使う人の話を聞きますが、よって自分はファンドと混合する場合も有ります。切削性と強度がマジスカ寄りになる反面、ファンドの特性(水を使っての再軟化)は無くなります。しかし部位によってはその方が良い場合なども有りますので。まぁだったらそのままマジスカのまま使えば良いじゃん!となりますが、その通りで結局自分もそうする事が多いです(笑)。

だったらなんの意味が有るのか?・・・と言うと、ソコソコの強度が欲しい部分で特にファンドの特性が必要で無い部分にコレを使えば「材料費が浮く」と言う事です。ファンドは安いですからねぇ。また面研に関しても純ファンドに比べてケバ立ちが抑えられて良い感じになります。マジスカの一番良い点は硬化の始まるくらいからのハンドリングの良さでしょうか?硬化時間が長いからか結構な時間造作出来ます。コツを掴めばその経過時間を考慮した造作が可能で、よって造形には必須と思う所以でもあります。

「常温での硬化に時間が懸かりすぎる」と感じるのは自分も同じくなので、そういう場合は食器乾燥機を使って強制乾燥したりします。使う乾燥機にもよるでしょうが、結構な塊でも1時間も入れていればガッチガチになりますし、薄盛なら十数分で切削可能になりますよ。夏場の乾燥機フル回転状態は辛いですが、スカを使ってる人もオーブンフル回転ですよね?どっちもどっちって事で避けて通れない道、ソコは大目に見るって方向で、しかしなんにしても使い勝手の良いパテです。

って事で、書いといた方が良いかな?と思ったんで書いておきましたヨ~。

|

« F-LIVE2 レポ。 | トップページ | Ray Harryhausen »