« 豆魚雷のフィギュア de TALK! [Ep:​14] | トップページ | WondrFestival2013[Summer]その3 »

WondrFestival2013[Summer]その2

お仕事の関係で記事を挟みましたが、引き続きレポートを書いてゆきますね~。

Wf13sum09今回の怪物屋の当日版権アイテムは「一休み」ってところでしょうか?といって版権アイテムってもココがやる場合は怪獣なので、自分的には「洋GK屋さん」らしい今回のようなのが好きです(怪獣ファンの人ごめんなさい!)。ただ勘違いしないで欲しいのは「嫌いだから」ってのでは無いですヨ。怪獣は他でもやるところはいくらでも有るって事なんです。
対して怪物屋の扱う洋GKはここでしか扱えないもの・・・と言えばこれまた御幣がありますね。実際は何処の洋ディーラーも日本で売りたいと言えば大概売ってくれます。怪物屋しか扱えないなんて商品は存在しないといって良い。要はそんなアイテムの中から何をセレクトしてお客さんに訴求するのか?と言う「選別センス」の部分だと自分は思っています。

Wf13sum08それ以前に「売れるだろうから仕入れる」なんてモノの選び方をしないところ。「売れる」を主眼に商品を集めれば大体アイテムが決まって来るのは想像できると思いますが、それだと面白くない。だから意外なアイテムも出てこない。ラインナップを一瞥して悲喜交々な雰囲気が出せるのが同店だけだと思うんですヨ。怪物屋店内はまさにそうなんですが、しかし大阪近隣の人しかナカナカ見に来れません。全国から人が集まってくるWFでのブースは言えば出張所みたいなモノなので、ソコを大事にしてほしいなぁと思うわけです。

ココが当日版権の怪獣をやると引き合いが多いのは確かです。お客さんが殺到してブース内がてんやわんやになりますし、それ以前は準備することに終始して首が回らなくなるほど。つまりその分洋GKへの時間を裂けないわけで、折角の怪物屋特性が半減してしまいます。最初に書いたように怪獣は他のディーラーさんに任せて怪物屋には洋GK店で有って欲しい・・・って、まぁ自分の希望ですが^^;。

そうは言っても商売でも有るのだから一島借りているに足る売り上げは必要・・・と言う事はやっぱ当日版権に頼るしか? それも致し方ないとは思いますが、「コレ!」って少数アイテムに絞ってバランス良くやってほしいものです。

Wf13sum07怪物屋の特性はその「選別眼」なんですが、今回の展示の見所は完成品だと思いました。画像に並んでいるアイテムをこのレベルで彩色できるところは日本どころか世界を探してもなかなか無いハズです。玄人うけアイテムなので一般にはスルーされるんでしょうけど、こういった事が出来るのが同店の強みですね。判っていないと揃えられないし塗れません。名の有る海外モデラー&コレクターからも一目置かれるくらいのラインナップなんですが・・・果たして気付いた人がどれくらい居たでしょう? そういう意味では逆に「弱い」って事にもなりうる「コダワリ」なんですが、そう言う事を判ってするのが「怪物屋」だとも思います。

Wf13sum06ダンクさんはこれからのメーカーです。小ロットで高品質な完成品フィギュアをリリースしようとしている同メーカーのラインナップは以降ニッチにならざるを得ないでしょう。またそうじゃないとやる意味が無いかと。多く売れるアイテムは他のメーカーがやれば良く、顧客が少なくても確実に層が居るであろうところに向けて狙い打ち・・・ってスナイパーライクな展開を見せて欲しいなぁ。

コブラはどちらかと言えばメジャータイトルですが、コレくらいは最初にやっておかないと認知度も上がらないだろう?ってとこかな。以降のラインナップを聞くところによると「ああソレは手を出すメーカーないだろうね」ってイバラの道っぷり、なぜそんな事をするのか本筋は他にあったとしてもヤル以上 目指す先はハイエンドモデルだろうと思います。某メーカーのように中折れしない持続力で愚直に踏ん張ってて欲しいと切に願う所存(笑)。

前ログで書いたように卓を出てないので他のディーラーさんを回れてません。なのでディーラーレポは以上・・・って自分とこだけやん!申し訳ない^^;。コスプレ写真数点で後はお茶を濁す方向で許してね~って事で、以降は麗しのコスプレ画像集と化してゆきますヨ(笑)。

Wf13sum12で、夏目ちゃん。今回はキリン装備なんだけど、どんな格好しててもキミは可愛いです♪ 「ブース前で撮影してたら館内で撮影会がはじまりそう」・・・毎回そんな雰囲気だったんで外に連れ出して撮影させて貰いましたヨ。
ところで撮影できる空きスペースを探す道すがら多くのレイヤーさんを見かける事になりました。折角のコスを毎回見ることが無もなく終わってたわけですが、ちょっと回って見ると可愛い娘が多いんですねぇ。ほんでスタイルも良いし。目の保養としては最高です!

Wf13sum11夏目ちゃんのキリン装備がモンハンなのは判るんスが、モンハンはやった事がありません。以前に吉沢さんや竜クンのハマりっぷりを見るにつけ絶対に手を出したらあかんゲーム・・・って認識だったんで^^;。キリン装備は昔リフレクトからリリースされてて、私的に好きなキットやったんで憶えてました。そのキットは「吉沢エフェクト」が入ってたのでゲーム中のキャラクターがどんな雰囲気なのか実は判ってない。
でもレイヤーのフォロワーでは無い自分にはそんなの関係なく、夏目ちゃんのフォロワーとして撮影していた・・・と言うのが真相。つまり私的には「私服でも良い」というレイヤーを撮影している人間にあるまじき魂胆なのであった(爆)。

Wf13sum13ミクちゃんはなぜかコブラ会サポーターのマサカズさんが連れてきた。怪物屋の、そしてウチのお客さんでも有るマサカズさんが女の子を伴って現れると言う偉業に「なぜ?」という疑問が沸きつつも「そんな事が有っても良い!」、と言及したい心を嗜めつつ彼女の御姿もカメラに収めさせて頂く事に。
ウサギちゃんは道すがら合流したミクちゃんのお友達で、コレ幸いとツーショット。上記のように基本的に撮影者としてあるまじき魂胆を持つ自分にはキャラ同士の共通点が無い事などどうでも良いのであった。要はピチピチギャルが撮影できればそれで良いと言うエロオヤジ満開の変態がココに居ますよ皆さん!(気をつけろ!!)

って事で「レイヤー写真館【後編】」へと続く・・・ってなんか趣旨が変わってねーか?(笑)

|

« 豆魚雷のフィギュア de TALK! [Ep:​14] | トップページ | WondrFestival2013[Summer]その3 »