« X-WORKS(WF卓番:6-26-01「怪物屋」) | トップページ | ACCEL卓(怪物屋内 6-26-01) »

AVIRA(WF卓番:6-26-01「怪物屋」)

完成品の更新もいよいよ本日で終了、最後はフューチャーモデルズのアビラです。昨年末にちょこっと掲載したんで新鮮味に欠けるかも?なんですが、お付き合いくださいませって事で^^;。

Avira03韮澤デザイン&鬼木造型のお姉ーちゃんは古今東西いまだに最強だと思ってます。本品のデザインは雨宮さんですが、しかし造型は鬼木さん。この人の作るリアル系はほんとケレンミが有って括弧よいですよね~♪ 韮澤さんのニナやギロチーナに比べたらパンチに欠けるのかもですが、といってこのアビラの作りこまれたスーツも尋常じゃありません。モールドを活かすも殺すも塗装次第って事で、可能な限り活かす方向で塗ろうとしたときには果てしないマスキング地獄が待ってました・・・。

因みにアビラは「タオの月」って雨宮映画に出てくる脇役です。同じ顔をした「マリエン」「クズト」ってのも居て、演者の森山さんは三役をこなしてたんですね。アビラと他の二人は頭部の飾り物と髪型が違うくらいだと思うのでその辺を弄くったら別バージョンなる・・・って単純なモノでもないかと。性格が違うので、せめて顔の表情なんかも変えないとソレゾレのキャラにはならないのでは?って感じ。そもそもこのキットを3体集めること自体ハードル高いし、何より3体も塗るのはしんど過ぎます(その労力をマリエンに費やすなら納得ですが、クズトにはちょっと・・・って感じだし)。

タオの月は役者陣が豪華だし、やっぱ設定やビジュアルが凄く良いです。未見の人は一度どうすか?・・・と言いたいところなんだけど、映画として面白いわけでは無いと思うので微妙(ってオイ!)。

|

« X-WORKS(WF卓番:6-26-01「怪物屋」) | トップページ | ACCEL卓(怪物屋内 6-26-01) »