« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »

Gecco 雷電

Raiden01今日はGeccoの新製品「雷電」のご紹介。豆ブログの記事にあるように今回の依頼が私がメーカーで行う最後のお仕事となります。って事はデコレーション・マスターとしても最後って事に。何故そうなのか?には理由があり、しかしソコをくどくど説明するのもどうかと思うしお客さんにしても「ああそうなの?」程度の事ではないかとは思うんですけどネ(笑)。
ただ私自身はその事を凄く残念に思ってて・・・って書くと「トラブったのか?」的憶測が出てくるのも面倒なので付け加えておくと「全くの自己都合」ですヨ。なので今までご用命いただいてたメーカーさん各位には非常に申し訳ない・・
・と書くと「塗装をやめるのか?」って思われてもこれまた困るわけで、正直に言うと「ほんとメーカー受けの仕事はしんどいんですヨ」って事で^^;。

デコマス製作は本来やりたい事から反れているし、このままいったら方向性を見失うってのも有ります。ウチ的には「イベント・ディーラー」でありたいって思ってるわけですが、どうにもソレができないし。豆ブログで原田さんが書いてくれているように以降は「アクセル本来の仕事」を意識して鋭意研鑽を積みたいと考えています。

Raiden02で、本日はその当方最後のデコマスを担当させて頂いた「雷電」について。

まぁコレの彩色は大変でした。ウチの最後に相応しいかどうかは置いといて、これほど1体を塗るのに時間をかけたアイテムは有りません(自分史上ダントツ)。前もってGK版を見ていたので想像はしてたけどまさかこれほどエグイとわ!塗装でコレだから原型を担当した赤尾クンの苦労は想像するだに余りあるって感じ。

微に入り細にわたって手抜き無し・・・なモールドには魂を感じます(画像を一瞥しただけでは判り難い部分に至るまでキレキレですから)。例えば別パーツにした胸部及び碗部のアーマー類、作るにも抜くにも手間の懸かるコノ仕様にしたおかげで質感が凄く向上しています。爪先・指先・毛先に至るまで神経を使っているのが伺える造作は緊張感を醸しているし、武器類や備品に至るまで緻密に作られててコレがまた本体とのボリュームバランスが凄く良い(野暮ったいところが無い)んです。

「造形美」・・・無可動だからこそ出来るまさにそんな感じの逸品だと思いますヨ、この雷電は。

Raiden03途中監修で本体のおよそ7~8割を塗りなおさないとイケマセンでした。仕方の無い事なんですが本気で死ぬかと思いましたヨ。修正時の逆マスク工程は辛かったです。時間に制約の有る中でのデカール貼りの緊張感は今でも頭から離れません・・・と書き出すとキリが無いわけですが、着手してから監修OKが出るまでに懸かった日数で普通の請負仕事なら4~5体はこなせるであろうと思われます。

Raiden04あまりにも長く懸かってるんでモチベーションの低下を心配されましたが、まるでそんな事は無くガンガンにやっててソレだったわけです。モノが良いので塗ってても楽しいんです。ただ全ての部位に対して本気で取り組んだでたらそうなっちゃったわけで、Geccoさんはエラいの企画しちゃったなぁ・・・と後の事を考えると気の毒になってくるくらい^^;。最終的には眼球発光ギミックも仕込むらしいので、どんな製品になるのか自分も楽しみです。

メタルギア ライジング リベンジェンス/ 雷電 1/6スケール PVCスタチュー

Raiden05因みに彩色に当り「コレはキマったな!」と思う部分はベースに配されているサイボーグ兵士の白い汁。「・・・ってソコかい!」とか言われそうなんですが、黒っぽいベースに飛びぬけて明度の高い色を置いたうえでまとめるのって案外難しいんですよ~^^;。艶消しのベースに対してコノ液体は艶有りだし、色に反してキモさも出てた方が良いって事で色んな方法を試した結果なんです。

そういう一見流しても良さそうな部分でも神経を使わないと全体の雰囲気は絞まらないと思ってるんですね。って事でGecco「雷電」をヨロシク~♪

|

MYSTIQUE

Rjbmystique01遅れ馳せながら・・・というにはホント今更なんスけど、今日は「SUPER MIXTURE MODEL VOL.2 ミスティーク」のご紹介。VOL.1のインビジブルウーマンほどでは無いにしても作るのにコレマタすんごく時間が懸かった労作なんです。ジェリーさんの監修をクリアするのは大変・・・ってのはそうなんですが、それでも修正内容の殆どが納得できる話であるし、なにより「良いモノにしよう!」って意気込みが伝わるんでコッチもその気で頑張れる。

問題は版元。前回もそうだったんだけど「なんじゃそりゃ?」的な事を言ってくるんで辟易するんですねぇ。あとなんか良く判らないんだけどシステム上の都合?なのか延期が相次ぎ「このままだとお蔵なのでは?」って考えがよぎるほどでした。やきもきするんで私的には「もう二度と御免!」なワケですが、しっかしブキヤさんはよくあれだけポンポンリリースできるなぁと。まぁソコが企業努力の賜物なんだろうって考えたら凄い事です。

そんなこんな言っててもやっぱジェリーさんの絵はスンバラスィ~♪艱難辛苦を経験すること請け合いなんだけど、また作ってみたいよなぁって思えるほど魅力的です。特に版権キャラじゃなくたってジェリーさんのキャラで良いんでない?って思うわけですが・・・まぁ今の体力(経済力)では到底無理、版元が絡まないから監修がスムーズに終るってものでは無くソコはがっつり時間を取られるでしょうから^^;。

Rjbmystiquemasterいままで2体を作ってどうにか独特のシルエット作りを理解してきた感じなので「このまま辞めちゃうのも勿体無いかな?」とか思ってる。だから依頼が来たらホイホイ乗っかりそうで凄く怖いんです。原型製作の請負料金は普通の額なんだけど懸かる時間は3~4倍(自分比)なんで、続けたら確実にウチは破産してしまう。非力ゆえに作りたいモノが作れない・・・コレは塗装の方でも同じ事が言えるんですが、その辺をどうにかクリアして行かないとやりたい事をすることなく老いぼれてしまうのでは?なんて我が身を省みてしまいます。

ともあれ久しぶりの原型を担当したフィギュアなので良かったらお手元に宜しくです!(豆さんにまだ在庫が有るようなんで記事にしてみました) ちなみに量産塗装はお見事!落しどころがイイ感じだと思いますヨ。あと折角なんで勝手に原型画像も掲載しちゃいました。「消せ!」と言われるかもしれないんでその場合はご容赦ください。

SuperMixtureModel MARVELvs.ROCKIN'JellyBeanVol.2 MYSTIQUE

|

岡スーツ

冬のWFが終ってそろそろ1週間ですねぇ。行く事さえ出来なかった自分は「次の冬こそは新作を引っさげて参加する!」とフツフツたぎらせつつ製作アイテムを検討中・・・っても色を塗りながらなんでイマイチ決まらないんスけども(^^ゞ。

Gantzhardsuit画像は正式名称「ハードスーツ」・・・らしいんですが、私的にはやっぱ「岡スーツ」。リリースしてたのは「工作部屋」さん(今回のコレは再販なんですねぇ)。WFの事を考えている余裕が無かった自分ですが「なんも無しじゃ寂しすぎる!」って事で知人に頼んで買ってきて貰いましたヨ。まさか版権が降りるなんて!と思うと共に、ガンツ中でフィギュアとして欲しいって思えるのってやっぱコレだよね?と。「塗ってみたいなぁ」って衝動に駆られて買ってきて貰ったんですが・・・はたして塗れるのか俺?まぁGKって眺めて夢想してるのも楽しいんで^^;。

その他にも鬼頭栄作さん(ディーラーは海ねずみさん)の鉄人とかも欲しかったなぁと後になって思ってるワケですが、なんか最近琴線に触れるのがメカばっかなのはどういうこっちゃ? 基本あんまり好きなジャンルじゃ無いんですが、タマにツボるのがあったりするんです。塗る方ではぶっちゃけメカは弱いんですが、だからその系の上手い作例を見ると凄く刺激を受ける。そんな事もあって特に最近その辺のを良く見るのかも? メカ系彩色の引き出しが少ないと自覚してるんでもうちょっとその辺のレベルを引き上げたいなぁって思ってるって事ですね。

工作部屋(ハードスーツ)
海ねずみ(鬼頭版鉄人28号)

|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »